「気候変動」タグアーカイブ

アフリカで感じた気候変動の脅威と不条理

皆さん、こんにちは。インターン生の武井七海です。

インターンを始めて2か月が経ちました。気候ネットワークの活動は沢山のスタッフとボランティアの方々に支えられていると日々実感しています。そんなスタッフやボランティアの方々で、月に1回”Kiko研究会”という気候変動に関する勉強会が開催されています(通称Kiko研)。

前回、前々回はスタッフの延藤さんがお話してくださったのですが、今回は私が発表しました!私は昨年末まで西アフリカのベナン共和国で1年強、有機農業の普及活動をしていました。なので、今回はベナンってどんな国?という話からベナンで感じた気候変動の脅威と不条理についてまで幅広く話しました。その発表内容をまとめたものをブログにも書きたいと思います。Kiko研に参加されていない方にも、アフリカにおける気候変動の影響を知っていただけると嬉しいです。

1, ベナンってどんな国?

皆さんはベナンと聞いて何を思い浮かべるでしょうか?

「ああマレーシアね!」-それはペナンです。

「ああベトナムね!」-それはダナンです。

と、こんな感じの反応を受けることが多いのですが、「ベナン」は西アフリカにある国の名前です。西アフリカの海に面した国で、トーゴ、ブルキナファソ、ニジェール、ナイジェリアに囲まれた国です。

主要産業は農業で、田舎に住む多くの人が農業に従事しています。地図からもわかるように南北に縦長の国で、南部は高温多湿の熱帯雨林気候、北部はサバナ気候と言われています。私は南部の海岸沿いのこんな地域に住んでいました。ココナッツ、パイナップル、マンゴーが本当に美味しかったです。

海岸の風景

2, ベナンで感じた気候変動の脅威

前述の通り、ベナンでは沢山の人が農業に従事しています。しかも、ほとんどの人が天水に頼る農業をしています。なので、気候の影響をもろに受けます。例えば、私がいた1年間の間にほとんど雨が降らない時期がありました。

干からびた田んぼ

いつもならこれから雨季が始まるというタイミングで、田植えをしました。しかし、田植え後、ほとんど雨が降りませんでした。そのため、稲は育たず、地面は割れてしまいました。そして、この農地の稲はすべて枯れてしまいました。

その次の月、今度は大雨に見舞われました。雨の降り始めはみんな喜んでいたのですが、例年とは異なる豪雨が例年よりも長く続きました。

浸水した市場

その結果、いつも市場が開かれていた場所が浸水し、市場は1か月間開かれなくなりました。また、農地がすべて浸水して収穫ができなくなった野菜農家もいました。

浸水した家

さらに、いくつもの家が浸水しました。村全体が浸水して、村人全員が避難した村もありました。上の写真の左側の丸は普段の家で、右側の丸が簡易的に作った家です。屋根や壁は木の葉っぱ等でできており、雨風がしのげるとは思えませんでした。また、熱帯地域ではマラリアなどの蚊が媒介する感染症が流行っており、水たまりの近くに住むことで、それらの感染リスクが高まってしまいます。

3, ベナンで感じた不条理

農民の口癖は” à cause du changement climatique (気候変動のせいで)”でした。日本にいた時から気候変動の存在は知っていましたが、こんなに大きな影響を与えていると思ってもみませんでした。気候変動の主な原因は先進国や新興国にあるにも関わらず、その影響はベナンのような途上国の人々が被るという不条理を目の当たりにしました。実際、ベナンの温室効果ガス排出量は188か国中149位で、世界の0.03%しか排出していません。しかし、気候変動の脆弱性は181か国中27位で、気候変動による被害が大きいのです[1]。

環境活動家のグレタ・トゥーンベリさんは大人世代の行動によって気候変動が進み、子供世代やその下の世代が気候変動に苦しんでいることを主張していると思います。私もその考えに共感します。一方で先進国の行動が気候変動を加速させ、途上国の人々がそのせいで苦しんでいることも忘れてはならない事実だと思います。

