欧州加盟国大使、日本の気候変動対策に失望?期待?

こんにちは。東京事務所の桃井です。

日本の温室効果ガス削減目標最終調整

2020年以降の温室効果ガス削減目標案(INDCs)の国連への提出が遅れている日本ですが、先週から政府が2030年の目標案を調整しているという報道が飛び交っています。主要新聞のタイトルを並べてみると次のとおりです。

  • <朝日新聞>温室効果ガス削減、25%程度で調整 2030年の目標(2015年4月24日)
  • <産経新聞>温室効果ガス削減目標、政府が25%程度で調整(2015年4月24日)
  • <毎日新聞>温室効果ガス削減:「約25%」案 欧州水準、遠く及ばず(2015年4月25日)
  • <読売新聞>温室ガス30年度26%減目標…EU上回る水準(2015年4月25日)

朝日新聞と毎日新聞には基準年が書いていませんが、読売新聞は2013年から26%程度しています。2005年比でみると25%程度ということでしょうか。これを、読売新聞の見出しでは「EUを上回る水準」などとしていますが、1990年比で少なくとも40%削減するというEUと比べて「上回る」とするのは完全にミスリードです。90年比でみると日本のこの目標値は17~18%減に相当します。つまり、毎日新聞の「欧州水準、遠く及ばず」の方が正確な評価でしょう。

気候ネットワークでも、24 日にエネルギーミックスの割合についての問題とともに指摘するプレスリリース「意欲のない温室効果ガス削減目標は受け入れられない 原発ゼロで温暖化対策の深掘りをすべき」を発表し、エネ庁の意見箱にも提出しました。たくさんの意見を多くの人たちからどんどん出していきましょう

欧州加盟国駐日大使からの日本へのメッセージ

ところで、昨年10月には2025年の削減目標を発表し、国連にもINDCsを先行して提出したEUですが、去る4月21日に、駐日欧州連合(EU)代表部とEU加盟国大使館の主催で、COP21に向けたセミナーが開催されて、大変興味深い議論が展開されていました。

セミナーでは、EU各国が取り組んでいる気候変動政策についての紹介や「気候変動への対応が経済に悪影響を及ぼすのか」という内容で2部構成で行われました。特記しておきたいのは、出席した駐日大使(ドイツ、デンマーク、フランス、スウェーデン、英国)からは、いずれも日本が省エネ技術など削減に貢献できるポテンシャルが高いにも関わらず、気候変動対策が後退していることに対して、早期に野心的な目標を掲げるべきだという投げかけがあったことです。

 また、欧州ではビジネスに長期的な削減目標をかかげることで、ビジネス界でも温室効果ガス削減に向けて大きく変革し、経済成長とCO2削減が切り分けられていることが強調されていました。何よりも政治的な長期的ビジョンをかかげたポジティブなシグナルが重要であるということだと思います。

 気候変動の危機や原発リスクの危機を共有することなく、2030年にも原発石炭に大きく依存している今のような政府の方向性は、ビジネス界に対するシグナルとしても混乱を与えるだけではないでしょうか。

出演者など

欧州代表部による報告ページもご覧になってください。

<パネルI> EU加盟国における気候政策の実施状況

  • 駐日ドイツ連邦共和国大使 ハンス・カール・フォン・ヴェアテルン氏
  • 駐日デンマーク大使 A.カーステン・ダムスゴー氏
  • 駐日フランス大使 ティエリ-・ダナ氏
  • 駐日スウェーデン大使 マグヌス・ローバック氏
  • 駐日英国大使 T.M.ヒッチンズ氏
  • モデレーター:駐日欧州連合代表部通商部一等書記官 ウリ・ヴィエンリッヒ氏

<パネルII> 気候変動対策:業界にとっての新たなビジネスチャンス

  • 日産自動車株式会社取締役 志賀俊之氏
  • リコー株式会社サステナビリティ推進本部顧問 則武祐二氏
  • ユニリーバ ジャパンCEO兼社長 フルヴィオ・ブアルネリ氏
  • ロイヤル・ダッチ・シェル オランダ社長、ガス市場開発副社長 ディック・ベンショップ氏
  • モデレーター:共同通信社環境・開発・エネルギー問題担当・論説委員 井田徹治氏

貧困・環境問題の解決をめざすキャンペーン”action/2015″~アースデイ東京でアピール~

京都事務所の伊与田です。

きょう4月22日は「アースデイ(Earthday;地球の日)」。持続可能な社会に向けて、地球環境のことを考え、行動する日です。日本各地で関連イベントが行われるみたいですね。

アースデイ東京2015 ”Yes, Peace!”

