気候ネットワーク 市民のチカラで、気候変動を止める。

【意見】ダボス会議での総量削減目標設定の決意表明を要請 ~日本のNGOと国際NGO、それぞれが福田首相へ書簡~(2008/01/18)


2008年1月18日

ダボス会議での総量削減目標設定の決意表明を要請
~日本のNGOと国際NGO、それぞれが福田首相へ書簡~

 

気候変動に取り組む日本のNGO7団体と、世界各地の約400団体で組織する国際NGO「気候行動ネットワーク・インターナショナル(CAN)」を代表して米国CANのディレクターのそれぞれが、福田首相に宛てて書簡を送付しました。

書簡では、福田首相に対し、23日からスイスのダボスで開催される世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)において、日本が2020年の総量削減目標を掲げる方針を表明することを要請しています。

現在政府内で、ダボス会議に向けて日本の削減目標表明をどのように行うかについて最終調整段階にあるとのことですが、日本国内のNGO、そして世界各国のNGOは、総量での削減目標設定の方針を発表すれば、G8洞爺湖サミットの成功のカギを握る重要な日本の動きになると、大変大きな注目をしています。

 

送付した書簡の内容

 

問合せ

特定非営利活動法人 気候ネットワーク(東京事務所) 担当:平田
〒102-0083 東京都千代田区麹町2-7-3半蔵門ウッドフィールド2F
TEL 03-3263-9210、FAX 03-3263-9463
E-Mail:tokyo@kikonet.org
URL:http://www.kikonet.org/

 


関連する記事