気候ネットワーク 市民のチカラで、気候変動を止める。

【要請書】今般の神戸製鋼所のデータ改ざん事件を受けて 第4次要請書(2017/10/17)


<要請書>

 

兵庫県知事 井戸 敏三 様
兵庫県環境影響評価審査会 委員各位

今般の神戸製鋼所のデータ改ざん事件を受けて
神戸製鉄所火力発電所環境影響評価準備書に対する
今後の対応について
第 4 次 要 請 書(概要版)

2017年10月17日
神戸の石炭火力発電を考える会

 

 今月8日、神戸製鋼所(以下「神鋼」という)が、アルミや銅製品の一部で検査データを改ざんして出荷していたという事実が明らかになりました。その後、この不正は主力の鉄鋼を含む計16製品に広がり、加えて問題を起こした現場は神鋼本体だけでなく国内・海外の関連会社にも及び、グループ全体に不正が常態化していたと指摘される状況に問題が拡大しています。こうした状況に鑑み、私たち「神戸の石炭火力発電を考える会」(参加:9団体)は、神鋼の石炭火力発電所増設計画にかかる環境影響評価手続において、厳正な審査を継続することに加え、今後の審査の再開にあたり、以下の措置をとるよう要請します。

1.神鋼に対し、準備書の作成を委託した事業者も含めて、環境影響の調査・予測・評価の各段階におけるデータについて、どのように収集・加工・作成してきたか、また、その過程において不正がなかったか、報告するよう指示すること

2.神鋼から提出された1の報告について、環境影響評価審査会とは別に、同報告及び環境影響評価の基礎データの信頼性を審査するための第三者委員会を立ち上げ、不正の有無について審査、評価すること

3.第三者委員会は、2の審査、評価の結果を環境影響評価審査会に報告すること。環境影響評価審査会に不正がないことが確認されなかった旨の報告があった場合には、環境影響評価審査会は、直ちに準備書の審査を打ち切り、「準備書記載のデータに信頼性がないことから神戸製鉄所火力発電所(仮称)設置計画は是認できない」旨の環境影響評価法に基づく知事意見書をまとめること。

以上

要請書(PDF)

20171017今般の神戸製鋼所のデータ改ざん事件を受けた第4次要請書(概要版)

20171017今般の神戸製鋼所のデータ改ざん事件を受けた第4次要請書

参考リンク

神戸の石炭火力発電を考える会

神戸の石炭火力発電を考える会(参加9団体)

神戸公害患者と家族の会
西淀川公害患者と家族の会
公益財団法人 公害地域再生センター(あおぞら財団)
特定非営利活動法人 地球環境市民会議(CASA)
特定非営利活動法人気候ネットワーク
神鋼石炭火力公害問題灘区連絡会
石炭火力発電所問題を考える市民ネットワーク
ひょうご ECO クラブ
神鋼石炭火力発電所増設問題を考える芦屋市民の会

お問合せ:特定非営利活動法人 気候ネットワーク(http://www.kikonet.org)

【京都事務所】〒604-8124 京都府京都市中京区帯屋町574番地高倉ビル305
TEL: 075-254-1011、FAX:075-254-1012、E-mail:kyoto@kikonet.org


関連する記事