気候ネットワーク 市民のチカラで、気候変動を止める。

大学・省エネ製品普及促進キャンペーン


気候ネットワークでは、一人暮らしの大学生などを対象にして、省エネに関する情報提供などを行う「大学・省エネ製品普及促進キャンペーン」を実施しました。

大学・省エネ製品普及促進キャンペーン

一人暮らしを送る大学生をはじめとする単身者世帯は、一人当たりのエネルギー消費量が、 通常の複数世帯よりも多く、温暖化防止を進める上では、単身者世帯での省エネの推進が重要になります。

そこで気候ネットワークでは、一人暮らしの大学生などを対象にして、省エネに関する情報提供などを行う「大学・新入生向けの省エネキャンペーン」を2003年度から実施しています。大学生協などと協力しながら、京都市内の3大学で実施してきました。

キャンペーンの結果、省エネ型家電の売り上げが増加し、生協の販売製品の構成にも影響を与えるなどの成果をあげています。 2006年度は環境省の主体間連携モデル推進事業として、京滋奈良の大学生協との協働でキャンペーン活動を展開しました。2007年度は、さらに広域的な展開と、既に実施している大学では一層の効果をあげるための活動を進めました。

詳細はこちら


関連する記事