「スタッフの日々」カテゴリーアーカイブ

気候変動訴訟をテーマとした裁判ドラマが完成!日本の気候変動訴訟における課題を考える

こんにちは。京都事務所の山本です。今回、日本初?と思われる、気候変動訴訟をテーマとした裁判ドラマについて紹介したいと思います。気候変動訴訟について詳しく知りたい方は、一原さんが寄稿してくださっている記事を参照してください。

今なぜ、気候変動「訴訟」?(第1回)

今なぜ、気候変動「訴訟」?(第2回)

今なぜ、気候変動「訴訟」?(第3回)

石炭火力新設ラッシュに立ち向かう市民

日本において提起された気候変動訴訟は、4件あります。現在も係属中のものとして、神戸石炭訴訟(民事・行政)、横須賀石炭訴訟(行政)の3つがあります。私は、神戸市において計画された神戸製鋼所の石炭火力発電所増設計画について、環境影響を懸念する住民の方々と一緒に活動してきました。

1−2号機しかなかった風景 今は3−4号機の姿が(2018年6月撮影)

訴訟提起に至る前の2018年に、神戸製鋼所の計画に対する公害調停を兵庫県公害審査会に申し立てる法的アクションが開始されました。温室効果ガス、大気汚染物質の巨大排出源である火力発電所は、計画段階において止めることが重要です。しかし、残念なことに環境アセスメント、公害調停では計画を止めることはできませんでした。また、神戸製鋼所は公害調停による協議が続いているなかで、発電所建設工事の手続きを開始したため、新たな法的手続きとして、2つの裁判が提起されました。

原告である住民の方々は、新たな石炭火力発電所の建設・稼働の差し止めを求める民事訴訟を提起しました。さらに、建設を認めた国に対する行政訴訟も提起し、いずれの裁判も係属中です。

神戸石炭行政訴訟 高裁判決に臨む原告・弁護団(2022年4月26日)

行政訴訟については、地裁、高裁において原告敗訴の判決が下されました。2度の判決のなかで裁判所は、原告の訴えである「気候変動による影響を受けない権利」について、裁判所に訴える権利を認めませんでした。現在、判決を不服として最高裁へ上告中となっています。

石炭火力の建設をめぐる裁判ドラマ

さて、今回、制作・公開されたドラマは、神戸石炭訴訟の行政訴訟を題材としています。ドラマ制作では、脚本の準備は、原告・弁護団を中心に、訴訟を支援する地元団体である神戸の石炭火力発電を考える会のメンバーで議論して作成しました。そして、ドラマ出演者だけでなく、演出(シーンの構想)、撮影も原告・弁護団を中心に、ドラマの企画趣旨に賛同してくださる支援者にも協力いただき、完成させることができました。撮影中も演技経験がない素人同士が、意見や感想を共有しつつ、うまく現場で調整しながら進めることができました。

そんな手作り感いっぱいのドラマのストーリーですが、大学の法学部に所属する2人の学生を中心に進みます。裁判実務という講義において、法廷見学の課題が出されます。たまたま、大学の講義で知った神戸石炭訴訟について、裁判期日のチラシを食堂で手にしたことから、裁判傍聴へ行くことにした…という形でドラマは始まります。

ドラマ「温暖化で争えない?発電所稼働をめぐる国との裁判」(本編)

続きを読む 気候変動訴訟をテーマとした裁判ドラマが完成!日本の気候変動訴訟における課題を考える

バルセロナで見た脱炭素社会へのヒント

 

今年5月に気候ネットワークに入職しました菅原です。1年半ほどスペインのバルセロナに滞在していたので、そこで感じたことを振り返ってみました。

居住区に溶け込んだ緑の空間

バルセロナ市は、地中海に面した、コンパクトで人口密度が高い、スペイン第2の都市です。ガウディを始めとする、有機的なデザインの建築物や、自由でゆったりとした雰囲気が素敵なところです。

現地の人々は外で時間を過ごすのが好きで、道には飲食店のテラス席や、公共のベンチがたくさんあります。私が特に好きだったのが、街中に植わっている多様な木々です。見た目が美しいのはもちろんのこと、日差しの強いスペインでは木々が提供する日陰が欠かせません。 続きを読む バルセロナで見た脱炭素社会へのヒント

G7合意で水素・アンモニアは排出削減対策として認められたのか?

