台風19号接近 早め早めの対策が大事!

こんにちは、京都事務所の防災士広瀬です。

10月だというのに、ここしばらくは、まだまだ半袖で過ごせるほどの陽気です。日本の南海上には心配な台風が・・・
早め早めの避難が大切。

みなさん、自分の命を守るための準備をしてください。

台風19号の雲の様子(写真:気象庁)

台風19号:気象庁の緊急会見

大型で猛烈な台風19号が日本に接近しています。

気象庁の予報官が9日午後2時から異例の緊急会見を開き「台風は非常に強い勢力を保ったまま12日から13日にかけて、西日本から東日本に接近、または上陸するおそれがある。台風は大型のため、広い範囲で大きな影響を受けるおそれがある」と述べた。会見では、「早め早め」というワードが8回も出てきています。

大雨に注意

湿った空気の影響で、非常に激しい大雨となる恐れがあります。特に紀伊半島や東海、関東、東北では記録的な大雨となる恐れもあり、土砂災害や河川の氾濫、低い土地の浸水に警戒が必要です。

大荒れのピークが12日(土)の夜と夜間のため、自治体から出される避難情報に注意し、明るいうちの避難を心がけて下さい。停電に備えて、懐中電灯や非常食、飲料水を準備しておきましょう。スマートフォンなどもあらかじめ充電しておくようにして下さい。

暴風に注意!

今回と同じクラスの勢力だったのが、2018年に関西を襲った台風21号。大阪府内では強風が吹き荒れ、看板や建物の屋根が次々と落下し、自転車も宙を舞っていたそうです。この台風21号の上陸時の中心気圧は、950hPa。今回の台風19号が接近する際の予想気圧と、ほぼ同じです。

また、今回の予想最大風速も、2018年の台風21号や先日千葉に爪痕を残した15号と同じ規模の45メートルで、走行中のトラックが倒れるほどの暴風となるおそれがあります。

先日の台風15号で甚大な被害があった千葉では、ブルーシートが飛ばないように注意喚起がなされています。本当に異常事態です。

日本周辺の海水温度(出典:気象庁) 

高潮に注意!

気象庁のHPで日本付近の海水温度を調べてみると、日本列島の東側キワキワまで平年よりも2℃高い27℃となっています。台風19号は上陸直前までエネルギーを蓄え続け、北上していくだろうと考えられます。更に、関東周辺では、台風接近時刻に満潮時刻が重なるおそれがあります。高潮による被害も考えられます。

各地の満潮時刻(出典:tenki.jp)

台風に向けて早め早めの対策を!

停電・断水・道路寸断に備える

先日千葉に爪痕を残した台風15号でも経験したように、今回も電柱が倒れたり、電線が切断され、停電になる可能性は充分考えられます。また、道路は寸断され、断水も考えられます。

台風が来る前にやるべきことは次の4つです。

  • ハザードマップを確認
  • 避難の準備をする
  • 避難場所の確認
  • 家族、地域の人と共有

避難の準備グッズとして確認しておきたいものはこちらです。

  • 備蓄食料(最低3日分)
  • 飲料水(一人1日3リットル)
  • 水の汲み置き
  • LEDランタン
  • 乾電池、携帯電話の充電など

避難する際には、薬や入れ歯、メガネなど代替えがきかないものを確認する必要もあるでしょう。

もしも、台風が逸れて、被害があまりなくても…

万が一台風のコースが変わって、逸れた場合、備えたことを決して嘆かず、それで良しとしてください。万が一の備えとはそういうものです。

温暖化はすぐには止められません。今後も、強烈な台風はきっと繰り返し日本にやってくることでしょう。今回の備えは、台風19号だけでなく、その後の防災にも役立つのですから。

温暖化が進めば、台風が猛烈に

海水温度は年々上昇しています。

海水温度の推移(出典:気象庁)

今後も温暖化が進むと、海での水蒸気量が増えて、それによって台風がその強さを増すおそれがあります。台風19号は最低気圧が915hPaで「猛烈」と言われていますが、もしも温暖化がこのまま進めば、2050年には895hPaのスーパー台風が日本を襲うおそれがあるとの予報もあります。

同時に、防災対策だけでなく、気候災害をこれ以上激化させないための温暖化対策(省エネ、脱石炭、再生可能エネルギーへの転換など)も重要です。

 

※記事トップの台風の写真はイメージ画像です。

Climate Reality 東京トレーニングに参加~人生でアル・ゴアさんに一番近づけた日~

どうも!インターンのテイラーです!

