深水 のすべての投稿

「長く着る」をトレンドに 進化型古着屋が提案する新しいファッションの形

連続オンラインセミナー「2030年の私のために、今できること」第6回は (株)ヒューマンフォーラム 進化型古着屋“森”ディレクターの井垣敦資さんをお迎えし、「環境」×「ファッション」をテーマに熱い想いを語っていただきました。

ファッション・古着業界の現状

ファッションってそもそも何?
井垣敦資氏  ㈱ヒューマンフォーラム 進化型古着屋”森”ディレクター 兵庫県姫路市出身。ファッション業界で23年、数々のブランドに携わり現在は「進化型古着屋 森」、RECIRCLE STUDIOのディレクションを⼿がける。2020年 12⽉より京都のユースカルチャーを発信するメディアOUT in KYOTO編集長

最近のファッションで思い浮かべるのは、ファストファッション、流行、トレンドなど華やかなイメーだと思います。反面、ファッション産業は石油産業に次いで環境を汚染していると言われ、ネガティブなイメージを持つ人もいるかもしれません。一般的に、特定の人に受け入れられ普及した社会現象や生活様式をファッションと言います。ファッションの語源はラテン語factioで、もともとは「作ること」「事を成す」という意味です。社会情勢や時代の空気とともに移り変わる、これがファッションの醍醐味です。原料から流行の服へと変化する過程で色々な付加価値を発生させ、大きく経済を動かすのがファッション産業です。ちなみに、アパレルという言葉は、フランス語のappreiller(適合させるという意味)に由来します。ファッションとアパレルは似ているようで意味は違います。1950年代以降、アパレルとは既存服の市場のことを言います。

アパレルの需給バランスを年代別に見ると

2018年、国内生産と海外からの輸入を合わせ29億着の服が日本で調達されています。1990年は11.9億着なので、過去30年で約3倍に調達数量が増えたことになります。消費数量は、2018年は13億着、1990年は11.5億着なので大きくは増えていません。1年間で1人あたり23着の服が作られ、消費されるのは13.5着です。つまり、たくさん作られ、あまり買われずに、捨てられている、これがアパレル業界の現状です。

不要になった服はどうなる?

家庭で不要になった衣料の70%は燃えるごみや燃えないごみとして処分され、30%はリユース・リサイクル目的で回収されています。リユース・リサイクル目的のうち、11%を占めるのが市町村による資源回収や、補助金を受けた団体が実施する集団回収です。最近では店頭での回収、消費者がネットオークションや、リユースショップを通じて直接売ることも増えてきています。

海外に輸出される中古衣料

消費者から回収された中古衣料は古紙問屋業者を経て、故繊維業者から再販売や輸出されています。中古衣料の日本の総輸出量は1990年で5.4万トン、2018年には約5倍の24万トンに増えています。中古衣料はアメリカ、イギリス、ドイツなどからも輸出されています。つまり、たくさん作られ、あまり売れなくて、国内では処理しきれずそれを輸出しているのです。一方、パキスタンやマレーシア、ガーナ、ケニアなど中古衣料を多く輸入しています。日本が高度成長期には繊維産業で国が栄えたように、国の発展のためには繊維産業は欠かせません。しかし、良質な古着が海外から輸入されているアフリカの国々では繊維産業はなかなか発展していません。なぜなら、丈夫でスマートな中古の服を着ていたほうがいいという価値観になっていて、アフリカの繊維産業が盛り上がらないという現状があるからです。これが古着業界で起こっていることです。

USEDを拡張する進化型古着屋“森”の取組み

これまでシーズンごとに新しいトレンドを作ってカラーや素材を打ち出し、消費を促してきました。マーケットが求めるからどんどん作るのがファッション産業の構造でした。しかしコロナによって、今ファッション産業が変わろうとしています。

京都市北部の京北町にて。モデルは全て古着を着用。㈱ヒューマンフォーラムはこの町で13年前から無農薬米を栽培し、同社が運営するmumokuteki cafe で提供している。
長く洋服を着ることを文化に

