「いただいたご支援」カテゴリーアーカイブ

英国大使館員、気候危機を訴える富士山往復にチャレンジ!気候ネットワークへ寄付へ Challenging the Mount Fuji! Part of the Funds raised for Climate Action to be Donated to Kiko Network.

新型コロナウイルスで気が滅入る悲しいニュースに溢れていますが、今日は明るく嬉しいお知らせです。

World news are dominated by depressing and sad stories, but today we have a positive and good news.  

 

英国大使館に勤める2人の職員が、2019年9月9日~10日48時間以内に、東京から富士山の5合目までを自転車で走り、5合目から山頂までの登山を終えて、東京まで戻ってくるチャリティーイベントを独自に企画し、チャレンジしました。残念ながらいくつかの困難に直面し、チャレンジを成功に終わらせることは出来ませんでしたが、東京まで無事に帰ってくる事ができました!

Two employees at the British Embassy came up with a plan for a charity event to first cycle from Tokyo to the Fifth Station of Mount Fuji, then hike from there to the summit, then descend again and return to Tokyo, all within 48 hours from September 9th to 10th, 2019. Unfortunately, they were not able to complete the challenge due to several difficulties, but came safely back to Tokyo! 

過酷な自転車イベントを企画したのは、英国大使館でオリンピック・パラリンピックやラグビー・ワールドカップの関連事業に取り組むイベント統括部長のデービッド・ムルホーランドさん(33)と上席グローバルスポーツ担当官のジェームズ・カーターさん(32)。

The two people involved in the planning of this ambitious and challenging cycling event are David Mulholland (33), Head of Events, Olympics, Paralympics and Rugby World Cup at the British Embassy Tokyo, and James Carter (32), Senior Global Sports Liaison Officer.

 

お二人は台風が東京を直撃した翌朝に出発しましたが、台風の被害により、出発は大幅に遅れ、サイクリング当日には36℃まで気温が上昇し、非常に厳しいチャレンジだったそうです。また、5号目まで登り切ったものの、その先で前日の台風による土砂崩れが発生したため、頂上まで登りきる事は諦めざるをえなかったとのことで。頂上に到達する事は出来なかったものの、お二人は自転車で予定より早く東京まで無事に帰ってくる事が出来たそうです!お二人は、「頂上に到達する事が出来ず非常に残念だったが、サイクリングもとても大変だったため、無事に東京〜富士山までを往復できて良かった」と話しています。

They started the challenge the morning after a  large typhoon directly hit Tokyo. Due to the typhoon, their departure was severely delayed and faced with cycling through extreme hot temperatures up to 36 degrees. They were successfully able to make it to the 5th station of Mt Fuji on their bikes, but unfortunately had to give up on climbing to the summit in the following morning because there had been a large rock slide on the path to go up which resulted from  the typhoon. They commented, “It was such a shame as we had come so far…….To be honest the cycling itself was enough of a challenge so we were pretty happy to have achieved that!” 

 

この企画は、日英交流年「UK in Japan 2019-20」というキャンペーンの一環として、通常の業務とは別に、お二人が気候危機の解決を訴えるチャリティーイベントを独自に企画したとのこと。

This charity event appealing for more climate action is something they have come up with on their own initiative outside of their regular work and duties, as part of the “UK in Japan 2019-2020″ campaign.

 

そして、このチャリティーイベントに集まった寄付金は、総額約34万円とのこと!!

The funds collected through this charity event 

… add up to about 340.000 yen!!

 

集まったお金は、英国のCool EarthとProtect Our Winters、そして日本のNGOとして気候ネットワークに寄付をして下さることになりました。

The money raised was to be donated to the British NGOs Cool Earth and Protect Our Winters, and to Kiko Network as the chosen Japanese NGO.

 

そしてこの度、気候ネットワークには、15万円の寄付をいただきました!デービッドさん、ジェームズさん、ありがとうございます!

And now, Kiko Network has received their donation of 150.000 yen! Thank you very much, David and James!

 

お二人はこのイベントを通じて、気候変動への取り組みを訴え、その趣旨に賛同する支援者から寄付金を集め、問題を提起する機会にしたいと意気込みを語っていました。

David and James said that through this event, they wanted to call for more climate action, collect donations from supporters agreeing with this objective, and make this into an opportunity to raise awareness of the problem. 