先週は、日本において気候変動問題史上に残る大イベントが開催されました。そして個人的にも感慨深い経験をさせて頂きました。

第43回The Climate Reality リーダーシップ・コミュニティ・東京トレーニングです。日本初!アル・ゴア元副大統領が創設者兼会長をつとめるThe Climate Reality Projectという団体が行う、気候変動問題の解決に向け今後活動するクライメート・リーダーを育成するプログラムです。

The Climate Reality リーダーシップ・コミュニティ・トレーニング・東京

10月2, 3日の2日間に渡って、アル・ゴアさん含め、気候変動に携わる様々な団体、企業、研究所、そして政府関係の方達が講演を行い、気候変動問題についての基礎情報からこれからの日本社会におけるエネルギーの動向などを語りました。

また、自分の得た知識を形として人に伝えるために、コミュニケーションスキルを上げる練習も行われました。そして今回のイベントをその場限りで終わらせないように、名刺交換を積極的に行い、人脈づくりも盛んに行われました。

学生さんから大学教授、そして有名企業の社員さん達とともお話することができ、僕の名刺の在庫はかなり減りました(笑)。

皆さん、立場やきっかけが違えど、気候変動問題に対してなんとかしたい!という思いは共通して持っていました。しかし、その思いをどうやって社会の変化をもたらせるのかが分からなかった人達が、Climate Realityに参加したことで何かしらのヒント・キッカケを見つけたと思います。

 

僕が参加したかった理由

ここで、少し僕の話をさせて下さい。

地球温暖化に興味をもつようになったきっかけ

そもそも環境問題、特に地球温暖化に興味を持ち始めたのはアル・ゴアさんのテレビ出演がきっかけでした。11歳の頃、ある土曜日にたまたま親に勧められた「世界一受けたい授業」という番組を観ていた時です。

アメリカの副大統領が地球温暖化問題について話始めました。始めは「これはなんだろう?まさかね~」と疑心暗鬼だった自分が、急速な速度で融けていく氷河、脅威を増す台風、世界各地で起きる干ばつといった悲しい現実を表した写真を見る度に少しずつ不安になり、緊迫感が生まれてきました。知識が皆無だった自分が、このままでは危ないと心を動かされました。そして決めたのです。

「いつかアル・ゴアさんのように地球温暖化問題を解決するような人になりたい」と。

地球温暖化の勉強を始め、環境活動家の道へ

早速不都合な真実の映画を観て、本を日英で読み、地球温暖化についてのレポートも書き、地球温暖化について独学する中学時代でした。気付いたら大学では環境学を専攻し、一歩ずつ環境活動家としての道を進んでいました。

そうなんです。アル・ゴアさんは僕の人生の最大の転機を与えてくれた方なのです。

常に雲の上の存在で手の届かないアル・ゴアさんが、このClimate Realityのトレーニングを東京で開催すると聞いた時に僕は迷いなく参加することを決めました。彼に初めて生でお会いすることができる上に彼の講演を聞くことができるなんて、これ以上に素晴らしい機会を逃す訳にはいかなかったのです。

 

奇跡が起きた!イベント当日の出来事

開幕90分前に会場に到着。早起きは三文の得!

イベント自体は午前10時からでしたが、会場には受付開始の8:30ちょうどに着き、20番目くらいに並べました。テーブル番号は申し込んだ時点で決まっているので特に前に座れるという訳ではなかったのですが、もしかしらアル・ゴアさんが歩いていたりして!と願いながら早めに行きました。もちろんいませんでしたが。笑

早めに行ったお陰で色んな方達をお話する事が出来ました。イベントに登壇するスピーカーの方や、NGOの代表ともお話出来ました(元々知り合いでした)。そして先月行われたグローバル気候マーチで取材を受けたブルームバーグの記者さんと再びお会いし、追加取材を受けることも出来ました。早起きは三文の徳とは、まさにこの事です!

