インターン自己紹介・フィリピンからの留学生マーヴィン

こんにちは!私はマーヴィンです。

フィリピンから、京都に留学中

フィリピンのアテネオデマニラ大学修士課程の大学院生で、国際政治を専攻しています。同じ大学の学士課程で政策科学と経済を学び、去年卒業しました。

日本では、京都大学大学院エネルギー科学研究科の研究生として在籍しています。アテネオデマニラ大学と京都大学はAUN(ASEAN University Network)に加盟していて、加盟大学間で行われる学生交換プログラム「共同指導型シングルディグリープログラム」でこちらに来ています。エネルギー社会・環境科学専攻の宇根崎博信先生の指導のもと、修士論文を書き上げるつもりです。

気候ネットワークでインターンをはじめました

日本でのアドボカシー活動を肌で感じたいと思い、インターンシップをすることにしました。気候ネットワークは生命の脅威となる気候変動を防止し、持続可能な国際社会を創ることを目的にするNGOなので、国境を越えて持続可能な社会を牽引することを学ぶことができる、またとない機会を与えてくれると思いました。

持続可能性のアドボカシー

私の主な学術的興味は、気候変動に影響しないエネルギーのあり方や、途上国の持続可能性への転換にあります。私の卒業論文の目的は、都市における持続可能なエネルギー転換の役割や行政の影響、政策立案に関する調査することでした。気候ネットワークでのインターンシップを通して、この分野に直接関係する専門的な調査研究やリアルなアドボカシーの現場を体験したいです。

このような知識は、気候変動や持続可能性の分野の最適な戦略や動向を把握する上で、グローバルな視点を与えてくれると思います。引き換えに、特に途上国の観点から、気候ネットワークに少しでも自分の知識を提供したいと思います。最終的に気候ネットワークから得られた知識や学んだことを使って、フィリピンに戻って自分が選んだキャリアパスの中で貢献したいです。

エキサイティングなインターンへ!

私は気候ネットワークでのインターンシップを実りある楽しいものにしていきたいと思っています。様々な活動やプログラムを学びたいし、組織や運営面も理解したいです。そして、インターンとして貢献したいです。私はスタッフの皆さんのこと、例えばこれまでの経験や、モチベーション、そして個人的な使命感のようなことをもっと知りたいです。

これから始まるエキサイティングなインターンシップを楽しみにしています。そして、暖かく迎えてくれた気候ネットワークに本当に感謝しています!

photo3

Konnichiwa! I am Marvin Torres Lagonera, a graduate student currently taking up my Masters degree major in Global Politics at the Ateneo de Manila University in the Philippines. I graduated my Bachelors degree in Political Science and Economics at the same university last 2014.

I am currently a research student at the Graduate School of Energy Sciences of Kyoto University. I was admitted under the AUN-KU (ASEAN University Network-Kyoto University) Student Mobility Program called “Joint Supervision Single Master Degree Program”. Under this program, I will complete my Masters thesis under the supervision of Dr Hinorobu Unesaki from the Department of Socio-Environmental Energy Science of Kyoto University.

I decided to do an internship in order to immerse myself in advocacy work in Japan. Kiko Network, a non-governmental organization (NGO) whose goal is to prevent life-threatening climate change and to build a sustainable global society, will be a unique opportunity for me to learn more about sustainability initiatives in Japan and beyond.

My main academic interests include energy security-climate change nexus and sustainability transitions in developing countries. My graduate thesis aims to examine the role and impact of governance and policy-making on urban sustainable energy transitions. An internship experience with Kiko Network will immerse me in professional research and real advocacy work directly related to this field.

Such knowledge will allow me to gain global perspective about best practices and trends in the field of climate change and sustainability. In return, I hope to be able to provide the institution with my knowledge, albeit limited, especially from the perspective of developing countries. Finally, I hope that the knowledge and learning that I can get from the institution will allow me to contribute back to the Philippines in my chosen career path.

I expect my internship at Kiko Network to be productive and enjoyable. I would like to learn about its different activities and programs, understand its organizational and administrative aspects, and be able to contribute concretely during my stay as intern. I would also like to know more about the staff – their experiences, their motivations and personal advocacies.

I am looking forward to an exciting internship with Kiko Network. I am definitely grateful to Kiko Network for warmly accepting me to their community!