「インターン」タグアーカイブ

自然エネルギー学校・京都2020―地域でできる?!自然エネルギー100%―

 こんにちは! 8月から気候ネットワークでインターンをしております、佐野栞です。9月12日に、自然エネルギー学校・京都2020の第4回「地域でできる?!自然エネルギー100%」がオンラインで開催されました。講師は京都大学の諸富徹さんと株式会社イー・コンザルの榎原友樹さんです。今回もそれぞれの講師による講演、質疑応答、少人数での交流会というプログラムで行われました。この会のもようを、初めて参加した一学生の視点から記してみます。

 

1.地域密着のエネルギー会社「シュタットベルケ」

 開会直後に始まった諸富さんの講演、その内容は、前半が日本の地方の抱える課題と解決の方向性について、後半がドイツの「シュタットベルケ」というエネルギー会社の紹介と日本の地域新電力の取り組みについてというものでした。

 地方は現在、そしてこれから、急速な人口減少とインフラ老朽化という課題に悩まされることとなります。財政難、さらには人・お金の流出という課題から地方を救うための解決策の一つとして登場したのが、自然エネルギーです。自然エネルギーはどこにでもあり、小規模での運営ができることから、域内資源でお金を作り出し、回し(この循環構造を地域経済循環と呼びます)、地域に貢献する可能性を持っているのです。

 ドイツでの成功例として、シュタットベルケが紹介されました。シュタットベルケとは、地域のサービスを提供する事業体(日本で言えば地方公営企業)ですが、発電・送配電・電力小売りを中心の事業として、交通や市民プールといった市民サービス事業も手がける点が特徴です。生活を支えるインフラ事業は、収益性の高い電力部門の利益で回っているのだそうです。

 日本でも、シュタットベルケをモデルとした電力企業が、地域住民の手でいくつも生まれてきています。それらは地域新電力というカテゴリーに入ります。記事を読まれている方も、我が家での地域新電力との契約を検討したことはあるでしょうか? 収益で地域の課題解決を目指す会社もあるので、地域貢献という道から、電力会社を選びなおしてみるのも良いかもしれません。私の下宿や実家のエリアにも供給がされているようなので、家族で検討してみます。

 

2.社会・自治体・企業が動き出している

 続いて、環境・エネルギー分野のコンサルティング会社および地域新電力を立ち上げた榎原さんに講演していただきました。榎原さんは日本各地の先進的な取り組みなど、実際の動きを主に紹介してくださいました。

 コロナ禍からのグリーンリカバリーの話題も耳にしますが、社会全体で脱炭素化への動きが段々と大きくなってきています。自然エネルギーへの転換は、CO2ゼロ社会に必須だと榎原さんは言います。

 「2050年までにCO2排出ゼロ」を宣言する日本の自治体が増えてきましたが、具体的に行動に移せている地域はまだ少ないのが現状です。先進事例である長野県が「気候危機突破方針」でプランを示したように[1]、取り組みを進めるためには、まず大まかでも目指すところを決め、見えるようにすることが大事であるのかなと感じました。

 ベンチャー企業は様々な先進的取り組みを行っており、自然エネルギーを利用した電力会社、発電所と消費者をつなぐハブ企業、榎原さんの関わる地域新電力「能勢・豊能まちづくり」での挑戦などについて教えていただきました。

 

3.質疑応答と交流会

 質疑応答が活発に行われた後、地域ごとに4~5人のグループで感想や自分にできることを語り合いました。

 私の参加したグループでは、質疑応答の時間でも明らかになった、自然エネルギー設備導入のハードルの低さと課題の両方について話しました。自然エネルギー電力の導入を検討されている団体の方、個人の方などがいらっしゃり、各人の立場でできることや、もっと普及させるための方法を洞察しておられました。経験豊富な人に囲まれて萎縮しかけた私のまとまらない話を、うんうんと聞いてくださる優しい方々でした。

 

4.まとめ

 気候変動を止めるため活動する気候ネットワークですが、この第4回では、分散型発電の「地域の経済・社会に貢献する」という面が一貫して強調されていました。なんのために自然エネルギーを使うのか、様々な目的がありうるのですね。じつは、気候変動対策よりも、地域の活性化を目的として自然エネルギーを推進する自治体の方が、具体的な事業化の段階により早く至っているという調査結果もあります[2]。事業への住民の協力が集まることが、自然エネルギー普及のために大切なようです。

 最後に、受講者の方々と交流した私の感想は、「この分野に詳しい方や、実際に携わっている方がこんなにいるのか!」というものでした。第3回に参加したインターン仲間たちに、ハイレベルに学べる会だと聞いていたのですが、予想以上で圧倒されたりワクワクしたりしたものです。

 正しい知識も人のつながりも、行動を支えます。いつまでも学びが足りることはないようですね。

 次回は西粟倉村の白籏佳三さんを講師にお招きして、9月26日に第5回が開催されます。

 

参考

[1]長野県気候非常事態宣言・気候危機突破方針 

[2]山下英俊, 藤井康平. 「日本の地方自治体における再生可能エネルギーに対する取り組みの現状と課題」サステイナビリティ研究, 6, pp.57-70, 2015. 