単純に、みんなが長く洋服を着るのがいいと思うことで、ファッション産業が変わるだろうと考えました。そして、古着を扱っている僕たちがもう一度立ち返って、“森”でやりたい古着のありかたを始めたのが2019年3月です。僕たちも少なからずコロナの影響を受け、2020年12月に大阪から京都に移転しました。“森”が普通の古着屋と違うのはRE;CIRCLE STUDIOというリメイクスタジオが店内にあることです。そこでは洋服のお直しやカスタマイズをお客さんから受けたり、汚れたり破れたりした洋服をリメイクしアップサイクルして商品として出し直しています。“森”で大事にしているのは、「洋服を長く着ることを文化にしたい」という思いです。このファッション産業に対する全く違う価値観でビジネスをやっていけるのかという話もあります。しかし、いくらファッションがサステナビリティ、トレーサビリティを追求し、色んな新技術を駆使したとしても、みんなの価値観が変わらない限りそれは続いていくのではないかと僕たちは考えました。そして、扱っている古着に意味をもう一度持たすために6つのREを提供することにしました。

RE;THINK   意味を捉える、ストーリーを作る
アランセーターには安全と大漁を願う女性たちの祈りが込められている。

たとえば、古着のアランセーター。アランニットはフィッシャーマンニットとも呼ばれ、荒れた海に漁へ出る夫の安全と大漁を祈ってアラン諸島の女性たちによって編まれたニットです。もしも漁師が亡くなった時、着ているセーターで誰か判るように、家紋のように家庭ごとに編み柄が違います。こうやってストーリーを与えることで、服に対しての愛着が湧くと僕たちは考えています。古着の可能性を伝えていく場として、店頭でお客さんとのコミュニケーションも大切にしています。

RE;MAKE   再び作る

“森”店内のリーサークルスタジオでリメイクもしています。アランセーターの汚れているところ、破れているところを継ぎ合わせて、パッチワークのニットにアップサイクルしています。今、人気があるのが、京都紋付さんと協業して、黒より黒い深黒染(しんくろぞめ)です。ベージュの汚れたセーターも、黒染めによってきれいに生まれ変わりました。

RE;CIARCLE STUDIOでアランニットをパッチワークでアップサイクル
黒染めにより、新黒に生まれ変わった

RE;NTAL   共有する

洋服を長く着ることに共感してもらいたいという思いから、レンタルサービス、サブスクリプションサービスを始めました。森メンバーズは月額5000円で古着を5点レンタルできます。リペアやお直しが1点まで無料、黒染めが特別価格でできます。今はコロナでワークショップができませんが、藍染め、リネンの機織りなどのワークショップにも無料で参加できます。

RE;CREATE   未来のUSEDを作る

リクリエイトは、未来のビンテージを作ること。mori kinseiというブランドで、国内で、カットソーとコートを作っています。10年着られるカットソーを目指し、肉厚の生地でよれない、のびないように首回りを何回もサンプルアップして作りました。匂いやシミや黄ばみが出ないように、抗ウイルス加工を施しました。コートも10年20年着てほつれたら直すということを文化にしたいという思いで時間をかけて作っています。“森”はただの古着屋ではありません。洋服を長く着る文化を創るために、いろいろなサービスや商品を開発しているところです。

これからの世の中に対して、大事な話

次に最近のファッション業界全体についてお話します。コロナになってから、特に都心部でも、大企業の倒産や閉店が起きています。例えコロナがなかったとしても、こうなっていたのかなというのが僕の個人的な意見です。成長し続けなければならないという経済の下、売れないものも欲しいと思わせ、大量に作って、消費し、捨てるということをしてきました。しかし、それは持続可能ではありません。これまでの経済が限界に来ているように思えます。そうではない社会のあり方を模索していく必要性が、特にファッション業界にはあると思っています。だから僕たちは、古着に意味を持たせて長く着るという価値観にシフトする啓蒙活動をやろうとしているのです。

ファッションだからできること

ファッションは時代の空気を捉えて作り出す物だと僕は思っています。生活必需品のみ売れるということが、今マーケットで起きてきています。しかし、個人的には意味のあるもの、ある種無駄なものも大事だと思っています。機能性や利便性だけではなく、誰かに語りたくなるようなストーリーがあるもの、愛着を持って着続けられるものはきっと皆さんにもあるはずです。それを探してほしいのです。ものを選ぶこと、買うこと、あるいは逆に買わないことも、深く動機を考えることが大切です。むちゃくちゃ好きなもの、応援したいものにお金を使うことは、これからの世の中を形作っていくと思います。ファッションにはこれからの時代に必要な価値観を伝播していく力があります。ファッションの語源は「事を成す」です。ファッションを通じて持続可能な社会を、僕たちの観点から提案し続けていきたいと思っています。

セミナーご参加のみなさま、ありがとうございました!

