気候ネットワーク 市民のチカラで、気候変動を止める。

【プレスリリース】環境NGO 緊急要請:JBIC はギソン2⽯炭⽕⼒発電所への融資撤回を!(2018/04/13)


<プレスリリース>

環境NGO 緊急要請
JBIC はギソン2⽯炭⽕⼒発電所への融資撤回を!

2018年4月13日

 本⽇、⽇本政府の公的⾦融機関である国際協⼒銀⾏(以下、JBIC)がベトナム・ギソン2⽯炭⽕⼒発電所事業(タインホア省ギソン地区。600MW×2基の超臨界圧建設)への融資決定を発表しました。それをうけ、環境団体よりJBIC、および財務省に対し、融資撤回を求める緊急要請書を提出いたしました。

 これまで、同事業をめぐっては、⽇本政府の⽅針との不整合やJBIC ⾃⾝の『環境社会配慮確認のための国際協⼒銀⾏ガイドライン』に反する状況であることが指摘されていました。

 詳しくは本⽇付けの緊急要請書、2018 年4 ⽉11 ⽇付要請、および2018 年3 ⽉13 ⽇付緊急要請書をご参照ください。

 

要請文

財務⼤⾂ ⿇⽣ 太郎 様
国際協⼒銀⾏(JBIC) 代表取締役総裁 近藤 章 様

ギソン2⽯炭⽕⼒発電事業に対するJBIC の融資決定撤回を求める緊急要請書

2018 年4 ⽉13 ⽇
国際環境NGO FoE Japan
「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
気候ネットワーク
メコン・ウォッチ

 国際協⼒銀⾏(以下、JBIC)が本⽇公表したベトナム・ギソン2⽯炭⽕⼒発電所事業(タインホア省ギソン地区、600MW×2基の超臨界圧建設)への融資決定[1]について、その撤回を求めます。

 これまで同事業への融資は、⽇本政府の「(公的⽀援に関して)OECD ルールも踏まえつつ、相⼿国のエネルギー政策や気候変動対策と整合的な形で、原則、世界最新鋭である超々臨界圧(USC)以上の発電設備について導⼊を⽀援する」という⽅針と⽭盾する点や、JBIC ⾃⾝の『環境社会配慮確認のための国際協⼒銀⾏ガイドライン』の違反、JBIC が参照している本事業の環境影響評価の不備について指摘されてきましたが、JBIC の回答はいずれも合理性を⽋くものであったと私たちは考えています[2]。

 したがって、同事業への融資撤回を求めます。

注釈:
1 https://www.jbic.go.jp/ja/information/press/press-2018/0413-010921.html
2 「要請:ギソン2⽯炭⽕⼒発電所事業への融資検討の速やかな中⽌を」2018 年4 ⽉11 ⽇
および、「緊急要請:国際協⼒銀⾏はベトナム・ギソン2⽯炭⽕⼒発電所への融資申請を拒否するべき」

ダウンロードファイル

参考リンク

No Coal, Go Green!

問い合わせ 

国際環境NGO FoE Japan
〒173-0037 東京都板橋区⼩茂根1-21-9 tel: 03-6909-5983/fax: 03-6909-5986
担当:深草


関連する記事