自然エネルギー学校・京都2020―自宅でできる?!自然エネルギー100%―

暑い日が続きますね。皆さん如何お過ごしですか。

初めまして。今月から気候ネットワークのインターンシップに参加している武井七海です。インターン開始日でもある8月1日に自然エネルギー学校の第3回「自宅でできる?!自然エネルギー100%」がオンラインで開催されました。講師は国立環境研究所の小端拓郎さんでした。小端さん、ありがとうございました!今回は小端さんの講演の後に、質疑応答を挟んで、少人数に分かれての交流会が行われました。

1. 講演「私たちの選択と、PVEVの役割」

今回の内容をざっくり要約すると以下の3点になります。

  • PV(Photovoltaic、太陽光発電)とEV(Electric Vehicle、電気自動車)の価格は年々減少
  • 屋根上PVとEVを組み合わせで安価な再エネ電源に
  • コミュニティーでPVとEVを取り組むことによって、スケールアップが可能

1-1. PVとEVの価格減少

PVシステムの価格は2030年には現在の半額以下になると言われているそうです。また、EVも2030年にはバッテリーの価格が半額になり、ガソリン車よりも安くなると予想されています。

1-2. 屋根上PVとEVの組み合わせ

皆さんは太陽光発電と聞いてどのようなイメージを抱きますか?

私は、急傾斜地に設置された太陽光パネルが地滑りの原因になったり、太陽光パネルを設置するために、森林伐採が行われたり、ネガティブなイメージを抱いていました。講師の小端さんも大規模な太陽光発電が環境に与える影響を懸念していました。

一方で、屋根上PVについては、設置における環境負荷が小さいため、屋根上PVを普及していく必要性に言及していました。しかし、屋根上PVを導入する際に障壁となるのが、発電した電気を蓄電できないことです。そこで、V2Hという仕組みを提案していました。

V2Hのイメージ図

V2Hとは屋根上PVとEVを組み合わせて、電気を自給自足するシステムです。ここではEV=電気自動車に加えて、EV=動く蓄電池という発想の転換が行われていました。このシステムを導入することで、二酸化炭素排出量を大幅に削減できるだけでなく、電気代やガソリン代も節約できます。

しかし、車の使用頻度が高い人には経済性が伴わない点や、個人の電力需要によってPV設置面積が決まるため、屋根を最大限活用できないという課題があります。

1-3. コミュニティーでの取り組み

そこで、コミュニティーレベルでPVとEVを組み合わせたシステムを導入することで、より効率性を高めることができます。さらにこのシステムは、自然災害の時にも重要な役割を果たすことが期待されています。10年前にこの構想を聞いたら、夢物語と思っていたかもしれませんが、私は現実的な提案だと思いました。まだまだ、実際にコミュニティーレベルでEVとPVを導入するには課題が山積していますが、私たち市民がその実現にできることはあるでしょうか?

2. 交流会

今年はCOVID-19の影響で自然エネルギー学校はオンライン開催となりました。日本中の様々な地域の方が自宅などから参加していました。COVID-19はマイナス面ばかりが日々報道されていますが、こういう良い側面は積極的に利用していきたいですね。

さて、交流会は少人数のグループでの話し合いでした。私が参加したグループの方は、PV,EVを含む気候変動に関する知識が豊富で、自分の考えもしっかり持っており、私ももっと勉強しよう!と刺激を受けました。

例えば、「自然エネルギー100%を達成するために自宅でできることは?」というお題に対する回答では、自宅でPVを設置することを検討したが、難しかったため、電気プランを、再生可能エネルギーを含むプランに変更した、という方がいらっしゃいました。気候変動の問題を認識し、PVが果たす役割を理解し、実際に電気プランを変更するという行動を起こしていることが、素晴らしいなと思いました。

参考:再エネ中心の電力会社に切り替える・パワーシフトキャンペーン

3. まとめ

初めて参加した自然エネルギー学校は、新しい知識を得られたことに加えて、気候変動に取り組む方々と出会うことができました。

私の現在の住居では、太陽光パネルを設置したり、電力会社を変えたりすることはできません。では、今できることは?と講演後に考えて、自宅でコンポストを使い始めました。生ごみの大部分は水分のため、焼却するには大量のエネルギーが必要になります。つまり、生ごみを減らせば、焼却時のエネルギーが少なくて済むのです。コンポストを導入してから約1週間ですが、今のところ生ごみは0です!生ごみの匂いからも解放されるのでお勧めです。一人ひとりができることは少ないですが、それを積み重ねて行くこと、コミュニティにその取り組みを広めて行くことが、我々にできることではないかと思います。

皆さんは、自然エネルギー100%を達成するためにどんな行動をおこしますか?

