気候ネットワーク 市民のチカラで、気候変動を止める。

2019年4月7日(日)村人が語る!ボルネオ島の火災最前線とこれからの森づくり【東京】


他団体が開催するイベントです。

タイトル

村人が語る!ボルネオ島の火災最前線とこれからの森づくり

日時 2019年4月7日(日)13:30〜16:30(13:10受付開始)
会場 JICA地球ひろば2階 国際会議場(東京都新宿区)
アクセス

  • JR中央線・総武線 「市ヶ谷」 徒歩10分
  • 東京メトロ有楽町線・都営地下鉄新宿線 「市ヶ谷」A1番/4番出口 徒歩10分
  • 東京メトロ有楽町線・南北線 「市ヶ谷」6番出口 徒歩8分

<https://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/index.html>

趣旨

オランウータンなどの希少種が棲む生物多様性の宝庫ボルネオ島。

この島の大半を覆っていた原生林は、違法伐採やパーム油生産のための大規模農園、森林火災などによって半減しました。日々消費されるスナック菓子やインスタント麺、マーガリン、コピー用紙など、ボルネオ島の熱帯林減少と私たちの消費生活とは決して無関係ではありません。

一方で、かつて違法伐採や金採掘に携わっていたタンジュン・ハラパン村の村人は、NGOの支援などにより森林再生の道に進みだしました。

このたび、タンジュン・ハラパン村の青年団メンバーをゲストを招き、現場で起っていることや村の将来に向けた活動など生の声をお聞きし、これからの熱帯林保全に向けて何ができるかを会場のみなさまと共に考えます。

海外ゲスト紹介:タンジュン・ハラパン村青年団メンバー

ドニーさん:国立公園で働く心優しき青年。青年団では、会計処理や事務作業を引き受ける縁の下の力持ち。

フェブリさん:中学校を中退したものの、独学で英語を勉強し、現在はガイドとして活躍中。2015年の森林火災時には、火の中に飛び込んで消火した勇気ある青年。

プログラム

13:30 挨拶
13:35-14:00 ドキュメンタリームービー「もりをふたたび」上演、解説
14:00-15:00 タンジュン・ハラパン村青年団ドニーさん・フェブリさん講演(インドネシア語通訳付き)
(休憩 10分)
15:10-15:40 ボルネオ保全学生グループSGBCメンバーとドニさん・フェブリさん対談
15:40-16:20 会場とともにディスカッション
16:20 お知らせ、閉会

★終了後、講演会会場2階のJ’s Cafeでインドネシア人ゲストを交えての懇親会を行います★
ご参加希望の方は申し込みフォームより、懇親会について参加するボタンを押してください。
「ドニーさん・フェブリさんを囲んでの懇親会」
場所:JICA地球ひろば 2階J’s Cafe
費用:3,500円程度(学生は割引いたします)
時間:17:00~19:00
参加希望の方は申込フォームよりお願いします。

参加費 無料
定員 100人(申し込みに達し次第締め切らせていただきます)
申込方法

こちらの申込み専用ページよりお申し込みください。
お申し込みはこちらから

または、contact-hutan@hutangroup.org までご連絡ください。

主催 ウータン・森と生活を考える会、ボルネオ保全学生グループSGBC
協力 プランテーション・ウォッチ、ボルネオ保全トラスト・ジャパン(BCTJ)、palmstream
お問合せ contact-hutan@hutangroup.org
備考 本講演には地球環境日本基金の助成が使われます。

関連する記事