気候ネットワーク 市民のチカラで、気候変動を止める。

【ポジションペーパー】「燃料アンモニアに関するポジションペーパー『ゼロエミッション火力への挑戦』が石炭火力を延命し気候変動を加速する」(2023年1月)


気候ネットワークは2023年1月18日、ポジションペーパー「燃料アンモニアに関するポジションペーパー『ゼロエミッション火力への挑戦』が石炭火力を延命し気候変動を加速する」を発行しました。

本ペーパーは、GX基本方針の中から燃料アンモニアの導入が推進されてきた経緯と問題点についてまとめ、今後日本の発電事業をどのような方向性に向かうべきかを提言するものです。

政府は燃焼時にCO2を排出しないアンモニアを石炭火力発電所に混焼させることでCO2の排出を削減することを目指していますが、アンモニアは製造時に大量のCO2を発生するため、ライフサイクルで見ると排出削減効果がほとんどありません。また、アンモニアは当面、化石燃料を原料とする国外での製造に依存するため、エネルギー安全保障やエネルギー自給率の点からも問題があります。

政府は2050年にアンモニア専焼を実用化すべく巨額の投資をして開発を進めているが、実用化の見通しは全く立っていません。GX基本方針のもとアンモニアの混焼・専焼を前提として石炭火力が今後も維持されれば、本来進めるべき再生可能エネルギーへの投資が抑制されてしまう懸念があります。燃料アンモニアの導入推進に向けたインフラ整備に巨額の国家予算が投じられたとしても、製造および流通費用を含めたコストは電力消費者が支払うこととなり、電気代の高騰に拍車をかけることにもなります。燃料アンモニアの石炭火力への混焼・専焼を掲げて多大な公的資金を投じる方針は、日本経済に寄与しないだけなく、世界とともに日本が目指すべきパリ協定の目標やG7合意にも反しています。

本ペーパーでは、以上のような問題の多い燃料アンモニアの石炭火力への混焼・専焼の方針がどのような経緯で決定され、どのような体制で推進されているのかを整理しました。

ポジションペーパー

燃料アンモニアに関するポジションペーパー『ゼロエミッション火力への挑戦』が石炭火力を延命し気候変動を加速する

A4判/27ページ
発行:2023年1月18日

お問合せ

認定特定非営利活動法人 気候ネットワーク
〒102-0093 東京都千代田区平河町2丁目12番2号 藤森ビル6B
TEL: 03-3263-9210  FAX: 03-3263-9463  E-mail: tokyo@kikonet.org


関連する記事

  • 関連する記事はありません。