するとあっという間に開始の10時が迫ってきました。テーブルに座ると、同じテーブルの方達と挨拶をし、自己紹介をしました。(自分含め)普段はシャイな日本人も、こういった場では本領を発揮するものだと感じました。同じ目的意識を持った人が集まると知らない人もまるで友達のように感じるのですね。WWFやピースボートなどの方達とお会い出来ました。

アル・ゴアさんの登場!圧巻のプレゼンテーション

そして時間になり、元キャスターの国谷裕子さんが司会としてイベントの幕を開けました。10~15分の開会の言葉を述べた後、ついにアル・ゴアさんの時間になりました。

初めて登壇した時は、本当に泣きそうになりました。憧れの人が同じ部屋にいる!それだけでもう満足でした。会場のボルテージもマックスになり、拍手は鳴りやまず、1, 2分間続いたような気がしました。

アル・ゴアさんの2時間半に及ぶ気候危機の講演はまさに不都合な真実のDVDを生で観ているようでした。プレゼンの資料も不都合な真実の本と同じものがいくつかあり、初見では無い自分がどこか嬉しかったです。

そしてアル・ゴアさんや気候ネットワーク理事の平田さん、さまざまなスピーカーのお話を聞き、1日目が終了しました。終わった後は懇親会が開かれ、さらにコミュニケーションする機会が設けられました。

アル・ゴアさんに大接近?!

その懇親会ではアル・ゴアさんがどこかで挨拶に来られるとの事だったので、出てきそうな場所でのんびりしていたら予想は的中!なんと、アル・ゴアさんが目の前2メートル付近の所まで来て、ロープで囲まれた演壇で1分間程度のスピーチをしたのです。

これはチャンスと思いカメラを出し、頑張って自撮りをしてアル・ゴアさんとのツーショットが撮れました!!こんなに近い所で自撮りが撮れる距離にいれるなんて、奇跡でした。。。

早速待ち受けにしました!

この時点で、これ以上アル・ゴアさんに近づける日はもうないだろうと思っていました。しかし、逆に「次は大衆の中の一人としてではなく、科学者として、テイラーとしてアル・ゴアさんと会えるようにならなければ!」と悔しさもありました。こんなに近づきたくても、近づけないもどかしさがあったのです。さて、これは何年後の話でしょうか。。。笑

ところが、実は、この奇跡を上回るさらなる奇跡が起きたのです。。。!

 

奇跡の2乗 ~アル・ゴアさんに大大接近~

2日目、なんとたまたまアル・ゴアさんとお会いするチャンスを頂き。。。

 

理事の平田さんとのスリーショットが実現したのです!!!!!

そしてその直後には。。。アル・ゴアさんからサインを頂けました!!!!

万が一と思って不都合な真実を持ち歩いていたのです!こういう時だけ用意周到(笑)

 

僕はその場でアル・ゴアさんに「2007年、あなたは僕の人生を変えてくれました。あなたのお陰で気候変動の科学者にになるための道を進んでいます。本当にありがとうございます。」と伝えることが出来たのです。。。

 

最後にワガママまで言ってハグまでしてもらいました。。。涙

 

彼を目の前にした僕は、感激と緊張と喜びと(忙しそうだったので)申し訳なさとが入り混じった複雑な感情であのアル・ゴアさんとの貴重な1分間を過ごす事が出来ました。。。

 

感謝カンゲキ雨嵐(気候変動だけに)!!これ以上何も望みません。。。

 

Climate Realityトレーニングでの2日間の経験、そしてアル・ゴアさんとの1分間を無駄にしないよう、これからはクライメート・リアリティ・リーダーとしての活動を頑張ります!!!

トレーニング参加者で集合写真!

 

 

では、ここで地球豆知識!

 

Q. どうして台風はいつも反時計回りなの?

A. 地球は北極側から見ると左回転しています。この回転によって本来は真っ直ぐの風は北半球では右側に曲がってしまいます。低気圧である台風は右回転の風を吸い込むので、最終的に反時計回りに吹くのです!

 

(イメージとしては、メリーゴーランドの上でキャッチボールをしても真っ直ぐに飛ばないのと同じ原理!詳しくはコリオリの力で検索🔍)

ちなみに南半球では、時計回りなんですよ!( ゚Д゚)

 

テイラー

グローバル気候マーチ〜日本とフィンランドの環境意識の違い〜

気候ネットワークインターンの山下さんからの特別寄稿です!


