気候ネットワーク 市民のチカラで、気候変動を止める。

2019年5月12日(日)フォーラム「2050年脱炭素ビジョンを語る〜IPCCの科学とパリ協定〜」【京都】


気候ネットワークが開催するイベントです。

タイトル

フォーラム
「2050年脱炭素ビジョンを語る〜IPCCの科学とパリ協定〜」

日時 2019年5月12日(日)13:30〜17:15(13:00開場)
会場 メルパルク京都 会議場C(JR京都駅より徒歩すぐ)
アクセス

JR京都駅(烏丸中央口)から東へ徒歩約1分

趣旨

2019年5月、京都で、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の総会が初めて開催されます。IPCCは、 気候変動の科学的知見をとりまとめてきた功績で2007年にノー ベル平和賞を受賞し、2018年10月には特別報告「1.5℃ の地球温暖化」を発表。 加速する気候変動の危機に警鐘を鳴らしています。

一方、SDGsやパリ協定が成立した後も、 日本は脱炭素に向けた道筋が描けていないままです。日本政府は、 今年6月に開催されるG20大阪サミットをにらみ、 間もなく2050年に向けた温暖化対策の長期戦略を策定する予定です。

2050年の脱炭素社会はどのような姿なのでしょうか? それをどうめざすべきなのでしょうか? IPCCの科学的知見を踏まえつつ、ユース、エネルギーの専門家、 環境金融アナリスト、労働組合など、各界のリーダーに、それぞれが考える「2050年脱炭素ビジョン」を語ってもらいます。 奮ってご参加ください。

フォーラムのちらしはこちらよりダウンロードいただけます(PDF)

プログラム(予定)

講演「IPCC1.5℃特別報告のメッセージ(仮題)」

甲斐沼美紀子さん(地球環境戦略研究機関 研究顧問)

特別報告「ドイツの脱炭素ビジョン(仮)」

ヴェルナー・ケーラー総領事(大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館 総領事)
(逐次通訳)

ディスカッション「2050年脱炭素ビジョンを語る」

環境金融の視点から
河口真理子さん(大和総研研究主幹)

労働・雇用とジャスト・ トランジションの視点から
南部美智代さん(連合副事務局長)

ユースの視点から
今井絵里菜さん(神戸大学学生、FridaysForFutureKyoto呼びかけ人)

僧侶によるエネルギー事業の視点から
本多真さん(TERA Energy 取締役)

コメント:高村ゆかりさん(東京大学未来ビジョン研究センター教授)

コーディネーター:浅岡美恵(気候ネットワーク代表)

 

総合司会:伊与田昌慶(気候ネットワーク主任研究員)

参加費 会員/学生:無料、一般:500円
*当日入会いただければで無料で参加いただけます。
申込方法

こちらの申込み専用ページよりお申し込みください。
お申し込みはこちらから

あるいは、1) お名前、2) ふりがな、3) メールアドレス等を添えて、下記の問合せ先までメール等でご連絡ください。

主催 気候ネットワーク
関連企画 Global Landscapes Forum Kyoto 2019
お問合せ 認定NPO法人 気候ネットワーク 京都事務所
TEL:075-254-1011 FAX:075-254-1012
E-mail:kyoto@kikonet.org

関連する記事