気候ネットワーク 市民のチカラで、気候変動を止める。

2018年11月17日(土)G20大阪市民サミット・キックオフイベント「市民がつなぐ、大阪から世界へ」


タイトル

G20大阪市民サミット・キックオフイベント
「市民がつなぐ、大阪から世界へ」

日時 2018年11月17日(土)13:30〜16:30(開場 13:00)
会場 PLP会館(大阪市北区天神橋3丁目9-27)
アクセス http://plp-kaikan.net/access/a_index.html

趣旨

2019年6月28日(金)・29日(土)に開催される「G20 大阪サミット」。
世界の主要20か国の首脳が一堂に会して、世界の諸課題を話し合 うこの機会に合わせて、地域〜世界の市民社会(NGO・NPO)等が集まり、G20に市 民の声を届ける機会として、「G20大阪市民サミット」を、2019年6月25日(火)・2 6日(水)に大阪で開催する予定です。

本イベントは、その「キックオフイベント」として、「G20大阪市民サミット」が何を目指すのか、また、すでに動き はじめている、世界の市民社会がどんな議論や政策提言を行っているのか、ご紹介 するとともに、参加者のみなさんにも、実際にG20等で議論される様々な社会課 題のテーマに分かれて、

「世界から大阪・関西が学べること」
「大阪・関西から世界に発信できること」

をご一緒に考えるワークショップを開催する予定です。

世界の市民社会の経験を生かして、地域の市民社会が飛躍する機会 として、
また、本当に「実のある」G20のレガシー(遺産)を大阪・関西 に生かすきっかけとして、ご一緒に「G20大阪市民サミット」へと、キックオフしてみませ んか!!

プログラム

1.シンポジウム「G20で大阪・関西・日本・世界の市民社会は 何を目指す?

  • G20大阪市民サミット開催の趣旨・目的
  • G20に向けた世界と日本の市民社会の動きやねらい
  • 大阪・関西の市民社会がG20に取り組む意義

2.グループセッション「世界から大阪・関西が学べること、大阪 ・関西から世界へ発信できること」

  • C20 Policy PACK(邦訳)を読んでみる
  • 世界から大阪・関西へ何を取り入れるかを考える
  • 大阪・関西から世界へ何を発信できるかを考える

登壇者

(予定)

三輪敦子:G20大阪市民サミット実行委員会 共同委員長、2019 G20サミット市民社会プラットフォーム 共同代表、(一財)アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)所長

稲場雅紀:(一財)SDGs市民社会ネットワーク 業務執行理事

堀内 葵:(特活)国際協力NGOセンター(JANIC)、アドボカシー・コミュニケーショングループ 調査・提言担当

早瀬 昇:(社福)大阪ボランティア協会 常務理事、(特活)日本NPOセンター 理事

杦本育生: (特活)環境市民 代表理事

新川達郎:G20大阪市民サミット実行委員会 共同委員長、同志社大学 大学院総合政策科学研究科 教授

(敬称略)

参加費 1000円
申込方法 以下の参加申込フォームからお申し込みください。
https://bit.ly/2Pw9XUA
主催 G20大阪市民サミット実行委員会
共催 2019 G20サミット市民社会プラットフォーム
お問合せ G20大阪市民サミット実行委員会 事務局まで
g20osaka.cs[※]gmail.com (担当:加藤/[※]を@に変える)
備考  

関連する記事