 

気候ネットワークでは、お二人のチャレンジの意向を汲み、今回いただいた寄付を多くの人に気候変動の危機を伝えるためのプログラムに活用させていただく予定です。Understanding the purpose of the challenge by David and James, we are planning to use the donation in a program to communicate the crisis of climate change to many people. 

 

 

 

お二人が今回のチャレンジについてつくられた動画はこちらからご覧になられます。

You can view the video they made on the challenge here.

 クラウドファンディングのページでこのチャレンジの詳細が日英で読むことができます。

You can read the details of the challenge in both Japanese and English on the crowdfunding website.

チャレンジ前のブログ記事はこちらからご覧になれます。

You can view the blogpost written before the challenge here.

「市縁堂」でつながるNPO支援

こんにちは。環境教育/デザイン担当の岡本です。

あまりに寒いので「冬だ冬だ」といっていると「まだ秋だ」とおこられます。

今日は暖かい日差しで空も高く、秋らしい一日でしたが皆さんの所ではどうでしたか?

今日は先週11月9日の日曜に行なわれた「市縁堂」イベントの参加報告をしたいと思います。

「市縁堂」~ご縁のもと、市民がいち堂に集う会~

市縁堂

京都市市民活動総合センター主催の「市縁堂」とは、「市民がご縁のもと、いち堂に集う会」ということだそうです。京都で活動をするNPO団体による活動紹介と、その活動を応援する市民でつくるイベントです。NPO団体の「何とかしたい」「どうしても伝えたい」そんな思いを発信したり、受け止めたりする場です。

渉成園

「京都ならでは」な会場は東本願寺の別邸、渉成園(しょうせいえん)。この渉成園は、1641年に三代将軍・徳川家光から寄進されたものだそうで、約一万坪の敷地には、石川丈山の趣向を入れた美しい庭が今も存在しています。

当日の雨を受け、活き活きとしている庭の木々と、東山から昇る月影を水面に映すという印月池が織りなす風情のなかで、立命館大学交響楽団の弦楽四重奏の演奏で始まりました。

市縁堂4

ゲストの京都府立大学公共政策学部の杉岡秀紀さんのコメントをはさみながら、気候ネットワークを含む7団体からのプレゼンテーションがありました。それぞれ問題に取り組み、強い思いを持って活動されてこられた団体ばかりです。各団体については、しみセンのブログにプレゼンテーションが後日掲載予定だそうなので、公開になり次第リンクしたいと思います。

気候ネットワークの「伝えたいこと」

気候ネットワークから参加者の皆さんへ宛てたメッセージは、「『地球を守る!』みんなの心に種をまく、地球温暖化防止の教育モデルを全国にひろげていきたい。この思いを共にして、支援してほしい。

京都で市民ボランティア、行政、気候ネットワークが協力して行ってきたこども向け地球温暖化防止教育プログラムは、続けていくこと、ひろげていくことが大切だとこども達に伝えています。

参加したこども達、学校の先生、そしてボランティアから、これまでたくさんの希望や、学ぶ楽しさ、驚きなどの声をいただきながら京都で続けてきたプログラムをもっとたくさんの地域で広げていきたいという想いを形にするため、支援のお願いをしました。

頂いたご支援~「思い」と「希望」も~

この日、参加頂いた方々から、合計8000円の寄付と、前向きなメッセージをいただきました。

ぜひ少しでも多くのこども達に届くよう、活動を広げていってほしい。

寄付に込められた思いをとても嬉しく思いました。いただいたご寄付は、こども向け温暖化防止教育プログラムの展開のために、大切に使わせていただきます。

この日頂いたのは、お金だけでなく、それぞれに込められた「思い」と「希望」です。

京都市市民活動総合センターが、こういったNPOの支援活動の場を広げて下さったおかげで、また新たなつながりをつくるきっかけにもなりました。

支援の方法はたくさんありますが、気候ネットワークは皆様の様々な「支援」によって支えられていること、支えがあるからここまで頑張ってこれたんだということを再確認できました。

これからも、私たちと一緒に「市民の立場から気候変動を止める」ため、サポートを宜しくお願い致します。

支援の方法はこちら