さて、先週末の4月18~19日には、約10万人が参加する、日本最大級の環境イベント「アースデイ東京」が東京・代々木公園で開催されました。戦後70周年である今年のアースデイ東京のキャッチコピーは”Yes, Peace!”。エネルギー、食と農、経済という3つのテーマをもとに、コンサート・ライヴや、NGOやNPO、企業などによる展示などが行われました(私も参加してきました!)。

IMG_1655

続きを読む 貧困・環境問題の解決をめざすキャンペーン”action/2015″~アースデイ東京でアピール~

インターン自己紹介・フィリピンからの留学生マーヴィン

こんにちは!私はマーヴィンです。

フィリピンから、京都に留学中

フィリピンのアテネオデマニラ大学修士課程の大学院生で、国際政治を専攻しています。同じ大学の学士課程で政策科学と経済を学び、去年卒業しました。

日本では、京都大学大学院エネルギー科学研究科の研究生として在籍しています。アテネオデマニラ大学と京都大学はAUN(ASEAN University Network)に加盟していて、加盟大学間で行われる学生交換プログラム「共同指導型シングルディグリープログラム」でこちらに来ています。エネルギー社会・環境科学専攻の宇根崎博信先生の指導のもと、修士論文を書き上げるつもりです。

気候ネットワークでインターンをはじめました

日本でのアドボカシー活動を肌で感じたいと思い、インターンシップをすることにしました。気候ネットワークは生命の脅威となる気候変動を防止し、持続可能な国際社会を創ることを目的にするNGOなので、国境を越えて持続可能な社会を牽引することを学ぶことができる、またとない機会を与えてくれると思いました。

持続可能性のアドボカシー

私の主な学術的興味は、気候変動に影響しないエネルギーのあり方や、途上国の持続可能性への転換にあります。私の卒業論文の目的は、都市における持続可能なエネルギー転換の役割や行政の影響、政策立案に関する調査することでした。気候ネットワークでのインターンシップを通して、この分野に直接関係する専門的な調査研究やリアルなアドボカシーの現場を体験したいです。

このような知識は、気候変動や持続可能性の分野の最適な戦略や動向を把握する上で、グローバルな視点を与えてくれると思います。引き換えに、特に途上国の観点から、気候ネットワークに少しでも自分の知識を提供したいと思います。最終的に気候ネットワークから得られた知識や学んだことを使って、フィリピンに戻って自分が選んだキャリアパスの中で貢献したいです。

エキサイティングなインターンへ!

私は気候ネットワークでのインターンシップを実りある楽しいものにしていきたいと思っています。様々な活動やプログラムを学びたいし、組織や運営面も理解したいです。そして、インターンとして貢献したいです。私はスタッフの皆さんのこと、例えばこれまでの経験や、モチベーション、そして個人的な使命感のようなことをもっと知りたいです。

これから始まるエキサイティングなインターンシップを楽しみにしています。そして、暖かく迎えてくれた気候ネットワークに本当に感謝しています!

photo3

Konnichiwa! I am Marvin Torres Lagonera, a graduate student currently taking up my Masters degree major in Global Politics at the Ateneo de Manila University in the Philippines. I graduated my Bachelors degree in Political Science and Economics at the same university last 2014.

I am currently a research student at the Graduate School of Energy Sciences of Kyoto University. I was admitted under the AUN-KU (ASEAN University Network-Kyoto University) Student Mobility Program called “Joint Supervision Single Master Degree Program”. Under this program, I will complete my Masters thesis under the supervision of Dr Hinorobu Unesaki from the Department of Socio-Environmental Energy Science of Kyoto University.

I decided to do an internship in order to immerse myself in advocacy work in Japan. Kiko Network, a non-governmental organization (NGO) whose goal is to prevent life-threatening climate change and to build a sustainable global society, will be a unique opportunity for me to learn more about sustainability initiatives in Japan and beyond.

My main academic interests include energy security-climate change nexus and sustainability transitions in developing countries. My graduate thesis aims to examine the role and impact of governance and policy-making on urban sustainable energy transitions. An internship experience with Kiko Network will immerse me in professional research and real advocacy work directly related to this field.

Such knowledge will allow me to gain global perspective about best practices and trends in the field of climate change and sustainability. In return, I hope to be able to provide the institution with my knowledge, albeit limited, especially from the perspective of developing countries. Finally, I hope that the knowledge and learning that I can get from the institution will allow me to contribute back to the Philippines in my chosen career path.

I expect my internship at Kiko Network to be productive and enjoyable. I would like to learn about its different activities and programs, understand its organizational and administrative aspects, and be able to contribute concretely during my stay as intern. I would also like to know more about the staff – their experiences, their motivations and personal advocacies.

I am looking forward to an exciting internship with Kiko Network. I am definitely grateful to Kiko Network for warmly accepting me to their community!