●進化型古着屋”森”さんの素敵な取組みをもっと知りたい方は、こちらのURLからアクセスしてください。
株式会社ヒューマンフォーラム:https://www.humanforum.co.jp/進化型古着屋”森”: https://mori-store.net/

京都エコマップを立ち上げた、ロビンさんとルークさんの思い

京都事務所の深水です。
2020年6月からスタートした連続オンラインセミナー「2030年の私のために、今できること」を担当しています。このセミナーでは脱炭素社会の実現に向けて、「電気」「食」「防災」など暮らしに身近なテーマから、すぐにできるアクションを提案しています。

第5回は「自分の住む街のエコを知ろう!」をテーマにお届けしました。アメリカ人のロビンさんとイギリス人と日本人のハーフのルークさん、一般市民の立場から二人が手掛けた「京都エコマップ」にはどのような思いがこめられているのでしょうか。二人にお話をうかがいました。 続きを読む 京都エコマップを立ち上げた、ロビンさんとルークさんの思い

持続可能な未来のために、今こそ行動を! 「JAMMIN×KIKO NETWORK」チャリティーTシャツ 3月29日まで販売

京都事務所の深水です。環境教育を担当して10年になります。

思いを込めてチャリティーコラボ企画に挑戦!

今日は、気候ネットワークとJAMMINさんのコラボで実現した、チャリティーTシャツを紹介します。

写真は、3月23日から3月29日の1週間、限定販売されている気候ネットワークのオリジナルデザインTシャツです。このTシャツの売上の一部が気候ネットワークに寄付されます。 

京都発のチャリティーブランドJAMMINさん

今回、このコラボ企画をご提案してくださったのは京都発チャリティー専門ファッションブランドのJAMMINさんです。”社会をよくしたいと思う人の気持ちを、少しずつ・たくさん集めて、ちょっとだけ世界を変えていくチャリティーブランド”です。ブランドの立ち上げ以来、300以上のNGO/NPOとのチャリティーコラボTシャツを販売し、チャリティー期間の売り上げの一部をその団体に寄付されています。これまでのチャリティー総額は4,300万円を超えるという、ファッショナブルでありながらも社会的かつ躍動的で、とても素敵な理念を持った会社です。

デザインに込められた想い

JAMMINのスタッフさんがヒアリングのために気候ネットワークに来所されたのは2月の寒い日のことでした。気候ネットの事務所では間伐材から作られた京都産木質ペレットを燃料に使ったペレットストーブで暖をとっているのですが、お二人はそこにとても興味を持たれたようでした。その日の取材の様子はJAMMINさんのホームページの「This week charity」に掲載されています。

ヒアリングでは、気候ネットワークの設立経緯や活動方針、そして脱炭素社会の実現に向けたこれまでの取組みについて、じっくりと耳を傾けてくださったお二人。そして気候ネットワークの想いを描いてくださったのがこちらのデザインです。

JAMMIN×KIKO NETWORKオリジナルデザインTシャツ。国産コットン100%で生産過程でも環境に配慮されている。3/23~3/29までの限定販売。https://jammin.co.jp/

一枚の葉っぱの上に描かれた、自然と都市とが共存する街。
葉一枚は小さいけれど、それぞれが枝、幹、そして一本の木とつながっている。
一本の木を地球と見立て、私たちの生活やコミュニティの中で、小さな一つひとつを意識してアクションしていくことが、地球温暖化を食い止めることにつながるというメッセージを表しました。
Design by DLOPさん

Tシャツにデザインされている、“Act now for a sustainable future”は「持続可能な未来のために、今動こう」というメッセージです。

これまで市民の皆さんとともに気候変動問題に対して様々なアクションを起こしてきた気候ネットワークですが、この企画を通して初めて出会うみなさんもいらっしゃると思います。様々なシーンで出会う人々にこのデザインに込めたメッセージが届くように、このブログをお読みくださったあなたがインフルエンサーになって、社会を動かす一歩につなげてください。