国連気候サミットを目前に控え、グローバル気候マーチが9月20日から世界的に行われます。それに際し、日本で参加したFridays for Futureでの自分の中での心の移り変わりと私が感じたフィンランドと日本での意識の違いに焦点を当て、記事を書きたいと思います。

子ども・若者主導の気候アクション「Fridays For Future」に参加

普段はフィンランドで大学生活を送っており、今夏は気候ネットワーク京都事務所でインターンをすることができ、そこでFridays for Future(未来のための金曜日)の京都と大阪に参加しました。その参加前後で、アクションに対する印象が変わったのは自分の中で大きなものでした。

当初は、学校をストライキするほどのマーチとは一体どれほどなのか、また私が今までそのようなアクションに関わったことが無かったことから躊躇いがありました。しかし、実地に行かないと何事も分からない、同じように参加される方とお話をしてみたい、といったことから参加を決定しました。当日は、マーチをしたり、その後の懇親会でお話をしたりすることで、活動への理解が深まったと思います。

 

マーチでは、歩行者の意識をこちらに向けることができ、特に海外の観光客の方から声援を頂きました。その時、日本でもマーチをすることで呼びかけている方がいることに安心したと同時に、私が以前から抱いている「なぜ海外の方がよく反応するのだろう。日本の方は…?」という疑問が浮上してきました。

また、他のところでも学生さんとお話をする機会があり、その中には、私たちが生きている間は石炭火力の時代と豪語する方もいらっしゃいました。ミレ二アルやZ世代と言われる若者の中でさえも、こういう考えを持つ方がいらっしゃる現状に、お話を聞いていて寂しくもあり残念にも感じました。

フィンランドに根付いている環境意識

私の専攻が環境工学であることが影響しているかもしれませんが、私の周りでは環境のことを考え、エネルギー事情やエネルギーを無駄にしていることに関連してフードロスを意識したイベントを大学規模で行ったりしています。

具体例をあげると、エネルギー節約週間なるものだったり、街の中心街でスーパーからの消費期限が過ぎそうなものを無料で提供したり、着なくなった服を指定場所に集めてから別日に欲しい人が取りに来るというキャンペーンをしています。

私が住んでいる町はこじんまりしていますが、日本との人口比に対してセカンドハンドショップと呼ばれるリサイクルショップが多くあります。単純な比較は出来ませんが、それでも普段の生活で環境に配慮する習慣が根付いていることが伺えます。

他でも、スーパーで青果を購入する際にはスーパーに備え付けの袋を利用するのですが、そちらも環境に配慮した自然分解されるビニール袋がある場合もあります。日本のスーパーでは、買う時点で既に袋詰めされていることが多く、先述したような包装であることは稀です。日本での生活スタイルを供給側から変えるのは至難ですが、消費者の意識が変われば、社会も少しずつ変わっていけるのかなと思います。

恥ずかしながら私はまだ参加したことがないのですが、フィンランドではFridays for Futureが各地域で行われており、またヘルシンキでは毎週行われているようです。それだけ世間に訴えているということです。

参加することで広げる

一方、日本ではまだまだ活発に行われているようには思えません。それは、国民の環境に対する意識が低めであることが考えられます。また前述したように、日本人のマーチへの反応が薄いと感じました。

それは、自分がある種のデモのような活動に関わりたくないという気持ちの表れでもあるかもしれません。しかし、同じように感じていた私が今思うのは、少しでも気候危機に関心があれば、マーチに参加する意義はあるということです。参加することで、自分自身の視野が広がり、活動をそれぞれの地元などで拡げていき、より多くの人が気候危機について考えるきっかけを作ることもできると思います。

事実、Fridays for Futureのことを大学の講義が始まるにあたり参加した経験を伝えると、そのイベントをここで開催するのもありなのではないか、と提案していただきました。既存のイベントに参加したら今度は各々でする番、そのようにして更に多くの人々が気候危機に関して考える機会を得ていくように思います。

グローバル気候マーチを通して、参加者のみならず沿道で見かけた方々が少しでも気候危機や環境について考える機会になればと強く思います。

 

参考:全国各地のグローバル気候マーチの情報はこちら

https://ja.globalclimatestrike.net/

英国大使館員、気候危機の解決を訴えるため、富士山への過酷なチャレンジ!

英国大使館に勤める2人の職員が、あるチャリティーイベントを独自に企画しています。それは、48時間以内に、東京から富士山の5合目までを自転車で走り、5合目から山頂までの登山を終えて、東京まで戻ってくるというものです。

続きを読む 英国大使館員、気候危機の解決を訴えるため、富士山への過酷なチャレンジ!

海での温暖化現象:サンゴに忍び寄るマイクロプラスチック汚染

気候ネットワーク東京事務所の鈴木です。

海のマイクロプラスチックが問題視されています。プランクトンを食べる魚が間違ってプラスチックを食べて体内に蓄積してしまうだけでなく、プランクトン自体がマイクロプラスチックを取り込んでしまっているとの報告もあり、そうなると、魚は直接的にも間接的にもマイクロプラスチックを食べていることになります。そして、マイクロプラスチックの汚染は、なんとサンゴにも及んでいました。 続きを読む 海での温暖化現象:サンゴに忍び寄るマイクロプラスチック汚染

自然エネルギーでつくられた線香「馬場水車場のお香」がすごい!