 2022年のG7では、ロシアのウクライナ侵攻や燃料価格の高騰などを背景にエネルギー安全保障への懸念が高まるなか、気候変動対策の具体的な行動を加速させるため、G7でどのような合意形成がなされるかが、気候変動分野での注目ポイントの一つでした。

 そのなかで、5月のG7気候・エネルギー・環境大臣会合のコミュニケ(共同声明のこと、以下「環境大臣コミュニケ」とします)では、はじめて「水素・アンモニア」が盛り込まれました。このことは「脱炭素手法として水素・アンモニアが認められた」と日本でも報道され、日本が推進するゼロエミッション火力=アンモニア・水素混焼が、石炭火力発電の排出削減対策として認められたのでは?と思われた方もいるかもしれません。本当にアンモニア・水素混焼が石炭火力発電の排出削減対策として認められたと言えるのか、今回は環境大臣コミュニケを読み進めたいと思います。

続きを読む G7合意で水素・アンモニアは排出削減対策として認められたのか?

映画「グレタ ひとりぼっちの挑戦」を観て 

こんにちは、スタッフの広瀬です。スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさんの素顔に迫るドキュメンタリーで映画”グレタ ひとりぼっちの挑戦”を観てきました。

 

 

この作品は、気候変動への政府の対応に抗議する当時15歳の少女として世界に知られるようになったグレタ・トゥンベリ-に活動初期からスウェーデンのドキュメンタリー映画監督ネイサン・グロスマンが自ら密着し、環境活動や貴重なプライベートを映し出している。気候変動に興味がなかった人だけではなく、これまでのグレタの活動を断片的に受けとめて来た人も、グレタに影響されてアクションを起こした若者も、それぞれに見ごたえがある作品ではないだろうか。

続きを読む 映画「グレタ ひとりぼっちの挑戦」を観て 

新しいスタートに向けたご挨拶(平田仁子)

(English below)

私事で恐縮ですが、こちらのブログを通じて、本日をもって気候ネットワークを退職しますことをお知らせさせていただきます。

私が気候ネットワークに参加したのはCOP3後の団体設立時でしたので、約四半世紀という自身の人生のほぼ半分にあたる時間をともに歩んできました。この間、さまざまな方と出会い、学び、議論し、また、たくさんの励ましや応援をいただきました。気候変動はどこまでいっても奥深いテーマであり、この問題にぶれずに向き合い続ける機会を与えてくれた気候ネットワークという場こそが、私を育ててくれました。

日本におけるNGOの位置はこの数十年の間にいくらかの変化があり、力を備えてきたと思いますが、今でも厳しいことには変わりありません。社会における認知や参加・支援の輪も、問題の大きさに照らせば全く足りません。それでも、知恵を絞り、協力者とともに取り組んできたことで得られた成果や見えてきたこともあります。今年2021年にゴールドマン環境賞の受賞に至ったのも、継続したチームワークがあったからこそだと思っています。

しかし、気候変動を巡る情勢は一層厳しく、今、重要な局面を迎えています。日本のNGOとしての気候ネットワークの役割は今まで以上に重要になっています。浅岡代表とスタッフがその役割を担い、仲間を増やし、この大きなチャレンジに力強く取り組んでいけるよう、引き続きのご支援をお願いいたします。

私自身の目線も変わらず市民社会にあります。これからも理事として気候ネットワークを応援しながら、今後、私自身が果たせることを見定め、2022年に新しい形でのスタートを切りたいと考えています。そして、市民社会を育んでいくことを通じて困難を乗り越えていけるよう、大きな希望を持って歩んでまいります。

感謝の気持ちはとても言い尽くせませんが、これまで様々な形でお世話になった皆様に心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

今後につきましては、LinkedInもしくはツイッター(@kimihirata)でお知らせいたします。

平田仁子

My Departure and New Journey

Dear all,

Please allow me to use this blog space to discuss something personal and announce that today will be my final day at Kiko Network.