銀座の画廊にて。絵画で石炭問題をアピール 

こんにちは。東京事務所の桃井です。久しぶりの投稿になります。

2015年は、COP21に向けて大切な年

今年の気候ネットワークは、年末のパリ会議(COP21)での意義ある合意をめざして”クライメート・アクション・ナウ!(Climate Action Now!)”のアクションをスタートしたり、石炭火力発電所を増やそうという日本国内の動きにストップをかけるためのキャンペーン”Don’t Go Back to the 石炭!”を展開したりとスタッフもめまぐるしく動いています。

石炭問題をアピール!絵画展示会

さて、そんな中で気候ネットワーク会員の余語盛男さんが銀座の画廊で絵画作品を展示するということで案内をいただいていたので、今日、移動の時間をつかって伺ってきました。案内には、なぜか「石炭問題もアピールしています」と書かれているので、興味も倍増でした。

絵画だというからには全て絵で描かれているのかと思ったら、数字まで使って石炭問題をアピールする文章が絵の中に書かれているのです。思わず読まずにはいられません。

DSC05541

 

自画像のまわりに、天文学、料理、パリの旅行、そして石炭問題に再生可能エネルギー、とご自身の活動を描かれてるのですね。なんとも印象的な一枚です。(ここで私は自分のカメラを忘れたことに気付き、余語さんの持っていたカメラから写真をコピーしていただいてアップしています。。)

COP21が開催されるパリの町並みの絵画も

さらにこの絵の両隣には、パリの町並みや建物が描かれた絵が数枚ずつ飾られています。これらもすべて余語さんか描かれたものですが、パリの素敵な町並みなどを見ながら、まさに2015年を象徴するような作品だなあとしみじみ感じてしまいました。さすが気候ネットワークの会員さんですよね!?

DSC05536気候ネットワークとして銀座でアピールする機会はなかなかつくれませんから、いつもの私たちのイベントとは全く違う表現方法で気候変動問題・石炭問題などを伝えていただくのはとても貴重です。

余語さん、どうもありがとうございました。

DSC05563

自然エネルギーを仕事にする

こんにちは。スタッフの豊田です。ブログでは初めて投稿となります。

今日は気候ネットワークの自然エネルギー関連の地域での支援活動について紹介します。

気候ネットワークでは、自然エネルギー普及のためには、国の高い目標と効果的な政策、そして地域でのモデルづくりが重要だと考え、政策提言とともに地域での草の根の活動支援を行っています。

全国各地の自然エネルギー普及活動

京都では事務局長の田浦が理事長で、私(豊田)も理事になっている一般社団法人「市民エネルギー京都」では京都市の公共施設や京都生協の店舗の屋根を活用して太陽光発電を設置する、パートナーシップでの市民協働発電所づくりに取り組んでいます。

 

福島では、大阪の自然エネルギー市民の会のメンバーとして、福島県農民連と協働して2013年9月に50kWの太陽光発電所を、そして先日の2015年2月には2号機目となる200kWの太陽光発電所を、それぞれ全国の市民からの出資によって設置しています。こうした動きを始めとし、福島では農民連を中心に、農家によるエネルギー革命が広がっています!

 

奈良県では、一般社団法人地域未来エネルギー奈良がならコープの本部事務所の屋上に市民共同太陽光発電(50kW)を設置するとともに、自然エネルギー学校・ならの開催や奈良県内での自然エネルギーをテーマにした地域活動の支援を行っています。

岡山県では、おかやまエネルギーの未来を考える会が新たな発電所の設置を行政と協働しながら進めています。

この他にも、釧路、鳥取、島根、大阪、和歌山、兵庫、山形、広島、愛媛、香川などさまざまな地域での発電所づくりのための取り組みが進んでいます。 こうした取り組みへのノウハウ提供やアドバイスなどを中心とした支援活動を行っています。 これから自然エネルギーを活用した地域づくりを始めたい、市民・地域共同発電所について詳しく知りたいという方は、豊田まで遠慮なくお問合せ下さい。

新刊!『エネルギーの世界を変える。22人の仕事~事業・政策・研究の先駆者たち』

また、この度こうした取組の内容について、私同様に全国で自然エネルギー普及のために活躍している若手の実践者・研究者の方々とともに、書籍で紹介させていただく機会をいただきました。

その名も『エネルギーの世界を変える。22人の仕事~事業・政策・研究の先駆者たち』(学芸出版)で、2015年4月25日の発売です!

この書籍、自分の部分は兎も角として、他の21人の原稿が面白いです!熱い気持ちが伝わってきます。 皆さんに、中でも自然エネルギーに関心のある若い方に、是非とも読んでもらいたい一冊です。

詳しくは学芸出版ホームページをご覧ください。
Amazonでも予約販売始まっています。

また、4月11日には出版記念セミナーを開催します。

【 REAL 】―自然エネルギー業界に就職する!~多様化する自然エネルギービジネスの未来

2015年4月11日(土)【 REAL 】―自然エネルギー業界に就職する! 多様化する自然エネルギービジネスの未来

私も登壇させていただきますので、イベント会場でお会いさせていただければ幸いです。