気候ネットワーク 市民のチカラで、気候変動を止める。

プレスリリース・意見

気候ネットワークはプレスリリース、意見書、声明などを随時発表しています。

温暖化防止を求める声を社会に広げ、政策決定者に届けることが、温暖化対策を進めるチカラになると考えています。


プレスリリース・意見の記事一覧

【共同声明】日本の金融業界初、SOMPOがオイルサンド開発・北極保護区の化石燃料事業の保険引受排除を発表〜東京海上、MS&ADも方針強化を〜(2022年5月27日)

共同声明: 日本の金融業界初、SOMPOがオイルサンド開発・北極保護区の化石燃料事業の保険引受排除を発表〜東京海上、MS&ADも方針強化を〜 「環境・持続社会」研究センター(JACSES) 気候ネットワーク 国際 […]




「海のアマゾン」を守って!フィリピンのガス開発で海洋生態系の危機――フィリピンと世界の106市民団体が日本を含む各金融機関に撤退要請(2022年4月22日)

気候ネットワークは、フィリピンの市民団体からの呼びかけで発信された「『海のアマゾン』の保護を:金融機関は、VIPでの化石燃料ガス・LNGプロジェクトから撤退してください!」という要請書に賛同しました。 この要請は、「海の […]


【声明】大規模「脱炭素」電源の新設はエネルギーシフトをますます遅らせるー「電源投資の確保に関する新たな制度」に関する声明(eシフト)(2022年4月20日)

 本日4月20日、気候ネットワークが参加するeシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)では、以下の声明「大規模『脱炭素』電源の新設はエネルギーシフトをますます遅らせる 『電源投資の確保に関する新たな制度』に関す […]


【プレスリリース】2020年度温室効果ガス排出量(確報値)の公表にあたって 1.5℃目標達成に向け、2030年50%以上の削減のための政策導入を(2022年4月19日)

【プレスリリース】   2020年度温室効果ガス排出量(確報値)の公表にあたって 1.5℃目標達成に向け、2030年50%以上の削減のための政策導入を 2022年4月19日 特定非営利活動法人気候ネットワーク 代表 浅岡 […]




【意見書】(仮称)千葉袖ケ浦天然ガス発電所建設計画 環境影響評価準備書に対する意見書(2022年4月14日)

4月14日、気候ネットワークは、(仮称)千葉袖ケ浦天然ガス発電所建設計画  環境影響評価準備書に対する意見書を提出しました。 (仮称)千葉袖ケ浦天然ガス発電所建設計画  環境影響評価準備書に対する環境保全の見地からの意見 […]