気候ネットワーク 市民のチカラで、気候変動を止める。

2012年8月~11月 自然エネルギー学校・京都 2012[京都]


気候ネットワークが開催したイベント情報です。

日 時
2012年8月~2012年11月(全4回)
主な会場
京エコロジーセンター(京都市伏見区)
アクセス
京阪電車「藤森駅」下車西へ徒歩5分
地下鉄・近鉄「竹田駅」下車東へ徒歩13分
地図はこちらから
主 催
京エコロジーセンター(http://www.miyako-eco.jp/
企画・運営
自然エネルギー学校・京都(気候ネットワーク、環境市民、エコテックによる協働事業)
後援(予定)
京都市教育委員会、京都府地球温暖化防止活動推進センター、京のアジェンダ21フォーラム
趣旨

 

福島第一原子力発電所事故後、エネルギーのあり方に関する市民の関心が高まっています。また、7月1日からスタートした再生可能エネルギー固定価格 買取制度(FIT)によって、市民・地域が主役になった自然エネルギーの普及の可能性が広がります。「地域循環型の自然エネルギーの普及で元気な地域をつ くりたい!」そんな方はぜひご参加ください。

 

※「自然エネルギー学校・京都」とは、自然エネルギー普及の担い手とネットワークを育てる連続講座です。1999年から毎年開催され、これまでに300人以上が卒業し、各地域で自然エネルギー普及に取り組んでいます。

ちらし
プログラム(予定)

第1回:どう使う!?再生可能エネルギー特措法(FIT)

○日時:2012年8月25日(土)13:30~17:00
○講師:和田武氏(日本環境学会・自然エネルギー市民の会)

 7月1日施行の再生可能エネルギー特措法(FIT)。この新しい仕組みを活用して、市民・地域がどのように自然エネルギー普及に取り組めるのでしょうか。和田武さんのお話を聞いて考えます。

第2回:市民が創る太陽光発電所事業
~ベランダ太陽光からメガソーラーまで~

○日時:2012年9月8日(土)13:30~17:00
○講師:林敏秋氏(ワーカーズコープ・エコテック)

 FITの開始に合わせて全国各地で、自治体による太陽光発電への屋根貸制度や民間によるメガソーラーの計画が持ち上がっています。こうした動向を踏まえ、市民・地域による取り組みの重要性や可能性について確認します。

第3回:地域発!バイオマスプロジェクト

○日時:2012年10月6日(土)13:30~17:00
○講師:松田直子氏(株式会社Hibana)

 なかなか普及が進まないバイオマス利用。森林大国・日本で、市民にどのような取り組みができるのでしょうか。最新動向を踏まえ、市民・地域が地域資源を活用する方法や可能性について一緒に考えます。

第4回:自然エネルギー事業のためのファンドレイジング

○日時:2012年11月10日(土)13:30~17:00
○講師:竹村英明氏(エナジーグリーン株式会社)

 市民・地域の資源を活用して自然エネルギー事業を展開するには、どうしたらよいのでしょうか。自然エネルギー普及のためのファンドレイジング(資金調達)の先進事例や手法を学びます。

※プログラムは変更される場合があります。

参加費
4,000円(全4回分・資料代として)
申込み方法

このウェブページ下部より必要事項をご記入の上、送信してください。あるいは、必要事項を記入の上、気候ネットワーク京都事務所まで、郵便・FAX・E-mailのいずれかでお送りください。後日、受講案内及び郵便振替用紙をお送りします。

 

(1)お名前・ふりがな、 (2)性別、(3)年齢、(4)ご連絡先(ご住所・郵便番号、電話番号、FAX番号、E-mailアドレス)、(5)勤務先・所属団体など

 

※この情報は、本事業に係る事務連絡や、自然エネルギー学校・京都からの情報提供以外の目的で使用することはありません。

定員

30人(原則として全回参加可能な方)
※お申し込み多数の場合は先着順で承ります。

お申込み
お問合せ
気候ネットワーク京都事務所 担当:伊与田、山本
〒604-8124 京都市中京区高倉通四条上ル 高倉ビル305
tel:075-254-1011 fax:075-254-1012
e-mail: kyoto@kikonet.org

関連する記事