エコ工作:ソーラークッカーや鍋カバーを作ってみよう!

このページでは、いろいろなエコ工作を紹介していきます。環境のことを考えて、ぜひチャレンジしてみよう!

エコ工作1:ソーラークッカーを作ってみよう!

太陽の反射熱だけで簡単な調理ができる、環境にやさしい調理器具!中国やインド、アフリカを中心に、電気やガスのない地域で50万個以上のソーラークッカーが使われています。1年間で3億5000万トンの木材が、ソーラークッカーを使うと燃やされずにすみます!

  • 準備するもの:大きめの段ボールを2箱くらい、アルミホイル、カッターナイフ、セロハンテープ、ガムテープ

① 段ボールから、ソーラークッカーの部品を切り出していきます。

  • 底面のパネルAを1枚準備します。底の部分を黒く塗ります。

 

  • 側面のパネルBを4枚準備します。下から8㎝のところに切れ目を入れておきます。

  • 側面をつなげる部分、パネルCを4枚準備します。

  • 底部分のパネルDを4枚準備します。

② パネルB,C,D(パネルA以外)の片面にアルミホイルを貼り付けます。できるだけシワにならないように貼りつけていきましょう。

  • パネルB

  • パネルC

  • パネルD

※すべてのパーツが出来上がりました!

③アルミホイルを貼った面を内側にして、ソーラークッカーを組み立てていきます。

④パネルAを真ん中に置き、4方向にパネルBをガムテープでつけます。

⑤ パネルBを2枚立てて、その間にパネルCをつけます。残りも同じようにパネルBの間にパネルCをつけて全体をつなげます。

⑥ 残りも同じようにパネルBの間にパネルCをつけて全体をつなげます。

⑦ 底面の横にパネルDを置いて完成!

ソーラークッカーで調理してみよう!

・卵は外側は黒いカンに入れて、ラップをかぶせてソーラークッカーの底において温めよう!約1時間で蒸し焼き卵が出来上がり!

卵を外側が黒いカンに入れて、ラップをかぶせる
ソーラークッカーの底において温める
約1時間ででき上がり!

・イモもうすく切って黒いアルミホイルに包むと簡単に調理できる!

 

他にもこんなソーラークッカーがあるよ!

・お菓子の空き容器を再利用してソーラークッカーを作ってみよう!容器の側面に長方形を切り出し、ふたと底に穴を開けて、ソーセージをさした串を通せばでき上がり!

串とソーセージをソーラークッカーに通している様子

エコ工作2:鍋カバーを作ってみよう!

鍋の熱を逃さず、じっくり温める保温調理ができます!

  • 鍋カバーのデザイン図

 

  • 準備物:

    布2枚(64㎝×64㎝ ※縫い代は含まず。鍋の大きさにあわせて布の大きさは変えよう)、ひも40cm×4本(太いと結びやすいよ)、中綿

① 表にして、ふちの3辺を縫い合わせる。この時、4角の内側に合わせてひもをはさんで縫う。中表とは、2枚の布の表が内側にくるように重ねることだよ。縫うのは、手縫いでも、ミシンでもいいよ。

  • ひもを内側にはさみこむ

  • 3辺をぬいあわせる

② ①を外表にして、部(4か所)を縫う。(この時、綿は詰めない)外表とは、外側に布の表がでるように①の布をひっくり返すことだよ。最初に布にチャコペンで線をかいて縫うと、まっすぐ縫えるね。縫い目はなるべく細かいほうが、仕上がりがきれいだよ。

  • 【表面】外表にしたところ

  • 【裏面】角をぬっているところ。裏側は白い布を使っているよ。

③ 面ABCに綿をつめ、部を縫う。綿を多めに入れた方が、保温力が高くなるよ。

④ の3辺を縫い、面Dに綿をつめて、残りの1辺を縫う。

⑤ 面Eに綿をつめ、を縫う。

⑥ 面Fに綿をつめてを縫う

完成!

LUSH LIVE TOKYOに参加して 2

 こんにちは。東京事務所インターンの愛琳です。わたしも5月16・17日の二日間、LUSHの社内向けイベントLUSH LIVE TOKYOに参加し、石炭火力発電所の建設計画に関する問題についてブースを出しました。ここでは、ブースの内容や参加スタッフの方々との交流について報告します。

 

続きを読む LUSH LIVE TOKYOに参加して 2

LUSH LIVE TOKYOに参加して

 

