気候ネットワーク 市民のチカラで、気候変動を止める。

【要請書】神戸製鉄所火力発電所環境影響評価準備書に対する兵庫県知事、神戸市長意見作成にあたって(2017/08/01)


【要請書】神戸製鉄所火力発電所(仮称)設置計画に係る環境影響評価準備書について
兵庫県知事、神戸市長に対し、法に基づく意見形成に当たり厳正な審査を求める要請書を提出

2017年8月1日

 現在、神戸製鋼所・神戸製鉄所内において2021年から稼働予定の2基(65万kW×2基)の石炭火力発電所に係る環境影響評価が実施されています。このたび、神戸製鋼所より公開・縦覧されている環境影響評価準備書、また開催された説明会の内容を評価した結果、当該施設計画は、将来の神戸・阪神地域に重大な環境影響をもたらすとの強い懸念があることから、神戸ならびに西淀川(大阪市)公害患者と家族の会、気候ネットワークをはじめとする、8団体は、兵庫県知事ならびに神戸市長に対して、環境影響評価法に基づく地元自治体の意見形成にあたって、私どもが指摘する事項について特段の配慮をもって、厳正なる審査に臨むよう求めることとしました。
 神戸の環境に悪影響をもたらし、また、温暖化の取り組みに逆行する本計画の内容について、兵庫県知事ならびに、神戸市長に対して別添の要請書を提出いたしました。

(要請団体)
神戸公害患者と家族の会
西淀川公害患者と家族の会
公益財団法人 公害地域再生センター(あおぞら財団)
特定非営利活動法人 地球環境市民会議(CASA)
特定非営利活動法人 気候ネットワーク
神鋼石炭火力公害問題灘区連絡会
石炭火力発電問題を考える市民ネットワーク
ひょうごECOクラブ

環境影響評価準備書を通じて明らかになった当該施設計画に対する主な問題点

  • 本計画は、かつて深刻な大気汚染にあった住宅地域至近で行われるもので、これまでの県民の環境回復努力を無にするものである
  • 温室効果ガスを長期かつ大量に排出する本計画は、国、県市などの排出削減計画と整合性を欠くものである。
  • 環境影響評価準備書により明らかになった主な個別問題点
    • 大気汚染に対する評価が恣意的であり、最善の汚染防止技術の導入がされていないなど、その対策が不十分であること
    • PM2.5について環境影響評価が行われず、環境保全措置も講じてられていないこと
    • 汚染物質の大気環境への排出総量及び施設計画による変動との関係を明らかにせず、あたかも環境への 影響が低減されるかのような評価結果を記載し、市民を誤信させる点があること
    • 重金属物質の排出、とりわけ、水銀排出に関し、その排出総量を明らかにせず、その予測結果を過小に評価し、十分な環境保全措置を講じようとしていないこと
    • 温暖化防止対策の視点から最良の発電技術の導入することもなく、事業所全体における二酸化炭素総排出量の増減を明らかにしないまま、これまでの配慮書、方法書の知事意見を無視していること。

要請書本文

神戸製鉄所火力発電所環境影響評価準備書に対する兵庫県知事意見作成にあたって 要請

神戸製鉄所火力発電所環境影響評価準備書に対する神戸市長意見作成にあたって 要請

参考:【解説書】市民が読み解く神戸製鋼所 環境影響評価準備書

市民が読み解く 神戸製鋼所大規模石炭火力発電所設置計画環境影響評価準備書

問い合わせ

特定非営利活動法人 気候ネットワーク(http://www.kikonet.org)

【京都事務所】〒604-8124 京都府京都市中京区帯屋町574番地高倉ビル305
TEL: 075-254-1011、FAX:075-254-1012、E-mail:kyoto@kikonet.org


関連する記事