気候ネットワーク 市民のチカラで、気候変動を止める。

2019年10月7日(月)シンポジウム:脱炭素経営への動き-エネルギー転換に向けた財務上のリスクと機会【東京】


気候ネットワークが共催するシンポジウムです。

タイトル

シンポジウム:脱炭素経営への動き-エネルギー転換に向けた財務上のリスクと機会

日時

2019年10月7日(月) 10:00~12:00 (開場9:30)

場所

イイノホールカンファレンスセンター RoomA
(東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング)

アクセス

地図はこちら

・東京メトロ 日比谷線・千代田線 「霞ケ関」駅 C4出口直結
・東京メトロ 丸ノ内線 「霞ケ関」駅 B2出口 徒歩5分
・東京メトロ 銀座線 「虎ノ門」駅 9番出口 徒歩3分
・都営地下鉄 三田線 「内幸町」駅 A7出口徒歩3分  等

趣旨

昨今、多方面で気候危機を予兆する事象が起こっており、気候変動への取り組みの強化は政府にとどまらず、企業や各アクターにおいても急務の課題となっています。

本シンポジウムでは、これからの日本の脱炭素経営への速やかな転換について、国内外の専門家や関係者からエネルギー転換に関する最新の分析や事例を紹介し、日本の脱炭素経営の動きの現状と課題について話題提供し、これからを展望するものです。

海外からは、カーボン・トラッカー・イニシアティブによる日本の石炭火力発電の経済性について分析した新規レポートや、デンマークの電力会社オースステッド(Orsted)のエネルギー転換の実例などをご紹介いただきます。また、日本からは、CDPジャパンやその他専門家・関係企業・NGOから、日本の脱炭素経営やエネルギー転換の現状や課題を取り上げて話題提供します。

プログラム
(予定)

開会挨拶
   高村ゆかり(東京大学 未来ビジョン研究センター 教授)

日本における石炭火力発電の座礁資産リスク
   マシュー・グレイ (カーボン・トラッカー 電力部門長)
   マガリ・ジョセフ(カーボン・トラッカー エネルギー・アナリスト)
          [カーボン・トラッカー資料 英語日本語] [英語レポート日本語サマリー日本語レポート]
   コメンテータ-:栗山 昭久(財団法人地球環境戦略研究機関:IGES 研究員)[資料]
         コメンテーター:滝澤 元(自然エネルギー財団 上級研究員)[資料]

エネルギー転換へのビジネスモデル 
~なぜ、またいかにOrstedは化石燃料から再生可能エネルギーへビジネス転換を果たしたのか
   ドリス・スチェクト(オーステッド APAC地域マネジャー)[資料 英語日本語]

日本企業の脱炭素経営の動き
   森澤充世(CDP Worldwide-Japan ジャパンディレクター)[資料 日本語]

パネルディスカッション 
   ファシリテーター:高村ゆかり
   パネリスト:上記講演者(3名)
             金井司(三井住友トラスト・ホールディングス)
         銭谷美幸(第一生命)
         平田仁子(気候ネットワーク)

閉会挨拶

参加費 無料
チラシ シンポジウム:脱炭素経営への動き-エネルギー転換に向けた財務上のリスクと機会(PDF)
申込方法

申込方法
右オンライン申し込みフォームにて、必要事項を入力の上、送信ください。
http://bit.do/20190917-seminar

共催 カーボントラッカー、東京大学未来ビジョン研究センター 気候変動とエネルギー転換ユニット、CDP Worldwide-Japan 、気候ネットワーク
後援 気候変動イニシアティブ(JCI)
問い合せ先 気候ネットワーク東京事務所
Mail:tokyo@kikonet.org
TEL:03-3263-9210
FAX:03-3263-9463

 


関連する記事