 こんにちは。酒井芳乃です。4月から気候ネットワーク東京事務所のインターン生になりました。早速、5月16・17日にディファ有明で行われた、LUSH LIVE TOKYOに参加してきました。LUSH LIVE TOKYOは、日本のみならず、アジア各国のラッシュのショップマネージャーを対象にした社内向けのミーティングです。気候ネットワークは、LUSHが人・動物・自然環境が持続可能に共存できる社会の実現を目指して行っている企業活動のパートナーとして、今回、石炭火力発電所計画についてのブースを出展しました。

 

続きを読む LUSH LIVE TOKYOに参加して

日本によるインドネシア石炭火力発電所への援助支援 ~住民らが来日、支援中止の必要性を訴える~

こんにちは、3月から気候ネットワーク東京事務所でインターンをしていますエバデ・ダン愛琳です。まだまだ日は浅いですが、早速重要な問題について深く考える機会に触れました。今回は3月24日に文京シビックセンターで開催された、インドネシア住民ら3名と現地NGO代表者1名を招いたセミナー「村の生活と環境を壊す石炭火力への援助支援を止めて!:インドラマユから日本のODAを問い直す」を中心に、インドネシアで何が起きているのか、来日の真意について報告します。

続きを読む 日本によるインドネシア石炭火力発電所への援助支援 ~住民らが来日、支援中止の必要性を訴える~

岡山県西粟倉村の『上質な田舎』を目指した、低炭素モデル社会の創造

1.西粟倉村の概要

 西粟倉村は岡山県の東北端部に位置する人口1,547人の小さな村だ。面積の95%は森林が占め、森林面積の約85%がスギ・ヒノキの人工林である。そのため長期的な間伐等の適切な森林管理が必要である。2004年8月に、近隣地域との合併協議会を住民投票の結果に基づき離脱して以来、村面積の大半を占める森林を軸とした地域活性化を通じて、小規模自治体としての生き残りを模索してきた。

 近年は森林整備と合わせた材の活用やエネルギー利用に取り組み、地域資源を活かした地域づくりに取り組む先進的な自治体として注目を集めている。 続きを読む 岡山県西粟倉村の『上質な田舎』を目指した、低炭素モデル社会の創造

春、新生活、新しい電気~電力自由化から1年。広がる選択肢~

春ですね。京都も桜が咲き始めています(朝6時くらいに哲学の道に行くと落ち着いたきれいな空気の中で満開の桜を楽しむことができますよ)。

電力自由化から1年 電力会社切り替えは300万件以上に

2017年4月1日で、電力小売全面自由化の開始から1年がたちました。現在は、一般家庭でも、たくさん電力会社の中から自分の好きな電力会社を選べます。すでに切り替え件数は約311万件になっているそう。

「電力自由化が始まったことは知ってるけど、様子見していた」という方も多いと思います。しかし、もう1年がたって、電力会社の選択肢も増えてきました。まだ切り替えてない人は、この「春、新生活」なタイミングで、ぜひ切り替えを検討してみてください!

参考記事:電力会社、まだ変えてないの?~乗り換えをおすすめする5つの理由~

電力会社を切り替えてみた~個人的体験談~

電力会社の切り替えについて、私の個人的な体験を少しだけ紹介します。 続きを読む 春、新生活、新しい電気~電力自由化から1年。広がる選択肢~

福祉と自然エネルギーのまち湖南市(滋賀県)

近年、日本各地でそれぞれの地域の特性を活かして、再生可能エネルギーによる地域づくり、まちづくりに取り組む事例が生まれはじめている。

気候ネットワークでは、各地の先進事例についての調査を継続的に行ってきた。このブログでもこれらの先進事例について紹介していく。第1号となる本稿では、滋賀県湖南市の取り組みを紹介する。

続きを読む 福祉と自然エネルギーのまち湖南市(滋賀県)

サウジアラビアと日本の「不名誉な共通点」~温暖化対策の劣等生~

京都事務所の伊与田です。テレビでは、サウジアラビア国王の来日が話題になっていますね。

そんな中ですが、私は、「日本」と「サウジアラビア」という2つの国名を見ると、これらの国の間の「不名誉な共通点」を思い起こさずにはいられません。

結論から言いましょう。

サウジアラビアと日本の、意外で不名誉な共通点。

それは、地球温暖化問題の解決の足を最も引っ張っている劣等生ということです。

続きを読む サウジアラビアと日本の「不名誉な共通点」~温暖化対策の劣等生~

「地球温暖化vs寒冷化」のゆくえ

京都事務所の伊与田です。

2月は各地に寒波が押し寄せました。これだけ寒いと、「ほんまに温暖化してるんかいな?」と思われる方もおられるかもしれません。中には、インターネットなどで、「地球は今後寒冷化する」という主張をご覧になったことのある方もおられるかもしれません。

実際、どうなんでしょう?

続きを読む 「地球温暖化vs寒冷化」のゆくえ