気候ネットワーク 市民のチカラで、気候変動を止める。

6%削減市民提案 2000年10月


6%削減市民提案 2000年10月

6%削減市民案プロジェクトとは、京都議定書が日本で約束した2008年~12年の間に温室効果ガスを6%削減するという目標へ向けて、温暖化防止を進める政策を提案するために気候ネットワークが中心となって進めてきたプロジェクトです。提案では日本政府の政策に代わるもの(代替案)として、政治的・経済的な実現の可能性を考慮しつつ、直ちに実行できる政策・措置を示しています。ここに掲げられた政策・措置を早急に実施すれば、2010年までの6%削減は、「森林吸収」や「京都メカニズム」に頼ることなく、国内対策だけで十分に実現できることを示しました。
http://www.kikonet.org/research/archive/others/6gaiyou.pdf


関連する記事

  • 関連する記事はありません。