TK-san のすべての投稿

日本へ高まるプレッシャー~温暖化対策の新目標の策定に向けて~

こんにちは。京都事務所インターンのTKです。

先日、日本政府は新たな気候変動政策を発表しました。数年もの間、何もアップデートがなかったことを考えれば、発表それ自体は歓迎すべきことでしょう。期待していないことが起これば嬉しいものですが、今回の場合、母なる地球にとっては歓迎できないことかもしれません。大地が荒廃し、「京都議定書」(1997年採択)に始まった地球温暖化防止の取り組みの流れが悲惨な結末を迎える可能性もあるのです。

京都議定書の名前は、美しい古都「京都」にちなんで命名されました。かつて、日本は京都議定書がとりまとめられた会議の開催国として、地球温暖化防止の最前線でリーダー役を担っていました。しかし、今日の日本は、前進するかわりに後退し続けている状況です。

日本政府は、稼働停止中の原子力発電所の再開を計画している上、日本には、石炭火力発電所の43基もの新増設計画があります。これらの発電所が全て稼働した場合の温室効果ガス排出量は、現在の日本の総排出量の約10%を占めることになり、2050年時点に想定される温室効果ガス総排出の50%に相当します。

この2週間にわたり、政府の関係者は日本のメディアに対し、日本の温室効果ガス排出削減目標に関する様々な数値を非公式に伝えてきたようです。なぜ政府の役人は情報を流したのでしょう?政府関係者は国が気候変動政策に失敗していることを国民に知らせようとしているのでしょうか?

2030年までに2013年比で26%削減という日本の目標値がお話にならない数字である以上、政府は政策の失敗を認識していることでしょう。「はたしてこの目標値が正しいと思えるか?」と問われれば、答えは否定的にならざるを得ないでしょう。

では、この目標値を細かくみてみましょう。削減率から始めると、今回設定された目標値は高いように見えますが、2025年までに28%削減というアメリカの目標や2030年までに35%削減というEUの目標に比べれば、非常に弱い数字です。

次に、2013年比で26%削減するという目標では、日本が以前設定している2050年の排出目標(2050年までに80%削減)を達成する道筋にはつながりません。

最後に、日本は基準年を1990年から2013年へと変えています。この分野で一般的に1990年が基準年として採用されているのは、この年が「気候変動に関する国際連合枠組条約」や1997年の京都議定書での基準年だからです。にもかかわらず、日本はこの数字の目標を達成しやすくするために異なった基準年を使用したのです。2013年の日本の温室効果ガス排出量は、1990年以降の比較可能なデータの中では最悪の水準でした。このような見かけ倒しの戦略を使う日本政府の姑息なやり方は、恥ずべき行為です。しかし、安倍政権下ではこのようなやり方がとられることを想定しておくべきなのかもしれません。

 Exif_JPEG_PICTURE

Pressure is on Japan

Recently, the Japanese government announced their new climate change policy. After a period of several years, without an updated climate change policy, the news should be applauded. After all, when you don’t expect anything and it does happen, it puts a smile on your face. However, mother earth will not smile. Mother earth will be devastated, that the initiator of the Kyoto Protocol, fails miserably. The Kyoto Protocol, named after the beautiful ancient city of Kyoto. Japan used to be a leader on the front of preventing global warming, hosting the negotiations that led to the Kyoto Protocol. Yet today, instead of going forward, Japan is going backwards. Japanese government even plans to restart the idling nuclear power plants. In addition, Japan has 43 coal-fired power plants either planned or under construction. If built, those plants combined would have a carbon footprint equal to 10 percent of Japan’s current total emissions, and equal to 50 percent of the total emissions Japan aims to have in 2050.

