新しいスタートに向けたご挨拶(平田仁子)

(English below)

私事で恐縮ですが、こちらのブログを通じて、本日をもって気候ネットワークを退職しますことをお知らせさせていただきます。

私が気候ネットワークに参加したのはCOP3後の団体設立時でしたので、約四半世紀という自身の人生のほぼ半分にあたる時間をともに歩んできました。この間、さまざまな方と出会い、学び、議論し、また、たくさんの励ましや応援をいただきました。気候変動はどこまでいっても奥深いテーマであり、この問題にぶれずに向き合い続ける機会を与えてくれた気候ネットワークという場こそが、私を育ててくれました。

日本におけるNGOの位置はこの数十年の間にいくらかの変化があり、力を備えてきたと思いますが、今でも厳しいことには変わりありません。社会における認知や参加・支援の輪も、問題の大きさに照らせば全く足りません。それでも、知恵を絞り、協力者とともに取り組んできたことで得られた成果や見えてきたこともあります。今年2021年にゴールドマン環境賞の受賞に至ったのも、継続したチームワークがあったからこそだと思っています。

しかし、気候変動を巡る情勢は一層厳しく、今、重要な局面を迎えています。日本のNGOとしての気候ネットワークの役割は今まで以上に重要になっています。浅岡代表とスタッフがその役割を担い、仲間を増やし、この大きなチャレンジに力強く取り組んでいけるよう、引き続きのご支援をお願いいたします。

私自身の目線も変わらず市民社会にあります。これからも理事として気候ネットワークを応援しながら、今後、私自身が果たせることを見定め、2022年に新しい形でのスタートを切りたいと考えています。そして、市民社会を育んでいくことを通じて困難を乗り越えていけるよう、大きな希望を持って歩んでまいります。

感謝の気持ちはとても言い尽くせませんが、これまで様々な形でお世話になった皆様に心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

今後につきましては、LinkedInもしくはツイッター(@kimihirata)でお知らせいたします。

平田仁子

My Departure and New Journey

Dear all,

Please allow me to use this blog space to discuss something personal and announce that today will be my final day at Kiko Network.

I joined Kiko Network from its start just after COP3 in 1998. Since then, I have spent almost half my life with Kiko Network, which has provided me a space to dedicate myself to the complex and multi-faceted issue of climate change. During this journey, I have met many people, talked with them, received encouragement and support from them, and learned from them. Through this work, I have grown both professionally and personally.

The position of NGOs in Japan has grown stronger over the last few decades, but many challenges still remain. In light of the scale of this issue, social awareness, public participation and support are still not sufficient. Nevertheless, even with limited capacity, we have been able to achieve a great deal and gain many new insights through the wisdom and efforts of our supporters and collaborators. Being awarded the Goldman Environmental Prize in 2021 is proof of the power of our network.

We are now facing an unprecedented climate crisis, and in this critical moment the role of Kiko Network as a Japanese NGO is more crucial than ever. I’m confident that Mie Asaoka and my colleagues at Kiko Network will continue to work hard to tackle these immense challenges. Please continue to support us and our work; I will continue to do so as a Board Member, too.

Now, I will take a new step and once again challenge what I believe I can do. I will continue to be closely engaged with civil society and climate work, and I hope that we will walk forward together in overcoming these challenges of our time, affirming our belief that change is possible.

To follow me on my next steps, please find me on LinkedIn or my Twitter (@kimikohirata).

Thank you all.

Kimiko Hirata