気候ネットワークウェブサイトは新しくなりました
テーマ別情報 theme

気候ネットワークの活動は国際交渉から情報発信、環境教育まで多岐に及びます。
ここではさまざまな気候ネットワークの活動について、ジャンルごとに詳しく紹介していきます。



国際交渉への参加・働きかけ

 2005年2月、2008年から2012年における日本を含む先進国の削減目標を定めた京都議定書が発効し、京都議定書が動き出しました。しかし、京都議定書は、地球温暖化を食い止めるために必要な世界全体の総量削減を実現していく第1歩に過ぎません。京都議定書で決まっている削減目標を確実に達成し、世界各国はさらに大幅に温室効果ガスを削減していく必要があるのです。
 気候ネットワークでは、しっかりとした国際ルールづくりを目指し、国際交渉への参加・働きかけに大きな力を注いでいます。

>>このページのTopへもどる


政策提言・調査研究

 気候ネットワークでは、国内の温暖化に関する制度や政策について意見陳述や提案作成を行い、政府や国会、企業への働きかけを行っています。また、そのために多くの専門家や市民団体と連携して、独自の調査・研究を継続的に行っています。

>>このページのTopへもどる


プロジェクト

 気候ネットワークでは、政策提言に加えて、効果的な温暖化対策について自ら実践し、その取り組みをモデルとして各地へと発信し広げていくことを重視しています。

>>このページのTopへもどる


地域の温暖化防止活動の支援

 気候ネットワークは、専門的な環境NPOの立場から、これまでの経験やノウハウを活かし、地域で温暖化防止にかかわる多様な主体による取り組みを支援しています。

>>このページのTopへもどる


温暖化防止教育

 地球温暖化防止のためには、有効な対策を講じるとともに、将来世代の担い手となる人材の養成を進めていくことも重要です。温暖化防止教育においては、温暖化に関する知識だけでなく、参加者が主体的に学習に参加することで、次のステップである温暖化防止のための実践行動へと移行していくためのきっかけづくりになることが望まれます。


>>このページのTopへもどる


HOME >> 活動紹介 

Copyright 2006 KIKO NETWORK. All Right Reserved.