錦市場にて。今春、気候インターンを卒業した塚本くん。

チャリティーTシャツを買えるのは、1週間限定

今回はチャリティーということで、Tシャツの売上の一部が気候ネットワークに届けられます。

気候ネットワークに集まったチャリティーは、自然エネルギー100%の時代の実現に向けて、国や企業への提言だけでなく、各地域にプロフェッショナルな人を増やし、自然エネルギーを導入し、根付かせていく活動を支援するための資金とさせていただきます。

3月27日現在、目標の84% 83,530円のチャリティーが集まっています!持続可能な未来のために、引き続きみなさまからの応援をよろしくおねがいします。

チャリティーTシャツは3月23日から3月29日までの1週間限定でJAMMINさんのホームページで販売されています。Tシャツは好きな色や形が選べます。またパーカー、トートバッグなどたくさんのアイテムが揃っていますので、ぜひオンラインショップを訪れてみてください。

JAMMINオンラインショップ https://jammin.co.jp/

撮影秘話ありのSNSをみて「いいね・シェア」しよう!

今回Facebook、Instagram、TwitterでTシャツを着たスタッフを紹介しています。普段の活動では披露したことがない?表情をした「とっておき」写真もあります。3月29日までカラフルな個性を持つスタッフの面々や、気候ネットワークを応援している人たちが登場しますので、こちらもお楽しみにしてください。そして、SNSをご覧になったら、ぜひとも「いいね・シェア」もお願いします。こちらは1「いいね・シェア」ごとに10円が気候ネットワークに届けられます。

気候ネットワーク

Facebook<https://www.facebook.com/kikonetwork>
instagram:  kikonetwork
twitter: @kikonetwork

Special thanks to JAMMIN&支援者のみなさま

このキャンペーンの期間中、Yahoo・オルタナSでも気候ネットワークが紹介されました。 

オルタナS
http://alternas.jp/study/news/79621
ヤフーニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200323-00010000-alterna-soci

今回のコラボを通じて気候ネットワークの活動を広めるチャンスを与えてくださったJAMMINさんには心から感謝しています。また、ここまでブログを読んでくださったみなさま、ありがとうございました。引き続き気候ネットワークへのご支援をよろしくお願いします。

気候ネットワークと一緒にサスティナブルな脱炭素社会の実現を目指していきましょう。

持続可能な未来のために、ジャンプ!

【こどもエコライフチャレンジ】日の出・日の入りと、私たちの生活時間について調べてみましょう

こどもエコライフチャレンジワークブック11ページの取り組みを説明します。
下のリンクをクリックして、動画にアクセスしてください。
★【動画】日の出・日の入りと私たちの生活時間について調べてみよう。
https://youtu.be/sUSOWNPH1uE

 

【こどもエコライフチャレンジ】ワークブッククイズ解説

ワークブックのクイズにチャレンジしたみなさん、クイズをやってみてどうでしたか? ここでは、クイズのくわしい解説をします。まずは、クイズの解説を読んでみて、友達や家の人にもクイズを出してみましょう。 

クイズ1
地球温暖化の原因はなんでしょう?
 A:地球と太陽の距離が近づいたこと
 B:便利なくらしをしてCO2がふえたこと
 C:火山のふん火

正解は「B:便利なくらしをしてCO2がふえたこと」です。
<解説>
ワークブックの4ページの説明のように、地球温暖化の主な原因になっているCO2(二酸化炭素)のほとんどは、石油、石炭、天然ガスなどの化石燃料(かせきねんりょう)を燃やすことで出ています。電気を作るため、料理やおふろをわかす時、ゴミを燃やす時、自動車を使うこともCO2がでます。つまり、私たちの便利なくらしからたくさんのCO2が出て、地球温暖化につながっているのです。

クイズ2
京都市で集められる使用ずみ天ぷら油は何にリサイクルされるでしょう?
 A:ろうそく
 B:動物のエサ
 C:ゴミ収集車の燃料(ねんりょう)

正解は「C:ゴミ収集車の燃料」です。
<解説>
京都市では、1年間で17万リットル以上の使用ずみ天ぷら油が回収されています。集められた使用ずみ天ぷら油は「バイオディーゼル燃料」にリサイクルしています。このバイオディーゼル燃料は、軽油の代わりに使用し、ゴミ収集や市バスの燃料として使われています。くわしくは次のホームページをごらんください。
▼京都市:バイオディーゼル燃料化事業
https://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000000008.html