Over the past couple of weeks, government officials have leaked various figures for Japan’s carbon reduction target to the Japanese media. First of all, why did the government officials leak information? Were they trying to inform the public of their own country failing on climate change policy ? Let’s hope so, because the Japan’s target for 2030 is a farce. Twenty-six percent below 2013 levels in 2030. Now, that seems quite right? Doesn’t it? No! Let’s break this down. First, the percentage. It seems high, but it isn’t. It is very weak compared to the U.S. target of 28 percent by 2025 and the EU target of 35 percent by 2030. Secondly, the 26 percent reduction would see Japan missing its preexisting 2050 emission target. Thirdly, all major economies are using 1990 as a base year. Why? Because this was implemented in the United Nations Framework Convention on Climate Change and the 1997 Kyoto Protocol. So, why is Japan using a different base year? To make its target more achievable. In 2013, Japan’s greenhouse gas emissions were one of the worst since comparable data became available in 1990. It is quite appalling from the Japanese government to use such a cheap trick. However, such methods would have been expected by Abe’s administration.

(抄訳:スタッフ杉本)

Shimeishougakkou Educational Program(紫明小学校教育プログラム)

オランダのハーグ大学から気候ネットワーク京都事務所にインターンしているTKです。

こどもエコライフチャレンジ

2月4日、気候ネットワークはボランティア3名と一緒に温暖化防止のためのワークショップを実施しました。ワークショップに参加したのは北大路にある紫明小学校の児童です。10歳から11歳の5年生が対象でした。

ワークショップは「エコライフチャレンジ」と呼ばれ、「事前学習」、「実践学習」、「振り返り学習」の3段階で構成されています。この日は振り返り学習の日でした。

こどもエコライフチャレンジ・振り返り学習会

振り返り学習はいくつかのパートに分かれています。児童は4人ずつの班に分かれて学習します。パート1では導入で、気候ネットワークのスタッフが気候変動のトピックを紹介します。この日の話者、深水さんは温暖化の結果として世界で起きていることについてのおさらいをしました。そして、温暖化の原因が何であるかを説明しました。最後に、深水さんは地球の平均気温の上昇を2℃以下に抑えることの重要性を話しました。過去のCO2の排出が世界の平均気温に甚大な影響を与えたことを児童に示しました。地球の気温は過去132年間で0.85℃上昇したのです。

 

パート2では、児童のワークブックとエコライフ診断書が深水さんやボランティアスタッフから配布されます。

このワークブックには、児童が冬休み中に実施した温暖化防止のための取り組みについて書いています。例えば「エアコンの設定温度を20度以下にする」、「部屋を暖かく保つために断熱シートを使う」などです。深水さんは児童に冬休みに調べた電気の使用量を尋ね、京都市の平均使用量と比較しました。児童の使用量が京都市の平均より高い場合、この問題について家族で話し合って電気の使用量を減らす方法を考えるように促しました。

児童は大きな緑の紙の上に冬休み中に取り組んだことを書き出すように言われ、みんなで取り掛かりました。取り組みをできたこととできなかったことに分け、青い付箋にはできた取り組みを、ピンクの付箋にはできなかった取り組みを書いて貼り出しました。下の写真は、真剣に取り組み書き出しているところです。

IMG_20150204_143408

 

パート3では似た取り組みを探して、グループを作ります。できた取り組みとできなかった取り組みで一つのグループをつくります。この写真は、班の作業が終わったところです。

 

 IMG_20150204_143515-

パート4では、分けたグループに名前を付けます。例えば、テレビに関する取り組みや、エアコンに関する取り組みがあります。この写真では、児童がそれぞれのグループにつけた名前が分かります。次のパートは、最後から2番目にあたるパートです。児童はこれから挑戦することを発表します。冬休み期間中にできなかった取り組みが中心になっています。

 

 IMG_20150204_144420-

ワークショップの最後に班の発表があります。それぞれの班が、取り組みについて発表します。これは児童たちにとって他の班の取り組みについて考えるきっかけになります。そして、早い段階で取り組みについて議論するための絶好の機会です。

IMG_20150204_150955 (1)

ワークショップの間、児童はみんな熱心に参加していました。紫明小学校の児童は、一人ひとりの取り組みを通じて世界を変えることに意欲的になったように感じました。それはきっと、児童たちの子どもたちの代まで続いていくのだと思います。

