気候ネットワーク 市民のチカラで、気候変動を止める。

2017年7月~9月 自然エネルギー学校・京都2017 今こそなろう! 再生可能エネルギー100%時代の主役【京都】


気候ネットワークが協力するイベントです。

タイトル

自然エネルギー学校・京都2017
今こそなろう! 再生可能エネルギー100%時代の主役

日程 2017年7月~9月
会場

京(みやこ)エコロジーセンター(京都市伏見区)

アクセス

  • 京阪電車「藤森駅」下車西へ徒歩約5分
  • 地下鉄・近鉄「竹田駅」下車東へ徒歩約12分
  • 105・南5・臨南5・南8「青少年科学センター前」下車南へ約2分

趣旨

 2012年7月に再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)がスタートして5年が経過し、日本においても導入が大きく進みました。しかし、再生可能エネルギーの急速な普及に伴って様々な問題も発生し、今後の普及のあり方が問われています。

 地球温暖化防止のための国際ルールである「パリ協定」が2015年に採択され、世界は「温室効果ガスを排出しない社会」に向けて、再生可能エネルギーの大幅導入を目指す動きが加速しています。今こそ、地域課題の解決などと結びつけた市民主体の再生可能エネルギーの普及が望まれています。

 自然エネルギー学校・京都は、「普及の担い手育成」を目的に1999年からスタートしている、体験型の連続講座です。これまでに500名を越す方々が受講し、修了生として各地で活躍しています。

 この講座を通じて、市民・地域のための普及について学び、再生可能エネルギー100%時代の主役になることをめざします。

プログラム

第1回「ひろがる市民・地域共同発電所最新動向」

日程:7月8日(土)13:30~17:00
講師:林敏秋(エコテック)、豊田陽介(気候ネットワーク)

第2回「市民・地域共同発電所を見に行こう」

日程:7月29日(土)13:30~17:00
講師:大西啓子さん(きょうとグリーンファンド)
   伊東真吾さん(市民エネルギー京都)

第3回「市民・地域共同発電所の設置へ向けた道筋とは」

日程:8月26日(土)13:30~17:00
講師:林敏秋(エコテック)、豊田陽介(気候ネットワーク)

第4回「自然エネルギー普及の担い手 次のステップへ」

日程:9月23日(土)13:30~17:00
講師:林敏秋(エコテック)、豊田陽介(気候ネットワーク)、
   田浦健朗(気候ネットワーク・市民エネルギー京都)

参加費 無料(第2回 交通費のみ実費必要)
申込方法 こちらの申込み専用ページよりお申し込みください。
お申し込みはこちらから
主催 気候ネットワーク
後援

京のアジェンダ21フォーラム、京都府地球温暖化防止活動推進センター

お問合せ 認定NPO法人 気候ネットワーク 京都事務所
TEL:075-254-1011 FAX:075-254-1012
MAIL:kyoto@kikonet.org

関連する記事