自然エネルギーを仕事にする

こんにちは。スタッフの豊田です。ブログでは初めて投稿となります。

今日は気候ネットワークの自然エネルギー関連の地域での支援活動について紹介します。

気候ネットワークでは、自然エネルギー普及のためには、国の高い目標と効果的な政策、そして地域でのモデルづくりが重要だと考え、政策提言とともに地域での草の根の活動支援を行っています。

全国各地の自然エネルギー普及活動

京都では事務局長の田浦が理事長で、私(豊田)も理事になっている一般社団法人「市民エネルギー京都」では京都市の公共施設や京都生協の店舗の屋根を活用して太陽光発電を設置する、パートナーシップでの市民協働発電所づくりに取り組んでいます。

 

福島では、大阪の自然エネルギー市民の会のメンバーとして、福島県農民連と協働して2013年9月に50kWの太陽光発電所を、そして先日の2015年2月には2号機目となる200kWの太陽光発電所を、それぞれ全国の市民からの出資によって設置しています。こうした動きを始めとし、福島では農民連を中心に、農家によるエネルギー革命が広がっています!

 

奈良県では、一般社団法人地域未来エネルギー奈良がならコープの本部事務所の屋上に市民共同太陽光発電(50kW)を設置するとともに、自然エネルギー学校・ならの開催や奈良県内での自然エネルギーをテーマにした地域活動の支援を行っています。

岡山県では、おかやまエネルギーの未来を考える会が新たな発電所の設置を行政と協働しながら進めています。

この他にも、釧路、鳥取、島根、大阪、和歌山、兵庫、山形、広島、愛媛、香川などさまざまな地域での発電所づくりのための取り組みが進んでいます。 こうした取り組みへのノウハウ提供やアドバイスなどを中心とした支援活動を行っています。 これから自然エネルギーを活用した地域づくりを始めたい、市民・地域共同発電所について詳しく知りたいという方は、豊田まで遠慮なくお問合せ下さい。

新刊!『エネルギーの世界を変える。22人の仕事~事業・政策・研究の先駆者たち』

また、この度こうした取組の内容について、私同様に全国で自然エネルギー普及のために活躍している若手の実践者・研究者の方々とともに、書籍で紹介させていただく機会をいただきました。

その名も『エネルギーの世界を変える。22人の仕事~事業・政策・研究の先駆者たち』(学芸出版)で、2015年4月25日の発売です!

この書籍、自分の部分は兎も角として、他の21人の原稿が面白いです!熱い気持ちが伝わってきます。 皆さんに、中でも自然エネルギーに関心のある若い方に、是非とも読んでもらいたい一冊です。

詳しくは学芸出版ホームページをご覧ください。
Amazonでも予約販売始まっています。

また、4月11日には出版記念セミナーを開催します。

【 REAL 】―自然エネルギー業界に就職する!~多様化する自然エネルギービジネスの未来

2015年4月11日(土)【 REAL 】―自然エネルギー業界に就職する! 多様化する自然エネルギービジネスの未来

私も登壇させていただきますので、イベント会場でお会いさせていただければ幸いです。