横須賀石炭火力発電所の計画中止を求めて、国を提訴しました!

Pocket

皆さんこんにちは!

東京事務所にてインターンシップをしているテイラーです。

横須賀石炭火力発電所の計画中止を求める行政訴訟、はじめました

先月の27日に、横須賀石炭火力発電所の計画中止を求める行政訴訟を提起したのをご存知でしょうか?パリ協定に向かって石炭火力発電所を新規で建設するべきではないにもかかわらず、そして地域住民が直接的に受ける大気汚染の影響もあり、多方面から問題の多い石炭火力の計画を認めた国に対して法的に歯止めをかける大きなステップです。

横須賀石炭火力行政訴訟について詳しく知りたい方は下記のリンクから情報ピックアップしてみて下さい。

【横須賀】JERAの新設石炭火力発電所について行政訴訟を提起~横須賀石炭火力発電所の新設は許されない~

若い世代から、気候危機の解決のために声をあげる

僕も神奈川県内に在住しているので、唯一の20代原告として参加しました(最年少はなんと7歳!)。

気候変動問題は今日明日のような短期的な出来事ではなく、10年後、さらに100年後まで続く長期的な問題であります。何より、影響が出てからは時すでに遅し。短時間で解決できないことから、早くから行動し、実際に気候変動の影響を受ける若い世代の人達がより声を上げて戦わなければいけません。

横須賀の脱石炭裁判は傍聴可能。ぜひ参加を!

8月に予定されている裁判では、原告のみならず環境や法律を勉強している現役大学生にも社会勉強として傍聴しに参加して頂きたいと思います。このブログをご覧の方も、裁判に一度来てみてはいかがでしょうか?詳しい情報は公開され次第、お伝え致します。

G20大阪サミット直前に、横須賀石炭火力発電所計画地の前でアクションします!

なんと、横須賀石炭火力発電所の前で6月26日にアクションを行います!JERAが建設を進める実際の現場に行って、皆さんで計画中止の声をあげましょう!(申し込みをお願いしています

 

ではここで一句

            ・・・・・・            パリ協定?     やっぱり今日って    暑いよね

パリ協定とは気温上昇を1.5度以内に収める世界各国が同意したルールです。こんなにシンプルなゴールを掲げたにもかかわらず、石炭火力発電所を新規建設しCO2を排出し続ける日本。この現状に違和感を感じませんか?そう思ったらこの事をちょっと広めてみてください。早速、今夜の食卓から。」