災害レベルの記録的な猛暑が猛威を振るっていますが、いかがお過ごしでしょうか。このお盆休みに帰省して、家族や親戚と過ごす方もいらっしゃることでしょう。この時期、仏教徒のうちにとっては、仏間と線香の香りは切っても切り離せないもの。蚊取り線香もこの季節ならではです。

というわけで、今回のテーマは、「線香」。お世話になっている環境ジャーナリストの佐藤由美さんに教えていただいた、「馬場水車場のお香」について紹介したいと思います。 続きを読む 自然エネルギーでつくられた線香「馬場水車場のお香」がすごい!

G20大阪サミット開催中に「GLOBAL PEOPLE’S ACTION」旋風が

日本メディアはややそっけなかったものの、海外メディアには数多く取り上げられたので、あえて「旋風」と言わせてください。

2019年6月28-29日、大阪でG20サミットの開幕にあわせ、国内外の環境NGOが、議長国である日本に対し、実効性のある気候変動対策とそのための脱石炭政策を求めるアクションを世界各地で展開。日本でも『G20大阪サミット直前  GLOBAL PEOPLE’S ACTION』と銘打ち、横須賀・神戸は石炭火力発電所建設予定地付近で、開催地の大阪は市内でのアクションを敢行しました。

日本政府が初のG20議長国と張り切っていたのに負けじと、NGOも策を練り、従来のバナーに加えて、巨大バルーン(安倍首相が石炭バケツの上で大はしゃぎ?そのサイズは何と4m!)やG20参加国の首脳のマスクをかぶったパフォーマーを登場させました。

それぞれのアクション会場でビデオ動画を撮影しましたので、ご紹介します。また、アクション後にプレスリリースを発表していますので、そちらもご参考ください。

続きを読む G20大阪サミット開催中に「GLOBAL PEOPLE’S ACTION」旋風が

今なぜ、気候変動「訴訟」?(第1回)

京都事務所にてボランティアでお世話になっております一原と申します。これから数回に分けて、今、日本そして世界全体で増加している気候変動訴訟について、ご報告させていただきたく思います。

今、気候変動訴訟が世界中で増加している

皆様もご存知の通り、2018年9月に神戸において神戸製鋼が進める石炭火力発電所の新設・稼働について、周辺住民の方々が中心となり、神戸製鋼と関西電力を相手取って、その差し止めを求める民事訴訟が昨年9月に提起されました。同年11月には、これらの発電所新設等についての環境影響評価書に対する確定通知の取り消しを求める行政訴訟も提起されています。気候ネットワークはこれら住民の方々を支援すべく、様々な活動を行っています。

この訴訟では大きく分けて、大気汚染問題と気候変動問題の2つを争うことが予定されています。このうち大気汚染の方は、日本でも過去にいわゆる公害訴訟として類似の裁判例の蓄積があります。ところが気候変動については、日本では過去には裁判で争った例はほぼ皆無に近い状況です。それがここわずか数年の間に、この裁判のように気候変動対策の適切な実施を求めるような訴訟、これを一般に「気候変動訴訟」と呼ばれていますが、こういった訴訟が増加しているのです。 続きを読む 今なぜ、気候変動「訴訟」?(第1回)

横須賀石炭火力発電所建設予定地前でアクションを実施しました!

こんにちは!インターンのテイラーです!

先日、7月3日は何の日かご存知でしょうか?

実は、映画のバック・トゥ・ザ・フューチャーが公開された日です!

きっと主人公のマーティも、2019年にまだ石炭火力発電所計画があるのを見てガッカリしている事でしょう。。。

実は、気候ネットワークが運営しているウェブサイトで「Don’t go back to the 石炭!」というものがあります。石炭には戻ってはいけない!という気持ちが名前に込められています。この映画は、僕たち気候ネットワークにとってもご縁のある映画なのです。

Global People’s Actionとは?

先週の6月26日は、横須賀石炭火力発電所建設予定地前にて、大規模なアクション、Global People’s Actionが行われました! 続きを読む 横須賀石炭火力発電所建設予定地前でアクションを実施しました!

市民のチカラで、気候変動を止める。