次回は京都大学の諸富徹さんとイー・コンザルの榎原友樹さんをお招きして、9月12日に第4回が開催されます。

バーチャル展示「気候変動へ挑むー私達にできること」の紹介 Introducing Our Virtual Exhibit “Challenging the Climate Crisis ー What We Can Do”

(English follows Japanese)

東京インターンのシモン、テイラー、武田、篠崎です。

実は2月から聖心女子大学で特別展示企画、「気候変動へ挑むー私達にできること」を行なっていたのですが、新型コロナウィルスの影響で展示はしばらく中止となってしまいました。しかし、展示が中止になっても多くの方々に見て頂きたいという想いでデジタル形式の展示を作りました!

せっかくデジタル展示を見て頂けるのならもっと詳しく説明をできたらいいな、また、私達インターン生の展示への想いなども伝わったら嬉しいと思いこのブログを書かせて頂きました。少し長いのですが、ぜひ読んでみてください。 続きを読む バーチャル展示「気候変動へ挑むー私達にできること」の紹介 Introducing Our Virtual Exhibit “Challenging the Climate Crisis ー What We Can Do”

COP25マドリードで見た気候アクション〜世代間・世代内公平性のために〜

こんにちは、気候ネットワーク京都事務所インターンの塚本です。普段は大学院生です。

この度、気候変動枠組条約第25回締約国会議(COP25)に、気候ネットワークインターンとして2週間参加してきました。

COP25マドリード会議期間(12月2日〜13日(会議が延長したので実質15日まで))中、現地では、Fridays For Future(未来のための金曜日)や、その他さまざまな市民グループによる気候アクションが行われていました。

私もCOP25での気候アクションに参加してきましたので、写真付きで報告していきます。

*Fridays For Future:スウェーデンの気候活動家であるグレタ・トゥーンベリさんが、スウェーデンの国会前で毎週金曜に座り込みを続けたことをきっかけに広がった、世界中の若者が気候変動対策を求める社会運動/そのネットワークのことです。

続きを読む COP25マドリードで見た気候アクション〜世代間・世代内公平性のために〜

【発表報告】増やせ、自然エネルギー100%大学!@COP25ジャパン・パビリオン

気候ネットワークのインターン・自然エネルギー100%研究会の塚本です。

COP25マドリード会議に参加中で、会場内でこのブログを書いています。

さて、12月9日17時半より、COP25マドリード会議のジャパン・パビリオンにて、「Increase! 100% Renewable Energy University(増やせ!自然エネルギー100%大学)」と題して、60分間の講演を行いました。

発表の様子(写真:田勢奈央)

続きを読む 【発表報告】増やせ、自然エネルギー100%大学!@COP25ジャパン・パビリオン

Climate Reality 東京トレーニングに参加~人生でアル・ゴアさんに一番近づけた日~

どうも!インターンのテイラーです!

先週は、日本において気候変動問題史上に残る大イベントが開催されました。そして個人的にも感慨深い経験をさせて頂きました。

第43回The Climate Reality リーダーシップ・コミュニティ・東京トレーニングです。日本初!アル・ゴア元副大統領が創設者兼会長をつとめるThe Climate Reality Projectという団体が行う、気候変動問題の解決に向け今後活動するクライメート・リーダーを育成するプログラムです。 続きを読む Climate Reality 東京トレーニングに参加~人生でアル・ゴアさんに一番近づけた日~

英国大使館員、気候危機の解決を訴えるため、富士山への過酷なチャレンジ!

英国大使館に勤める2人の職員が、あるチャリティーイベントを独自に企画しています。それは、48時間以内に、東京から富士山の5合目までを自転車で走り、5合目から山頂までの登山を終えて、東京まで戻ってくるというものです。

続きを読む 英国大使館員、気候危機の解決を訴えるため、富士山への過酷なチャレンジ!

地球温暖化セミナーin山口を開催して

こんにちは。京都事務所インターンの塚本です。

地球温暖化セミナーin山口を開催

2019年2月11日(月)、山口県山口市にて、「地球温暖化セミナーin山口 最新の気候科学とCOP24合意から考えるネクスト・ステップ」を開催しました(主催・気候ネットワーク)。

続きを読む 地球温暖化セミナーin山口を開催して