気候ネットワーク 市民のチカラで、気候変動を止める。

2021年3月12日(金)GoTo脱炭素地域セミナー岡山県


気候ネットワークが主催するイベントです。

タイトル

Go To 脱炭素地域セミナー 岡山県/
晴れの国の脱炭素ロードマップと今後の活動を応援しよう!

趣旨

 岡山県の県南では「晴れの国」と呼ばれるほど日照時間が長く、太陽光資源に恵まれた温暖な気候を有しています。その恩恵にあずかり、白桃やマスカットといった果物王国としても有名です。さらに県北では森林資源が豊富なため、真庭市や西粟倉村といった木質バイオマス資源のエネルギー利用事例も全国的に知られいます。そうした資源を活用できることから、岡山県や県内13市町は「2050年二酸化炭素排出実質ゼロ」を表明し、岡山市は「世界首長誓約/日本」に署名しています。

 本セミナーでは岡山県の脱炭素ロードマップについて学び、岡山県内で活動している方のお話を伺います。岡山県は工業分野が盛んな県であるため2050年二酸化炭素排出実質ゼロという目標と実態にはギャップがあります。そこで、どのように脱炭素を目指せば良いのか、県内プレイヤーの活動報告をまじえながら議論をします。ご興味のある方や活動を応援してくださる方は、是非ご参加ください。

日時 2021年3月12日(金)18:00〜20:00(17:55から開場)
開催方法 ZOOMで実施
対象 どなたでも。岡山県にお住まいの方、岡山の気候変動対策の取組に興味のある方大歓迎!
プログラム(予定)

基調報告「岡山県の脱炭素対策にむけたロードマップ」(30分)

 歌川 学さん(国立研究開発法人産業技術総合研究所 主任研究員)

活動報告

(1)岡山県における市民共同発電所のコレマデ✕コレカラ(15分)

 廣本 悦子さん(認定NPO法人おかやまエネルギーの未来を考える会 会長)

(2)西粟倉村の地域熱供給を支える若きリーダー(15分)

 半田 守さん(株式会社motoyu 代表取締役)

(3)太陽光パネルリサイクルの現状と課題(15分)

 山川 直也さん(平林金属㈱太陽光パネル再資源化課 課長)

(4)真庭市が目指す地域循環共生圏と新たな取組(15分)

 杉本 隆弘さん(真庭市産業観光部林業・バイオマス産業課 主幹)

質疑応答(25分程度)

参加費 無料
申込方法

下部のボタンからお申し込みフォームにご記入ください。ご記入後に自動的にメールが送信されます。当日はメールに記載されている参加用URLからご参加ください。

※お知らせいただきました情報は、本事業に係る事務連絡以外の目的で使用することはありません。

主催

特定非営利活動法人気候ネットワーク

人類の生存を脅かす気候変動を防ぎ、持続可能な地球社会を実現することをめざして「提案×発信×行動」するNPO/NGOです。気候危機を止めるために活動する全国の市民・環境NGO/NPO・専門家のネットワークとして、多くの組織・セクターと交流・連携しながら活動を続けています。

*気候ネットワークは会員を募集しています。入会を希望される方・団体はこちらのウェブページをご覧下さい。

お問合せ 特定非営利活動法人気候ネットワーク
京都市中京区帯屋町574番地高倉ビル305
TEL: 075-254-1011 FAX: 075-254-1012
E-mail: kyoto@kikonet.org Website: https://www.kikonet.org
助成金 このセミナーは、2020年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて開催します。

関連する記事