 

TK-san

※写真撮影は先生の同意を得て行いました。

 

Shimeishougakkou Educational Program

On February the 4th, Kiko Network and three volunteers gave a workshop about climate change prevention. The school that the team attended, was Shimeishougakkou at Kitaoji. The team held a workshop for fifth graders, aged 10 and 11. The name of workshop was ‘Ecolife Challenge’. Eco life challenge consists of three parts. Preliminary learning session, practical session and reflective learning session. On that day, the students took part in the reflective learning session. The reflective learning lesson was divided in several parts. The students were split up into several groups. Each group consisted of four students. Part 1 is the introduction, where an employee of Kiko Network introduces the topic of climate change. On that day, it was Fukamizu-san. She reflected on what is happening right in the world as a result of global warming. Furthermore, Fukamizu-san explained what the causes are of global warming. At the end, Fukamizu-san expressed the importance of keeping the global temperature rise below two °C. Over the past centuries, studies has shown that CO2 emissions have an atrocious effect on the global average temperature. The temperature of the earth is increasing by 0.85°C in the past 132 years.

In the second part of the workshops, the student’s workbook and Ecolife report were handed out by Fukamizu-san and the volunteers. Each student wrote in his or her workbook what kind of prevention action they committed during the winter break. As an example, two prevention action were introduced. Such as setting the air conditioner temperature below 20°C and using an isolation sheet to keep the house warm. Therefore refraining the residents from increasing the temperature at home. Additionally, Fukamizu-san asked the students to check the electricity usage quantity and compare it with the average usage quantity in Kyoto. If it so happened that the usage was higher than the average in Kyoto, the students were requested to discuss this matter with their family and contemplate on how to decrease the electricity usage.

The students were asked to post their prevention actions on a large green paper. Every student’s prevention actions were posted. Their prevention actions were divided into two parts: did and did not do. The blue post-its showed the prevention actions that the students carried out. The pink post-its show the preventions actions that the students did not carry out. In the picture on the left, you can see that were very busy in dividing their prevention actions.

Part three consisted of finding similar actions and forming a group of them. The purposed group was formed by prevention actions the students did do and did not do. A group of students has completed their task, as seen in this picture.

Part four composed of naming the group the students had just formed. For example, prevention actions that were mainly concerned about the television or air conditioner. You can see in this picture that the students named their formed groups.

What follows next is the penultimate phase of the workshop. The students held a presentation on how to challenge themselves in the future. This mainly consisted of the prevention actions that they could not achieve during the winter break.

The final presentation was the end of the workshop. Each group presented their group’s prevention actions. This opportunity allowed the students to reflect on the other group’s prevention actions. In addition, it was the perfect moment to discuss early mentioned actions. All students participated eagerly during the workshop. It seems that the students of Shimeishougakkou are keen to change the world. Not only for themselves in the near future, yet also for their own children.

TK-san

*All of the pictures were taken with the consent of their teacher.

Global threat attacked by Dutchman in Japan(新インターン自己紹介)

親愛なる読者の皆さん!2月2日から6月15日まで、私は気候ネットワークでインターンをすることになりました。皆さんは気候ネットワークの最終目的「生命を脅かす気候変動を防ぎ、持続可能な地球社会を実現する」についてはご存知かもしれません。では、私のことは?まあまあ、これからお話ししましょう。

世界的脅威!?日本にやってきたオランダ人

私の名前はテランス・ケルダマン。「TKさん」とも呼ばれます。オランダから来ました。今まで、この地球でハイハイしたり歩いたりするようになって25年が経ちました。近年、私は年々気温が上がってきているような気がしています。赤ちゃんの時には凍りついていた私も、10代になったら氷が解けてきました。年金をもらう頃には燃え上がっているかもしれません!このままオランダで暮らし続けると、泳いで余生を送ることになりそうです。

