気候ネットワーク 市民のチカラで、気候変動を止める。

【意見】京都議定書の早期批准を求めます(2003/07/02)


ロシア連邦大統領 
ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン  殿

2003年7月2日

京都議定書の早期批准を求めます

拝啓
 ご多忙の折、この手紙をお読みいただけましたことに心より御礼申し上げます。大統領の地球温暖化問題に対する日頃のご努力には敬意を表します。
 私共は、地球温暖化の防止などに取り組んでいる日本の環境NGOです。

現在、地球温暖化は急速に進行しており、緊急対策が求められています。IPCC(気候変動に関する政府間パネル)は、このままCO2などの温室効果ガスの排出が続けば、人類や地球上の生態系に多大な影響をもたらすと警告しています。京都議定書は地球温暖化防止のための唯一の国際的な枠組みです。私共は、出来るだけ多くの国々が参加し、京都議定書を発効させることが、極めて重要な一歩であると信じています。

ロシア政府は昨年9月に行われたヨハネスブルグ・サミットで京都議定書批准を表明されています。また、6月にフランスのエビアンで開催された主要国首脳会議において、大統領ご自身が改めて京都議定書の批准に前向きな姿勢を示されたことは、私共としましては力強い限りです。
  多くの国々そしてその国民が、ロシアの議定書批准を待ち望み、その動向に注目しています。気候変動枠組条約の第9回締約国会議(COP9)が12月と差し迫った今、年内の京都議定書発効のため、早急にロシア議会で議定書が承認され批准されるよう、大統領の強いリーダーシップを発揮してください。
 大統領が地球温暖化に対する姿勢を行動で示されることを強く期待しております。

敬 具

気候ネットワーク
環境文明21
環境エネルギー政策研究所(ISEP)
WWFジャパン
グリーンピース・ジャパン
FoE Japan
「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
地球環境と大気汚染を考える全国市民会議(CASA)

問合せ

特定非営利活動法人 気候ネットワーク
URL:http://www.kikonet.org/

関連する記事