クイズ3
京都市で1日に出されるごみの量はどれくらいでしょうか?
 A:教室10室分
 B:教室23室分
 C:教室46室分

正解は「C:教室46室分」です。
<解説>
京都市では1日で、1143トン(2016年度)のごみが出ています。これは京都市のゴミ収集車(2t積みのパッカー車)では582台分になり、教室に入れてみたとすれば46教室分になります。
詳しくは京都市環境副読本小学校4年生用の6ページを参考にしてください。次のホームページからもみることができます。
▼京都市環境副読本小学校4年生用
https://www.miyako-eco.jp/wp-content/files_huge/publication/advice/h30_sho4.pdf

クイズ4
日本で1ヶ月に使われるペットボトルをつなぐと、どれくらいの距離になるでしょうか?
 A:沖縄から北海道までの距離
 B:日本からアメリカまでの距離
 C:地球から月までの距離

正解は「C:地球から月までの距離」です。
<解説>
日本はアメリカに次いで、一人あたりのプラスチック製容器包装(ようきほうそう)の廃棄量(はいきりょう)が多い国です。京都市民は1年間で180本のペットボトルを消費していると言われています。
▼くわしくは、京都市の使い捨てプラスチック削減チラシから見ることができます。
http://kyoto-kogomi.net/projects/plastic/

クイズ5
京都市の小学校の給食で飲まれている牛乳の紙パックは,回収されたあとどうなるでしょうか。
 A:ごみをもやす燃料にする
 B:トイレットペーパーを作る
 C:体そう服を作る

正解は「B:トイレットペーパーを作る」です。
<解説>
京都市立小学校、中学校、総合支援学校に通う児童・生徒が飲んだ後の牛乳パックは回収された後、「めぐレットペーパー」というトイレットペーパーに生まれかわります。この取り組みによって年間約120トンもの牛乳パックがリサイクルされているんですよ。みなさんの学校でも使われているかもしれませんね。

次のホームページから、牛乳パックがトイレットペーパーに生まれかわるまでを見ることができます。
▼京都市ごみ減量推進会議
https://kyoto-gomigen.jp/works/12.html

クイズ6
冬至(とうじ)はどんな日でしょう。
 A:1年でいちばん寒い日
 B:1年でいちばん昼が短い日
 C:1年でいちばん明るい日

正解は「B:1年でいちばん昼が短い日」です。
<解説>
冬至は1年でいちばん昼が短い日のことです。2020年の冬至は12月21日で、京都府の日の出は7時1分、日の入りは16時49分です。(国立天文台データより。)その日をさかいにいちばん昼が長くなる夏至(げし、2021年は6月21日)まで少しずつ昼が長くなっていきます。冬は夜が長く気温も低いので、電気やだんぼうの使いかたを家の人といっしょに工夫してみましょう。
▼国立天文台
https://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/dni/2020/s2712.html

クイズ7
いちばん多くCO2を出す暖房器具(だんぼうきぐ)はどれ?
 A:電気ストーブ
 B:エアコン
 C:ガスストーブ

正解は「A:電気ストーブ」です。
<解説>
それぞれの暖房器具を1時間使うときに出るCO2は、電気ストーブは1559g、エアコンは445g、ガスストーブは594gです。(京都府地球温暖化防止活動推進センターより。注意:使う暖房器具の種類や、部屋のだんねつの状態や室温よって実際のCO2が出る量は変わります)電気ストーブはすぐに温かくなりますが、たくさんCO2を出します。エアコンは温まるまでに少し時間がかかりますが、CO2の排出(はいしゅつ)は他の暖房器具より少なくてすみます。暖房器具の特ちょうを知って、エコな使い方を工夫しましょう。

▼ひのでやエコライフ研究所
https://www.hinodeya-ecolife.com/ecowiki/176.html ▼全国地球温暖化防止活動推進センター「家庭ですぐ出来る冬の節CO2マニュアル」:P7
https://www.jccca.org/news/20111006.pdf

