気候ネットワーク 市民のチカラで、気候変動を止める。

2022年9月30日(金)Japan Beyond Coal (JBC) 2周年記念イベント ~2030年の石炭ゼロに向けて、どう加速すればいいのか


気候ネットワークが運営するJapan Beyond Coalのイベントです。

タイトル

Japan Beyond Coal (JBC) 2周年記念イベント ~2030年の石炭ゼロに向けて、どう加速すればいいのか

日時 2022年9月30日(金)10:30~12:00
開催形式 オンライン(Zoom)

趣旨

2020年9月27日にJapan Beyond Coal(JBC)が発足し、「日本の石炭火力発電所を2030年までにゼロにしよう」との活動を始めてから、二年が過ぎようとしています。

2021年5月には、国際エネルギー機関(IEA)が温室効果ガス実質ゼロ実現のためのロードマップを公開し、11月の第26回気候変動枠組締約国会議(COP26)では、地球の平均気温の上昇を1.5度に抑える必要性が指摘され、排出削減対策が講じられていない石炭火力発電設備を段階的に廃止し、新規石炭火力発電への支援を終了する共同声明(Global Coal to Clean Power Transition Statement)が発表されました。

しかし、日本はCOP26での石炭火力からの脱却を目指す声明に署名せず(発表時には、46カ国を含む77の国と組織が署名)、日本政府が発表した2050年カーボンニュートラル宣言、2030年温室効果ガス排出46~50%削減目標を具体化する策も取られないまま今に至っており、第6次エネルギー基本計画では2030年電源構成で19%も石炭を残しています。

そこで、JBCでは「2030年の石炭ゼロに向けて、どう加速すればいいのか」と題し、この2年間の日本の石炭火力発電の状況と石炭政策の変化、2030年脱石炭に向けた課題についてを考え直すウェビナーを開催します。

この2年間に国内の石炭火力の状況がどう変わってきたか、2030年に向けて何をしなければならないか、課題にどう取り組むべきかなどを、NGOおよび市民団体とともに模索します。

プログラム

司会:エコアナウンサー 櫻田彩子さん

1.日本の石炭政策と脱石炭に向けた課題
2.各地・石炭火力の現場から
3.国際動向と今後の展望
4.今後のJBCについて
5.質疑応答

参加費 無料
申込方法 こちらの申込み専用ページよりお申し込みください。お申し込みはこちらから
主催 Japan Beyond Coal
お問合せ

認定NPO法人 気候ネットワーク 京都事務所
TEL:075-254-1011 FAX:075-254-1012
E-mail:kyoto@kikonet.org

認定NPO法人 気候ネットワーク 東京事務所
TEL:03-3263-9210 FAX:03-3263-9463
E-mail:tokyo@kikonet.org

 

 


関連する記事