気候ネットワーク 市民のチカラで、気候変動を止める。

2018年6月25日(月)グリーン連合勉強会 脱炭素社会への切り札「カーボンプライシング」ってなに?【東京】


気候ネットワークが参加するグリーン連合が開催するイベントです。

タイトル

グリーン連合勉強会 脱炭素社会への切り札「カーボンプライシング」ってなに?

日時 2018年6月25日(月)15:00~16:45
会場 千代田区麹町区民館 洋室B(東京都千代田区)
アクセス

 

  • 東京メトロ半蔵門線半蔵門駅から徒歩5分
  • 東京メトロ有楽町線麹町駅から徒歩5分
  • 都バス麹町2丁目から徒歩5分

趣旨

 グリーン連合では経済のしくみを考える勉強会を行ってきましたが、今回、経済をグリーン化するための鍵となる炭素税など「カーボンプライシング」についての勉強会を開催します。講師は、環境省の「カーボンプライシングのあり方に関する検討会」で委員をつとめ、脱炭素化を目指して経済がダイナミックに動いている世界の事情をふまえ、日本でのカーボンプライシングの積極的な導入が企業価値を高めるという発言をしてきた河口真理子さんをお迎えして、ご講演いただきます。

 世界各国はなぜカーボンプライシングを導入しているのか、日本ではカーボンプライシングを導入するとどんなメリットがあるのか、今、日本ではどのような議論になっているのか、など素朴な疑問にもわかりやすく解説していただきます。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

講師

河口 真理子(かわぐち まりこ)

株式会社大和総研 調査本部 主席研究員、NPO法人日本サステナブル投資フォーラム 共同代表理事

気候変動問題、水資源や鉱物資源不足、森林減少砂漠化、生物多様性の喪失、グローバルな貧富の差の拡大の問題、など私たち人類が直面する課題をどう乗り越えて、いかに持続可能な社会に作り替えていくのか。そのために企業の立場(CSR)、投資家の立場(ESG投資)、生活者の立場(エシカル消費)からすべきことは何か、をテーマに研究、提言、発言。環境省カーボンプライシングのあり方検討会委員。

定員 40人
参加費 無料
申込方法 こちらの申込み専用ページよりお申し込みください。
お申し込みはこちらから
主催 グリーン連合
お問合せ お問い合わせ: 「グリーン連合」事務局
〒101-0041東京都千代田区神田須田町2-2-5 CTNビル
NPO法人地球と未来の環境基金 内
URL:http://greenrengo.jp  FAX:03-3255-2202

 


関連する記事

  • 関連する記事はありません。