[1] Climate Change Profile Benin

バーチャル展示「気候変動へ挑むー私達にできること」の紹介 Introducing Our Virtual Exhibit “Challenging the Climate Crisis ー What We Can Do”

(English follows Japanese)

東京インターンのシモン、テイラー、武田、篠崎です。

実は2月から聖心女子大学で特別展示企画、「気候変動へ挑むー私達にできること」を行なっていたのですが、新型コロナウィルスの影響で展示はしばらく中止となってしまいました。しかし、展示が中止になっても多くの方々に見て頂きたいという想いでデジタル形式の展示を作りました!

せっかくデジタル展示を見て頂けるのならもっと詳しく説明をできたらいいな、また、私達インターン生の展示への想いなども伝わったら嬉しいと思いこのブログを書かせて頂きました。少し長いのですが、ぜひ読んでみてください。 続きを読む バーチャル展示「気候変動へ挑むー私達にできること」の紹介 Introducing Our Virtual Exhibit “Challenging the Climate Crisis ー What We Can Do”

海藻や魚貝が消えていく横須賀の海

 東京事務所の桃井です。現在、新型コロナウィルスの感染が広がり、状況がよくわからないまま政府の対応に振り回され、社会がパニックに陥っています。しかし、実際、私たちの身近に着実に迫っている気候危機は、社会的パニックになってもおかしくないほど深刻だと思います。

 この数か月、私は横須賀の石炭火力発電所建設計画の問題に向き合うにあたって、横須賀の海で起きている実態を目の当たりにする機会がありました。以前にも千葉の漁師の方に話を聞いて、海で起きている事態の深刻さに背筋が凍る思いがしましたが、 続きを読む 海藻や魚貝が消えていく横須賀の海

気候変動NPOが辿ってきた軌跡と展望〜学生インターンの目から

みなさんこんにちは。

気候ネットワークインターン生の塚本です。

気候変動NPOでインターンシップをしている身として、気候変動NPOの歴史や抱えている課題を知っておきたいという思いから、この記事を書こうと思い立ちました! 続きを読む 気候変動NPOが辿ってきた軌跡と展望〜学生インターンの目から

日本のエネルギー政策を考える〜CASA第一回エネルギー学習会

皆様こんにちは!

気候ネットワークインターン生の塚本です。

先日私は、地球環境市民会議(CASA)主催の第一回エネルギー学習会に参加してきました! 以下、その報告をいたします! 続きを読む 日本のエネルギー政策を考える〜CASA第一回エネルギー学習会

海での温暖化現象:サンゴの白化の北上 サンゴ礁は回復できるか

東京事務所の鈴木です。また今年も暑い夏がやってきました。サンゴ礁の状況が気になる季節です。

2016年の夏はグレートバリアリーフの白化現象だけでなく、沖縄の周辺、特に国内最大の石西礁湖(せきせいしょうこ)でも大規模なサンゴの白化現象が深刻化したことが話題になりました。この過去最大級の大規模な白化現象の状況を踏まえ、環境省は今年4月、地球温暖化防止対策の推進などを掲げた「サンゴの大規模白化に関する緊急宣言」をまとめています。

続きを読む 海での温暖化現象:サンゴの白化の北上 サンゴ礁は回復できるか

消えてゆく海の幸

 江戸時代から続く漁協権をもつという、千葉県木更津市の金田漁業協力組合。ノリやアサリをはじめ、東京湾の豊かな海の幸を長年に渡って人々の食卓に提供し続けています。しかし実は、開発による水質の変化や温暖化の影響によって、厳しい状況に置かれているのです。ニュースレター「気候ネットワーク通信」7月号の「気候の危機シリーズ」にも掲載した今回のインタビューについて、動画も交えて報告します。

 

続きを読む 消えてゆく海の幸