「気候変動訴訟」タグアーカイブ

気候変動訴訟をテーマとした裁判ドラマが完成!日本の気候変動訴訟における課題を考える

こんにちは。京都事務所の山本です。今回、日本初?と思われる、気候変動訴訟をテーマとした裁判ドラマについて紹介したいと思います。気候変動訴訟について詳しく知りたい方は、一原さんが寄稿してくださっている記事を参照してください。

今なぜ、気候変動「訴訟」?(第1回)

今なぜ、気候変動「訴訟」?(第2回)

今なぜ、気候変動「訴訟」?(第3回)

石炭火力新設ラッシュに立ち向かう市民

日本において提起された気候変動訴訟は、4件あります。現在も係属中のものとして、神戸石炭訴訟(民事・行政)、横須賀石炭訴訟(行政)の3つがあります。私は、神戸市において計画された神戸製鋼所の石炭火力発電所増設計画について、環境影響を懸念する住民の方々と一緒に活動してきました。

1−2号機しかなかった風景 今は3−4号機の姿が(2018年6月撮影)

訴訟提起に至る前の2018年に、神戸製鋼所の計画に対する公害調停を兵庫県公害審査会に申し立てる法的アクションが開始されました。温室効果ガス、大気汚染物質の巨大排出源である火力発電所は、計画段階において止めることが重要です。しかし、残念なことに環境アセスメント、公害調停では計画を止めることはできませんでした。また、神戸製鋼所は公害調停による協議が続いているなかで、発電所建設工事の手続きを開始したため、新たな法的手続きとして、2つの裁判が提起されました。

原告である住民の方々は、新たな石炭火力発電所の建設・稼働の差し止めを求める民事訴訟を提起しました。さらに、建設を認めた国に対する行政訴訟も提起し、いずれの裁判も係属中です。

神戸石炭行政訴訟 高裁判決に臨む原告・弁護団(2022年4月26日)

行政訴訟については、地裁、高裁において原告敗訴の判決が下されました。2度の判決のなかで裁判所は、原告の訴えである「気候変動による影響を受けない権利」について、裁判所に訴える権利を認めませんでした。現在、判決を不服として最高裁へ上告中となっています。

石炭火力の建設をめぐる裁判ドラマ

さて、今回、制作・公開されたドラマは、神戸石炭訴訟の行政訴訟を題材としています。ドラマ制作では、脚本の準備は、原告・弁護団を中心に、訴訟を支援する地元団体である神戸の石炭火力発電を考える会のメンバーで議論して作成しました。そして、ドラマ出演者だけでなく、演出(シーンの構想)、撮影も原告・弁護団を中心に、ドラマの企画趣旨に賛同してくださる支援者にも協力いただき、完成させることができました。撮影中も演技経験がない素人同士が、意見や感想を共有しつつ、うまく現場で調整しながら進めることができました。

そんな手作り感いっぱいのドラマのストーリーですが、大学の法学部に所属する2人の学生を中心に進みます。裁判実務という講義において、法廷見学の課題が出されます。たまたま、大学の講義で知った神戸石炭訴訟について、裁判期日のチラシを食堂で手にしたことから、裁判傍聴へ行くことにした…という形でドラマは始まります。

ドラマ「温暖化で争えない?発電所稼働をめぐる国との裁判」(本編)

続きを読む 気候変動訴訟をテーマとした裁判ドラマが完成!日本の気候変動訴訟における課題を考える

神戸石炭訴訟 環境配慮なく石炭火力発電を認めてきた国の責任を問う初めての訴訟が結審へ

現在、日本には多くの石炭火力発電所があり、増え続けています。稼働中のものは159基、計画中・建設中のものは16基あります(Japan Beyond Coal参照 2021/01/17時点)。

石炭火力発電所の新設計画に対して、地域住民から反対の声があがっています。これまでに、釧路、仙台、千葉(市原、蘇我、袖ヶ浦)、横須賀、神戸で、石炭計画に反対する住民団体が立ち上げられています(気候ネットワークも各地の脱石炭の活動に協力しています)。なかでも、仙台、横須賀、神戸では、企業に建設・稼働差止めを求める裁判(民事訴訟)や、建設を認めた国に認可の取消を求める裁判(行政訴訟)が提起され、司法の場で争っています。 続きを読む 神戸石炭訴訟 環境配慮なく石炭火力発電を認めてきた国の責任を問う初めての訴訟が結審へ

今なぜ、気候変動「訴訟」?(第3回)

京都事務所でお世話になっておりますボランティアの一原です。前回の第2回では、実際に世界で起きている気候変動訴訟について、一部ご紹介させていただきました。そして、昨年末にこのブログに追記させていただきましたとおり、昨年12月20日にオランダにて、気候変動対策を積極方向におしすすめようとする意味で大変画期的な最高裁判決が出されました。

今回は、先の予告と異なりますが、この判決の重要性を考え、こちらについて、2回に分けてご紹介し、気候変動訴訟が増加しつつある原因の考察については、次々回以降にご報告したいと思います。

(これまでの、第1回第2回の記事) 続きを読む 今なぜ、気候変動「訴訟」?(第3回)

今なぜ、気候変動「訴訟」?(第2回)

京都事務所でお世話になっておりますボランティアの一原です。前回から、日本そして世界全体で今増加している気候変動訴訟について、ご報告させていただいています。(第1回はコチラ

第2回は、実際にどのような訴訟が世界で起きているのかについてご紹介したいと思います。 続きを読む 今なぜ、気候変動「訴訟」?(第2回)

今なぜ、気候変動「訴訟」?(第1回)

京都事務所にてボランティアでお世話になっております一原と申します。これから数回に分けて、今、日本そして世界全体で増加している気候変動訴訟について、ご報告させていただきたく思います。

今、気候変動訴訟が世界中で増加している

皆様もご存知の通り、2018年9月に神戸において神戸製鋼が進める石炭火力発電所の新設・稼働について、周辺住民の方々が中心となり、神戸製鋼と関西電力を相手取って、その差し止めを求める民事訴訟が昨年9月に提起されました。同年11月には、これらの発電所新設等についての環境影響評価書に対する確定通知の取り消しを求める行政訴訟も提起されています。気候ネットワークはこれら住民の方々を支援すべく、様々な活動を行っています。

この訴訟では大きく分けて、大気汚染問題と気候変動問題の2つを争うことが予定されています。このうち大気汚染の方は、日本でも過去にいわゆる公害訴訟として類似の裁判例の蓄積があります。ところが気候変動については、日本では過去には裁判で争った例はほぼ皆無に近い状況です。それがここわずか数年の間に、この裁判のように気候変動対策の適切な実施を求めるような訴訟、これは一般に「気候変動訴訟」と呼ばれていますが、こういった訴訟が増加しているのです。 続きを読む 今なぜ、気候変動「訴訟」?(第1回)