気候ネットワーク 市民のチカラで、気候変動を止める。

『市民・地域共同発電所のつくり方-みんなが主役の自然エネルギー普及』(2014年6月1日発売)


地域社会に好影響をもたらす再生可能エネルギー。電力買取制度を活用し、市民・地域共同発電所を全国的に展開するために、多様な事例を紹介し、つくり方をコーディネートする。

『市民・地域共同発電所のつくり方-みんなが主役の自然エネルギー普及』

概要

地域社会に好影響をもたらす再生可能エネルギー。電力買取制度を活用し、市民・地域共同発電所を全国的に展開するために、多様な事例を紹介し、つくり方をコーディネートする。

 市民・地域共同発電所のつくり方 みんなが主役の自然エネルギー普及

編 著:和田武/豊田陽介/田浦健朗/伊東真吾
出版社:かもがわ出版
発行年月日:2014年6月1日発売
定 価:1,836円(本体1,700円+税)
形 態:A5判・173ページ

*気候ネットワーク会員は1,650円(送料込)

 

 

目次

  • はじめに
  • 第1章 市民・地域主体による自然エネルギー普及と市民・地域共同発電所
    1. 市民・地域共同発電所とその意義
    2. 各国の市民・地域主体による自然エネルギー発電所づくり
    3. 日本での市民・地域共同発電所の推移
  • 第2章 市民・地域共同発電所の様々な取り組み
    1. 自然エネルギー市民の会の取り組み
    2. NPO法人足元から地球温暖化を考える市民ネットえどがわ(足温ネット)の取り組み
    3. エコプランふくいの取り組み
    4. 市民エネルギー京都の取り組み
    5. 多摩電力の取り組み
    6. 山王自治会の取り組み
    7. 福島県農民連の取り組み
    8. 龍大ソーラーパークの取り組み
    9. 徳島再生可能エネルギー協議会の取り組み
  • 第3章 市民・地域共同発電所のつくり方
    1. はじめに
    2. 市民・地域共同発電所構想と基本的な計画
    3. 太陽光発電の事業性
    4. 資金調達方法と組織づくり
    5. 事業スケジュール
    6. 地域活性化の仕組み
    7. 発電所の運営・管理
    • コラム:地域が進める小水力発電
    • コラム:市民共同発電所と金融について
  • 第4章 市民・地域共同発電所の普及に向けて
    1. 普及を推進する社会的基盤の強化
    2. 普及の中心的担い手の拡大
    3. 市民・地域共同発電所づくりに適した政策・制度
    4. 自治体の自然エネルギー普及政策
  • おわりに

 


関連する記事