(訳注)オランダは、その国土の半分が海面水位より低いです。温暖化が進むと水害が大きな問題になります。

さて、まず、自己紹介をさせてもらいます。私が在籍しているのはオランダのハーグ大学です。専攻はヨーロッパ研究、副専攻は芸術・文化・哲学です。今回のインターンは、日本の長期滞在としては2回目です。2013年には交換留学で枚方の関西外国語大学に4ヶ月留学していました。そこでは、日本経済、神道、アジア研究と日本語を学んでいました。滞在中に私の興味は日本が今抱えている問題に集中しました。このため、卒業論文では、オランダのジェンダー不公平の経験から、日本人女性がどのように生活し、働くかということについて書きました(そして合格も!)。これで分かるように、私の研究の興味は多岐にわたるのです。これは、できる限りの知識を得たいという事からで、インターン先として気候ネットワークを選んだのもその為です。

インターンシップの目的は、気候ネットワークがどのようにして生命を脅かす気候変動を防ぎ、持続可能な地球社会を実現しようとするのか、可能な限り知識として得る事です。今後、いくつかの活動に参加し、手伝うことになるでしょう。例えば、2月14~15日に同志社大学で開催される全国シンポジウム「市民が進める温暖化防止~クライメート・アクション・ナウ!~」などです。また、教育プログラムの参加にも積極的に取り組んでいきたいです。ちいさな子どもたちにどのように教えていくのか?という経験はとても興味深いものになるでしょう。

気候ネットワークでインターンシップを経験する機会を得ることができ、光栄です。気候ネットワークに参加できることにわくわくしています。たくさんのことを学ぶことができればと思っています。気候ネットワークだけでなく、日本のことについても、ね。1つ確かなことは、日本語をもっと磨かなければいけないということですね。

「よろしくお願いします。」

TKさんでした。

TKさん

 (抄訳:伊与田・岡本)


Global threat attacked by Dutchman in Japan

Dear reader! Starting February the 2nd and ending the 15th of June, I will be an intern at Kiko Network. As you may know, Kiko Network’s goal is to prevent life threatening climate change and to build a sustainable global society. Well, what do you know about me? Please be patient, I will tell you. My name is Terrance Kelderman, also known as TK-san and I am from the Netherlands. Up until now, I have been crawling and walking the earth for over 25 years. During the years, I have felt that the temperature was increasing year by year. From a frozen baby, to a thawed teenager. By the rate the temperatures are yearly increasing, I may find myself as a burned pensioner! On the other hand, if I continue to live in the Netherlands, I will find myself swimming for the remainder of my life.

But first, allow me to share more information about me. Theuniversity that I am enrolled in the Netherlands is the Hague University. My major is European Studies and my minor is Art, Culture and Philosophy. My internship will be the second time that I stay in Japan for a lengthy period. In 2013, I have spent four months at Kansai Gaidai University in Hirakata as an exchange student. As a KGU student, I was enrolled in Japanese economy, Shinto, Asia studies and Japanese language. My exchange period in Japan sparked an interest in contemporary issues regarding Japan. This resulted in writing (and passing !) my thesis about how Japanese women livingand working in the Netherlands experience gender inequality. As you can see, my interest in studies varies a lot. The reason why is that I like to gain as much knowledge as possible. Therefore, I have choosing to do my internship at KikoNetwork. 

My goal during my internship is to gain as much knowledgeas possible on how Kiko Network aims to prevent life threating climate change and to build a sustainable global society. This will mainly consist of joining and assistingseveral activities. Such as the National Symposium “Prevent Global Warming By Citizens Movement-Climate Action Now!’’, which takes place on the weekend of February the 14 and 15th at Doshisha University. Moreover, I am keen to join the Educational Program. It will be interesting to experience what kind of methods are taught to young children.

I am honoured that I have been given the opportunity to do my internship at Kiko Network. I am very excited about the prospect of joining Kiko Network. I expect that I will learn a lot. Not only about Kiko Network, yet also about Japan. One thing is for sure, I will have to brush up my Japanese!

よろしくお願いします

TK-san