I joined Kiko Network from its start just after COP3 in 1998. Since then, I have spent almost half my life with Kiko Network, which has provided me a space to dedicate myself to the complex and multi-faceted issue of climate change. During this journey, I have met many people, talked with them, received encouragement and support from them, and learned from them. Through this work, I have grown both professionally and personally.

The position of NGOs in Japan has grown stronger over the last few decades, but many challenges still remain. In light of the scale of this issue, social awareness, public participation and support are still not sufficient. Nevertheless, even with limited capacity, we have been able to achieve a great deal and gain many new insights through the wisdom and efforts of our supporters and collaborators. Being awarded the Goldman Environmental Prize in 2021 is proof of the power of our network.

We are now facing an unprecedented climate crisis, and in this critical moment the role of Kiko Network as a Japanese NGO is more crucial than ever. I’m confident that Mie Asaoka and my colleagues at Kiko Network will continue to work hard to tackle these immense challenges. Please continue to support us and our work; I will continue to do so as a Board Member, too.

Now, I will take a new step and once again challenge what I believe I can do. I will continue to be closely engaged with civil society and climate work, and I hope that we will walk forward together in overcoming these challenges of our time, affirming our belief that change is possible.

To follow me on my next steps, please find me on LinkedIn or my Twitter (@kimikohirata).

Thank you all.

Kimiko Hirata

気候変動政策の国際的な評価ランキング!日本の順位は60カ国中「第45位」 

東京事務所の鈴木です。

いきなりですが、日本の気候変動対策は世界的にみてどのぐらいの順位だと思いますか?

英グラスゴーで開催された国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)で、世界の国々が気候変動対策について議論していた最中の9日、ドイツのNGOジャーマンウォッチが主要排出国60カ国の気候変動政策の評価ランキング「気候変動パフォーマスインデックス2022(原題:Climate Change Performance Index 2022, CCPI)」を発表していたので、紹介します。

続きを読む 気候変動政策の国際的な評価ランキング!日本の順位は60カ国中「第45位」 

私たちは慣れてはいけない 「国際防災の日」に考える気候災害の危機

きょう10月13日は「国際防災の日」。でも、365日、毎日が防災の日であるべきであるかのような状況が続いています。「気候災害が深刻化している」と言うのもむなしくなるような危機が相次いでいます。

ニュースで「観測史上●●」、「記録的●●」といった「異常な」言葉を「日常的に」聞かされ、感覚が麻痺してしまいそう…。それはまるで、増え続けるコロナ感染者数の数字に、慣れてしまってきたかにみえる今の社会の姿と重なります。 続きを読む 私たちは慣れてはいけない 「国際防災の日」に考える気候災害の危機

自治体が進める脱石炭:アジアで初めてPPCAに加盟した韓国・忠清南道

はじめまして!6月から気候ネットワークのスタッフになった田中です。

ここ1年ほど、コロナ禍で在宅時間が増えたこともあって、自分の住んでいる地域(兵庫県西宮市)の市政ニュースや県政ニュースをじっくり読む時間が増えました。「実はこんな取り組みをしていたんだ」と気づくことも多くて、最近では西宮市が「ゼロカーボンシティ」を宣言していたと知りました。 続きを読む 自治体が進める脱石炭:アジアで初めてPPCAに加盟した韓国・忠清南道

ジョニー・デップ主演の映画「MINAMATA」が今に伝えるもの

先日、世界的俳優ジョニー・デップが写真家・故ユージーン・スミスを演じた映画「MINAMATA」を観てきました。

そのタイトルが示す通り、四大公害のひとつである水俣病が題材です。非人道的な大企業の罪を世界に知らしめた写真家たちと、高度経済成長の日本で未曾有の産業公害に立ち向かう患者と家族たちの姿を描いた作品です。

 

映画「MINAMATA」

公式ウェブサイト:https://longride.jp/minamata/
上映時間:115分
劇場公開日(日本):2021年9月23日
総合評価:★★★★☆

続きを読む ジョニー・デップ主演の映画「MINAMATA」が今に伝えるもの