気候ネットワーク 市民のチカラで、気候変動を止める。

2015年7月29日(水)ほんまに大丈夫なん?エネルギー・地球温暖化問題~増え続ける石炭火力発電所建設計画とその問題点~[大阪]


気候ネットワークが開催するイベントです。

タイトル

ほんまに大丈夫なん?エネルギー・地球温暖化問題
~増え続ける石炭火力発電所建設計画とその問題点~

日時 2015年 7月29日(水)18:30~21:00
会場 エル・おおさか 研修室2 (大阪府立労働センター)
アクセス
map

周辺地図 画像クリックで詳細表示

  • 京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m
  • 京阪・地下鉄堺筋線「北浜駅」より東へ500m
  • 地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」より東へ1,200m
  • JR東西線「大阪天満宮駅」より南へ850m

趣旨

 東京電力福島第一原子力発電所事故により、原子力に依存したエネルギー政策・温暖化対策のあり方が問われています。こうしたなかで、最新の設備でもCO2を膨大に排出する石炭火力発電所の建設計画があいついで報じられています。

 関西でも兵庫県を中心に複数の建設計画が進められ、国内全体でも、すでに46基(計2331.0万kW超)の石炭火力発電所の計画が明らかになっており、今後の温暖化対策に大きく影響する可能性があります。特に、石炭火力発電所はCO2排出量だけでなく、健康に影響を及ぼす大気汚染物質の排出も不安視されています。持続可能な社会のためには、原子力にも石炭にも依存しない温暖化・エネルギー政策が必要不可欠です。

本セミナーでは、エネルギー・地球温暖化問題の動向と、石炭火力発電所の問題点について学び、持続可能な社会に向けてできることについて一緒に考えていきたいと思います。

チラシはこちら

プログラム

「気候変動とエネルギー:石炭火力のこれからを考える」

 平田仁子(気候ネットワーク・理事)

「火力発電所の技術と環境負荷」

 歌川学氏(国立研究開発法人 産業技術総合研究所)

まちづくりから考える地域のエネルギー ~小水力の事例から~

 田代優秋氏(あおぞら財団・研究員)

 

参加費 無料
申込方法 こちらの申込み専用ページよりお申し込みください。
お申し込みはこちらから
主催 気候ネットワーク
共催 あおぞら財団NPO法人地球環境市民会議(CASA)
お問合せ 認定NPO法人 気候ネットワーク 京都事務所
TEL:075-254-1011 FAX:075-254-1012
MAIL:kyoto@kikonet.org

 


関連する記事