クイズ8
発電するときにCO2を出さないエネルギーはどれ?
 A:水力
 B:風力
 C:太陽光
 D:石油
 E:石炭

正解は「A:水力 B:風力 C:太陽光」です。
<解説>
水力、風力、太陽光、地熱、バイオマスなど自然にあるものを利用して電気を作ることができるものを自然エネルギーといいます。自然エネルギーで電気を作るときは地球温暖化の原因となるCO2が出ません。自分たちが使う電気をぜんぶ自然エネルギーにきりかえることを目指す国や地域、また企業や会社がどんどんふえています。

クイズ9
1人が1km 移動するときに,いちばん多くCO2を出す乗り物はどれでしょう。
 A:自動車
 B:バス
 C:電車

正解は「A:自動車」です。
<解説>
一人が1キロ移動する時、乗り物によってCO2を出す量が変わります。自動車では133g、バスは54g、電車(鉄道)だと18gです。自動車は短時間でもたくさんのCO2が出ます。1日10分自動車に乗る時間をへらすことを1年間続けると、410kgのCO2をへらすことができるんですよ。移動するときは、乗り物をえらびましょう。
▼環境省:運輸部門における二酸化炭素排出量https://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/environment/sosei_environment_tk_000007.html

クイズ10
いちごの旬はいつでしょう?
 A:春から初夏
 B:秋
 C:冬

正解は「A:春から初夏」です。
<解説>
いちごの旬は3月~5月ごろです。いちごの実があまくなるのは15℃くらいだと言われています。たくさんとれる3月から5月にかけては、お店でもたくさん売られていますね。
京都で売られているいちごの大部分は温かい九州から運ばれてきますが、寒い時期(12月~2月ごろ)には、ビニールハウスの中をだんぼうで温めてさいばいされています。また、真夏のような暑い時期は、外国から飛行機で運ばれてくるそうです。つまり、旬以外の時期に売られているいちごは電気や熱などのエネルギーをたくさん使って育てることになります旬のものをえらんで食べることは、実はとってもエコなんですよ。

クイズ11
いちばんエコな飲み物容器(ようき)はどれ?
 A:紙パック
 B:ペットボトル
 C:びん

正解は「A:紙パック」です。
<解説>
容器を「作るとき」「運ぶとき」「リサイクルするとき」の容器の一生を考えると、いちばんCO2を出さないのは紙パックです。紙パックの原料は木で、他の容器とくらべると低い温度で作ることができます。つまり紙パックを作る時のエネルギー(電気や熱)がペットボトルやびんと比べて少ないので、作る時に出るCO2の量もいちばん少ないのです。これはリサイクルするときも同じです。また紙パックは軽いので、運ぶ時のエネルギーもあまりかかりません。飲み物を買うときには、容器もえらびましょう。そして、紙パックよりもさらにエコな飲み物容器は「水とう」です。一度しか使わないものより、くり返し使えるものはもっとエコですよ。

クイズ12
旬の野菜を食べるとどんないいことがあるでしょうか?
 A:栽培(さいばい)するとき電気や熱をあまり使わない
 B:おいしい
 C:たくさんとれる
 D:栄養がたっぷりある

正解は「A、B、C、D全部」です。
<解説>
旬の野菜は、その時期の自然の気温や太陽の光を利用して栽培されるので、だんぼうや電気をあまり使わずに育てることができます。だから栽培されるときに出るCO2が少ないのです。そしておいしく栄養がたっぷりあるとも言われています。また、たくさんとれるのでお店でも安く売られています。旬の食べ物を選んで食べると、おいしく栄養もたっぷりあり、エコになる、たくさんいいことがありますね。

【こどもエコライフチャレンジ】地球温暖化ってなに?

こどもエコライフチャレンジワークブック2ページ「地球温暖化について知ろう」の説明です。

★下のリンクから動画にアクセスしてください。
https://youtu.be/UtTXjV4fRRE

★京都府地球温暖化防止活動推進センターさんの動画をご紹介します。地球温暖化についてのわかりやすいお話や実験などもりだくさんです。ぜひ見てください。

「これだけは知ってほしい温暖化のはなし」

★そのほかにもたくさんの動画が用意されています。
京都府地球温暖化防止活動推進センターホームページ
気候危機・地球温暖化について知って・学ぼう
https://www.kcfca.or.jp/project/learn/