気候ネットワーク 市民のチカラで、気候変動を止める。

2021年7月21日(水)気候危機と石炭火力の今 ~横須賀石炭火力とその脱却を考える~


気候ネットワークが参加する石炭火力を考える東京湾の会が主催するイベントです。

タイトル

石炭火力を考える東京湾の会ウェビナー【平田仁子さんゴールドマン環境賞受賞記念講演】
気候危機と石炭火力の今 ~横須賀石炭火力とその脱却を考える~

日時 2021年7月21日(水)15:00~16:30 *多少延長する可能性もあります。
対象 どなたでも。「エネルギーシフトって本当にできるの?」って思っている方
開催方法 オンライン
※オンライン会議システムのzoomを使います。
※マイク・スピーカー機能のついたPCもしくはスマホ、タブレットが必要です。

趣旨

「石炭火力を考える東京湾の会」は、かつて東京湾岸で4カ所(千葉、市原、袖ヶ浦、横須賀)の石炭火力発電所建設計画が浮上し、各地域の市民団体ともに石炭火力の問題を考えるために2017年4月に発足しました。今、その発足から4年が過ぎ、この間に3カ所の石炭火力計画は中止となり、石炭火力をめぐる世界の情勢、日本がおかれた状況も大きく変化しています。しかし一方で、唯一横須賀の計画だけが今も残り、住民たちは国を相手に裁判を提訴しましたが、(株)JERAによる石炭火力発電所の建設は急ピッチで進められています。そこで本ウェビナーでは、世界では脱石炭の動き、石炭火力の国内外の動向について理解を深め、横須賀石炭火力の是非についてあらためて考えるウェビナーを開催することといたしました。講演には、平田さんのほか、原発や石炭のコスト分析などを行っている大島堅一さんにご講演いただきます。ぜひご参加ください。

プログラム(予定)

1. 【ゴールドマン環境賞受賞記念講演】
石炭火力をめぐる国内外の動向
– 2030 年脱石炭に向かう世界の潮流
– 国内の石炭火力をめぐる動向(政策動向、企業動向、金融動向)

    平田仁子さん(気候ネットワーク国際ディレクター/理事)

2. 【講演】電力のエネルギーシフトは本当に難しいのか?

    大島堅一さん(龍谷大学教授)

3. 横須賀石炭火力行政訴訟と地元でのアクション

    鈴木陸郎さん(横須賀火力発電所建設問題を考える会代表)

4. 若者たちのアクション紹介

5.全体質疑およびディスカッション

参加費 無料
定員 先着300名
申込方法

事前のお申込みが必要です。以下URLからお申し込みください。
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_ANp685ZCSrGAwkIlBpNLOQ
申込後、登録完了メールが届きます。そこに記載されている参加URLをご確認ください。
*zoomから送られてくる参加用アドレスはリンクが本文「ここをクリックして参加」に埋め込まれた形式になります。テキスト形式のメールでは、URLが正常に表記されない、また、「ここをクリックして参加」ボタンがありながらリンクが張られていないことがあります。その場合には、お問い合わせ先までメールでその旨ご連絡ください。

主催 石炭火力を考える東京湾の会
共催 特定非営利活動法人気候ネットワーク ほか
お問合せ 特定非営利活動法人気候ネットワーク
TEL: 03-3263-9210 Email:tokyo@kikonet.org

 


関連する記事