気候ネットワーク 市民のチカラで、気候変動を止める。

【意見書】千葉袖ヶ浦エナジーが計画する千葉袖ヶ浦火力発電所(仮称)1,2号機建設計画について(計画段階環境配慮書への意見)(2015/7/14)


石炭ロゴ 7月14日(火)、気候ネットワークは、千葉袖ヶ浦エナジー(出光興産・九州電力・東京ガス)が計画している千葉袖ヶ浦火力発電所(仮称)1,2号機建設計画(千葉県袖ヶ浦市)に対して意見書(計画段階環境配慮書への意見)を提出しました。

 意見書では、気候変動対策の観点から、石炭火力発電所の建設は容認できないとしています。さらに、「東京電力の火力電源入札に関する関係局長級会議取りまとめ」において求められている取り組みがなされていないことを理由に、2015年6月12日に西沖の山発電所(仮称)建設計画に対して環境大臣が「是認しがたい」とする意見を発表したことを受け、事業者はこの意見を真摯に受け止め、事業を撤回することを求めています。

 意見書の主なポイントは以下の通りです。

1.石炭火力発電の問題について
  •  天然ガスの約2倍のCO2を排出する石炭火力の新設は、気候変動へ甚大な環境影響を及ぼす。よって、そのことを無視した本事業の実施には反対する。
  • 今後建設される発電所は、少なくともLNG火力が達成している約350g/kWhというCO2排出原単位を実現できる水準を満たすべきであり、いかに高効率でも石炭火力発電の建設は容認できない。
  • 石炭火力発電は資産価値を失いつつあり、投資を続けることは懸命な判断ではない。
2.CO2排出に関する取り扱いと「東京電力の火力電源入札に関する関係局長級会議取りまとめ」との整合性について
  •  CO2の排出について対応を実施することは、事業者の社会的責任として不可避である。
  • 「東京電力の火力電源入札に関する関係局長級会議取りまとめ」をふまえた対策について触れられていない。
  • 2015年6月12日、環境大臣は石炭火力発電所新設計画に「是認しがたい」とする意見を発表した。この意見を重く受け止め、事業の撤回をするべきである。
3.CO2排出による環境影響に関する具体的な情報について
  •  本配慮書ではCO2や発電効率に関連する詳細データが示されていない。事業実施の是非にも関わる重要な情報であると考えられるため、事業者にはこれらの情報開示を求める。
4.大気への影響について
  •  現状では、SO2、浮遊粒子状物質、微小粒子状物質、光化学オキシダントが、環境基準に適合していない。石炭火力発電所の新設による大気環境への悪影響が懸念されることから、本事業による影響に関する説明を求める。
5.情報公開について
  • 計画段階環境配慮書などの資料は、縦覧期間が終了しても閲覧できるようにし、期間中においても、印刷が可能にするなど利便性を高めるよう求める。

 

(仮称)千葉袖ヶ浦火力発電所1,2号機建設計画への意見

 

(仮称)千葉袖ヶ浦火力発電所1,2号機建設計画 計画段階環境配慮書(縦覧期間2015/7/15まで)

 


関連する記事